「逆・差別ふくしま」の問題を考える。吉田邦吉

たとえば避難者が声を挙げると、Twitterでは大抵「一部の目立つ人達ばかりに声が聞かれ、われわれ平凡な福島県民には何ら光が当たらない!」というように迷惑噴飯ものぐらいの話をされるのを私は何度も一部の人達の言説で目にした。彼らは同時に「デマ撲滅」「放射能少しなら安全」「福島差別」の主張をする。

これはアメリカでは古い話に似ていることに最近、思いを致した。つまり「逆差別」の問題なのである。ごく簡単に言えば、「アフリカ人がアメリカで差別されていることを理由として、なにかしらの白人の枠を減らすことなどにつき、白人への差別だと主張すること」だと私は理解している。むろん厳密にどうなのか学んでないが、メモとして。

まず、ことを整理する。私の考えは、こうだ。

1、Aさんたちの不幸がある。
2、Aさんたちの不幸を解決する必要がある。
3、Aさんたちの声を聞く。

これが通常「復旧」と言われるものである。
追加して「復興」もあり得る。

これが、逆差別の主張だとこうなる。

1、Aさんたちの不幸がある。
2、Aさんたちの不幸だけを解決するのではなく、
3、自分たちというBの日常を聞け。

とても理解に苦しむのだが、この式ではAの不幸は相対化されてしまい解決は遠のくだろう。Bがものを食ったり遊んでいる話ばかりを「無理に」聞かされることになって、それが被災地なのか、被災を回復する必要はないのかとすら思う。

するとこういう反論が返って来る。

1、福島の不幸を搾取するな。
2、福島は不幸だけじゃない。
3、福島の幸福を聞け。

いつの間にか、被災の話は、どこか遠くへ行ってしまうような気がしてならない。むろん私は福島の楽しみを最も知る者のひとりだと自負するし、明るい話おおいに結構。そういう話はテレビで毎日毎日ずうっと観ている。

それでも彼らは言う、

1、被災者でなく、
2、脱原発の話でもなく、
3、俺たちの話を聞け。

いつも思うのだが、同じ被災地や同じ被災者の人達の話を私は聞きたいとき、こういう話ばかりがTwitterにあふれかえっているのを見ると、いつもがっかりする。彼らは酒を飲んで食べ物を食べてそれで良いなら、それで良いのではないか。なにかしらの「逆差別的な自説」を押し付けているようにしか見えない。

他人の足を引っ張っているようにしか見えないのが、「逆差別」なのかもしれない。いわゆる「平凡を強調する」ところにも、彼らの特徴はうかがえる。ただのオッサンというような自称をする人達のうち、その一部が、不幸な人達を、酒を飲みながら「逆恨みしている」ように見える。

もともとは「あまりにもひどい風評被害になるようなデマを、できるだけ信頼性ある話を中心に、それをたたき台にして、みんなで、それなりに妥当そうなものを探し、できるだけ明確な間違いを減らしていこう、事実をありのままに伝えよう」だったのが、いつの間にか、「風評加害は福島差別という問題」にすりかわり、そこに正義感と愛郷心を燃やし、Twitterで他人を排除する。

それを言う人達は、笑顔でこう言う、
「普通のオジサンです(^^)」

普通って、なんなんだろう。つぶやくほかない。

フクシマは「風評ではなく実害」論に追い風 吉田邦吉

若松道端の薪 2015年4月 撮影:吉田邦吉

若松道端の薪 2015年4月 撮影:吉田邦吉

今こそ立ち上がる時が来た。ずっとこの時を待っていた。

「『風評ではなく実害』原発事故後の苦悩伝える 県農民連会長、国際シンポで訴え」という記事が朝日新聞で「2015年4月13日」、本田雅和氏によって書かれた。

引用はじめ ――
「風評被害」について県農民連の根本敬(さとし)会長は「風評とは根も葉もないことをいう。我々の農作物は根にも葉にも放射性物質を付けられた。実害だ」とし、加害責任をあいまいにする用語の使われ方を批判した。

……根本氏は、「国の基準値を少しでも下回れば安全ですって売っていいのか。それ以下なら風評被害だというのは消費者を敵に回す行為では?」という農民の悩みを伝えた。「核被害地で農民として生きていく」決意をした根本氏は「損害の自覚と覚悟が必要」と強調、「農村での食糧自立、原子力に頼らないエネルギーの自立」を説いた。

「……基準値が、科学ではなく政治的に決められ、住民は説得の対象になっている」と述べ、日本政府の住民帰還政策を「二重基準だ」とした。
――― 引用終わり

この記事の主張者は、福島県農民連の会長」であることに注目。つまり福島県の地元がそう言っている。他の新聞でも生産者は出ていたが再びこれによって今までの「反デマ論者(危険神話を作り上げた~、デマが悪い~、反原発が悪い~、差別が~、承認欲求が~、ナルシシズムが~、分断で複雑多様が~)」のみみっちい野次などは雲散霧消することになる。

同年4月末には、産経新聞もドローン事件に際して私吉田に取材してくれた。その内容にも放射能があるのは事実。生産者や生活者は苦しいというようにきっぱり書いてくれた。つまり放射能という根拠のある実害の意味だと当然に考えられる。

なお、朝日の同記事によれば福島市のフリージャーナリスト藍原寛子さんはマーシャルの被ばくでは小児甲状腺がんだけでなく30以上の疾患・障害に対する補償制度が確立されていると紹介したそうだ。こちらは健康被害・医療の問題だ。こういうことが福島県内部ではなかなか声が上がらない実態があるが、なるのは自分らだ。

このように今や、心ある人には、この土地と人を愛するのに、左右がないのだ。東日本大震災、原発事故、このような巨大な災厄と業務上の過失大事故に対して、そもそも右左の思想など、本来ないと私も思う。あくまで偽善的右傾化、ウヨ、そういうものだけがマスコミやネットで独り歩きしていた。

この発言が5年目の4月」であることにも注目されたし。「もう5年目だからそろそろ安全に」など、放射能がなるはずないことを如実に、克明に表している。現場の生産者の会長が言うのだ。

なおブロゴス記事2011年4月の国家公務員一般労働組合の記事のほうで根本さんは「福島を放射能で汚した東電はあらゆる損害を補償せよ!」と強く訴えている。一部さらに引用しよう。

引用はじめ――
……「危ないとわかっていても、つくらないと損害(賠償)の対象にならない」こんな馬鹿げた話があるでしょうか。まだ原発事故は収束の見通しもたっていないのです。

放射性物質の飛散は止まっていません。土壌の汚染は続いていると思います。作物の汚染も続いていると思います。……

消費者の過剰な反応を「風評被害」だといいます。いま現実に起こっていることは、根も葉もない風評ではありません。東電が起こした原発事故による放射能が大地と作物を汚染している実害です。「風評被害」で片付けることは、消費者に責任をなすりつけ東電を免罪することです。

心ある方々から「福島の産品」を買い支えたいという申し出がきます。こういうみなさんに、私はこう応えています。「お気持ちはうれしい。でも、みなさんにお願いしたいのは東電はあらゆる損害をすべて補償せよという世論を消費地で起こしてほしい。
引用おわり――
(※太字と丸括弧は筆者吉田)

震災直後から今まで、4年間ずっと彼は同じことを言ってきたのかもしれない(違うことだとウソになり損をするのは生産者自身だ、風評被害つまり売れないのは自己責任論などと同義にされる可能性)。根本さんはいつの間にか事務局長から会長になっていた。今でもこの文が通じることにも悲しみを覚える。

東京新聞も「風評被害」という表現を安易に使うな、なぜなら、東京電力福島原発事故をめぐっても、「風評被害」はともすれば、放射性物質による汚染を矮小化する文脈で乱用された(篠ケ瀬祐司、榊原崇仁)からだというように2015年5月12日に特報で書いている。

今までの通り一遍「ふくしま」キャンペーンのままで福島に待っているのは、「被害のまま風化の一途を辿る」だろう。うっすら感じている人もいるに違いない。いろんな人達が思想の違いをそのままに、まず一致団結して政府東電に責任をとってもらい、福島を保護救済していくことが大事だと私は考える。

放射能のせいなんだから。