曖昧な物質と曖昧な避難指示解除と  酒井政秋

昨日(平成28年5月11日)で飯舘村「方部別住民懇談会」(実質的に平成29年3月末の避難指示解除及び平成28年7月1日からの長期宿泊の実施について国に要望したことなどを踏まえての説明会である。)が一通り終わった。日程はたったの5日で、ご都合のつく日や場所にお越しくださいとのことだった。
しかし、今回諸事情により、どの会場にも足を運べなかった。
これで、「説明会はなされ、一定の理解を得た」ことになってしまうのだろう。
これまでの懇談会や説明会を例にとっても、避難指示解除は強行されるだろう。
これが民主主義のあり方なのだろうか。

原子力災害対策本部が平成27年6月12日に改訂した「原子力災害からの福島復興の加速に向けて」の資料によると、避難指示解除の要件として、
① 空間線量率で推定された年間積算線量が20ミリシーベルト以下になることが確実であること。
② 電気、ガス、上下水道、主要交通網、通信など日常生活に必須なインフラや医療・介護・郵便などの生活関連サービスが概ね復旧すること、子どもの生活環境を中心とする除染作業が十分に進捗すること。
③ 県、市町村、住民との十分な協議
と説明している。

飯舘村の場合、どの要件も満たされないままである。ましてや、飯舘村の生活圏は山や自然と密接に関わりあっている。つまり自然を切り離した生活はできないのである。
このまま、どの要件も満たさないまま、飯舘村避難指示解除をした場合、 禁止事項ばかりが増えてくる。
① 山には入らないこと。
② 山菜やキノコは食べないこと
③ 自家製野菜は常に測ること
④ 線量の高いところ(ホットスポット)には近寄らないこと。

これはほんの一部にしかすぎないのかもしれないが、ざっと考えただけでも、非常に拘束された生活が待っている。帰ったとしても、本来の自然とつながりあった生活には程遠いと思われる。
そこで、私自身危惧しているのが、放射性物質は「目には見えない、味もしない、匂いもしない」曖昧で且つ存在感のあるめんどくさい物質であるために、「ちょっとぐらい食べてもいいんじゃないの?」という、自然と結びついてきた人たちにとっては形の見えない誘惑に襲われてしまうことである。
「ちょっとぐらい」・・それが一番危険であることは過去の公害を学んでみて危惧しなければならないことだと思う。国の基準値の曖昧さも含めて、「ちょっとぐらい」それを春、夏、秋と続けていったら、「内部被ばく」するという事になる。それは、年配者だから良い、とはどうしても思えない。それが積もり重なって、「癌」や「持病」が誘発されてしまうのではないか、とても心配だ。
避難指示解除になったから、問題が解決するわけではない。避難指示解除によって、村民の健康も安全も揺れ動かされ、そしてまた新たな問題、村としての存続危機に見舞われてしまうのではないか?それが村民にとって飯舘村にとって果たして良いことなのだろうか?
それぞれの意見は異なる。だからこそ、避難指示解除というのは個人個人が決めてもいいのではないか。全体で解除をすると切り捨てられる村民もいる。「避難指示解除個人選択権」もあってもいいのだはないだろうか。ひとりひとりが本当の意味で自由に選択できる権限。それが人権というものなのではないだろうか。

もっと国や東電は一人ひとりの人生の重さを考えてほしいと思う。そして、一人ひとりの「幸せ」が担保できる社会になってほしいと切に願う。

平成29年3月末避難指示解除公表に募る不安    酒井政秋

2016年3月23日、飯舘村が帰還困難区域以外の区域を2017年3月末日で避難区域解除、2018年には小中学校を村内で再開することを公表した。それは住民に何の説明もないままでの突然の報道であった。

この5年、いつも大事な情報はテレビや新聞等のマスコミで村民は知る。今回もまたそうであった。
村民の心は揺れ動いた数日だったに違いない。

そんな時、一本の電話がかかってきた。
その電話の相手は、以前に仮設住宅でお話を聞かせていただいた人からだった。

電話の向こう側の声に元気はなかった。「テレビ見たんだげど・・・飯舘村避難解除になったら、ここ(仮設住宅の事を指す)に居られないのか?追い出されてしまうんじゃないのか?」そうボソッと不安げに言った。

俺は「大丈夫。去年の説明会に内閣府に聞いたら、避難解除になったからって仮設住宅から強制退去にはならないと言っていたから。大丈夫。」そう言った。

電話の向こう側から大きなため息が聞こえた。

「あ~、それならいいけど、ここを追い出されたら、行くところがないんだ。飯舘の家はもう人なんて住めるような状況じゃね~から。どうすっぺな~。ここから出んのが怖いな。5年も住んでいると、ここが『自分ち』なんだよな。ここのほうが安心になっちまったんだな。不思議なもんだな。」そうしみじみと語ったその心の中には、不安と仮設住宅から離れていくことへの恐怖心があるのだなと実感した。

わたし自身も仮設住宅に住んでいるのだが、仮設住宅から離れるということに本音を言うとあまり抵抗はない。むしろ、早くここから脱却しないとと思っていた。

年配者は実際そうした考えではないという事を知った。

わたしは、他の年配者はどう考えているのかと何人かの年配者にさりげなく聞いてみた。

「一時帰宅して2時間ぐらいはホッとするんだよな。長年住んできた我が家と飯舘村の景色を見て、やっぱり飯舘村はいいなぁ~って。でもな、そのあとに、急にガラーンとした家に『ひとり』だって事に気づくんだよ。そしたら、仮設に帰りてぇ~って思うんだ。仮設に帰ってくると逆に安心するんだよ。ここが我が家になっちまったんだな。」

また、こうした声もあった。

「仮設ではすぐ隣に友達がいるからお互い声かけあって、元気でいられるし、支え合いながら生きていける。飯舘村に実際帰ってみたら、すぐ隣にだれもいねぇ~べ。さびしいどなぁ~。」

「この前、3日間息子に連れられて村に帰ったんだけど、3日間眠れなかった。なんだか怖くて、不安で、なんでだべな。仮設に帰ってきたらぐっすり眠れる」

いずれも70代~90代の年配者の声だ。

ニュースの報道や新聞の報道を見ると、比較的体力があって気力がある60代~70代前半は、帰って「土地」を守るという意識は強いと思う一方で、70代後半~80代のいわゆる「高齢者」にとってみたら、この避難区域解除っていうことは想像する以上に「不安と恐怖」なのではないか。

5年という長期的な避難は仮設住宅に高齢者を適応させてしまった。そこからまた移動するという事は、体力面でも精神的な面でも落ちている高齢者にとってリスクの一つになり得るのだと思う。たとえ、そこが飯舘村でもリスクであろうと言える。

震災当時、仮設住宅に来て体調を崩す人が急増したように、また環境が変わって、ストレスや孤独感から、病気が誘発されてしまわないだろうか。そして、孤独感や寂しさから認知力が低下して認知症になってしまわないかどうか、懸念するところである。

たかが、年配者の一部だけの声だと切り捨ててしまうのか。多くの高齢者が感じている全体の声に近いのか、わたしは全員に聞いてないので分からない。けれど、多かれ少なかれ、高齢者の環境適応能力は衰えていて、長期避難によって体力も衰えている。果たして以前と変わり果てた飯舘村に帰ったとしても、ストレスを感じないで穏やかな日々を過ごすことができるのだろうか。

それぞれの選んだ決断の向こう側に幸せがあることをひたすら祈るしかない。

この1年、さらに慌ただしい心落ち着かない日々や空気感が村民を取り巻く。

仮設住宅