曖昧な物質と曖昧な避難指示解除と  酒井政秋

昨日(平成28年5月11日)で飯舘村「方部別住民懇談会」(実質的に平成29年3月末の避難指示解除及び平成28年7月1日からの長期宿泊の実施について国に要望したことなどを踏まえての説明会である。)が一通り終わった。日程はたったの5日で、ご都合のつく日や場所にお越しくださいとのことだった。
しかし、今回諸事情により、どの会場にも足を運べなかった。
これで、「説明会はなされ、一定の理解を得た」ことになってしまうのだろう。
これまでの懇談会や説明会を例にとっても、避難指示解除は強行されるだろう。
これが民主主義のあり方なのだろうか。

原子力災害対策本部が平成27年6月12日に改訂した「原子力災害からの福島復興の加速に向けて」の資料によると、避難指示解除の要件として、
① 空間線量率で推定された年間積算線量が20ミリシーベルト以下になることが確実であること。
② 電気、ガス、上下水道、主要交通網、通信など日常生活に必須なインフラや医療・介護・郵便などの生活関連サービスが概ね復旧すること、子どもの生活環境を中心とする除染作業が十分に進捗すること。
③ 県、市町村、住民との十分な協議
と説明している。

飯舘村の場合、どの要件も満たされないままである。ましてや、飯舘村の生活圏は山や自然と密接に関わりあっている。つまり自然を切り離した生活はできないのである。
このまま、どの要件も満たさないまま、飯舘村避難指示解除をした場合、 禁止事項ばかりが増えてくる。
① 山には入らないこと。
② 山菜やキノコは食べないこと
③ 自家製野菜は常に測ること
④ 線量の高いところ(ホットスポット)には近寄らないこと。

これはほんの一部にしかすぎないのかもしれないが、ざっと考えただけでも、非常に拘束された生活が待っている。帰ったとしても、本来の自然とつながりあった生活には程遠いと思われる。
そこで、私自身危惧しているのが、放射性物質は「目には見えない、味もしない、匂いもしない」曖昧で且つ存在感のあるめんどくさい物質であるために、「ちょっとぐらい食べてもいいんじゃないの?」という、自然と結びついてきた人たちにとっては形の見えない誘惑に襲われてしまうことである。
「ちょっとぐらい」・・それが一番危険であることは過去の公害を学んでみて危惧しなければならないことだと思う。国の基準値の曖昧さも含めて、「ちょっとぐらい」それを春、夏、秋と続けていったら、「内部被ばく」するという事になる。それは、年配者だから良い、とはどうしても思えない。それが積もり重なって、「癌」や「持病」が誘発されてしまうのではないか、とても心配だ。
避難指示解除になったから、問題が解決するわけではない。避難指示解除によって、村民の健康も安全も揺れ動かされ、そしてまた新たな問題、村としての存続危機に見舞われてしまうのではないか?それが村民にとって飯舘村にとって果たして良いことなのだろうか?
それぞれの意見は異なる。だからこそ、避難指示解除というのは個人個人が決めてもいいのではないか。全体で解除をすると切り捨てられる村民もいる。「避難指示解除個人選択権」もあってもいいのだはないだろうか。ひとりひとりが本当の意味で自由に選択できる権限。それが人権というものなのではないだろうか。

もっと国や東電は一人ひとりの人生の重さを考えてほしいと思う。そして、一人ひとりの「幸せ」が担保できる社会になってほしいと切に願う。