揺り戻されたこゝろ 酒井政秋

うつろな夢の中で揺れている…。

夢じゃない!

やけに大きな地震だ。これは関東か?それにしても長いな。揺れは益々大きくなった。
急いで情報を集める。
震源地は福島沖だった。
原発が心配だった。津波の大きさによっては、また5年8ヶ月前より酷い状況にだって想定できる。
しかし…。
すぐに情報は出てこなかった…。
東電のTwitterには、「■お知らせ■11月22日午前5時59分頃、福島県沖を震源とするマグニチュード7.3の地震が発生しました。現在、この地震による当社設備への影響を確認しております。詳細がわかり次第、お伝えいたします。」とのツイートだけ…。

あの時、何をあの企業は学んだんだ。と唇を噛み締めた。

後から東電は情報をツイートしてきたが、その前にメディアからの情報のほうが早かった。

不安がわたしの身体を包み込む。

最悪の状況をいつも想定し、1日の最後には必ずガソリンを満タンにする習慣が5年8ヶ月前にわたしのルーティーンになっていた。
食料の備蓄もしておいた。

でも実際備えても、またあの日の経験をしなくてはならないのか?その不安だったのだ。

明日がまた平穏に訪れるなんて保障はない。

パソコンとテレビと睨めっこをして、とにかく情報を集めて備えた。
気づけば2時間同じ体勢で情報を集めていた。
その間、友人の無事を各々確認したり、心配のメール、コメントが次々ときた。嬉しかった。その皆んなの祈りが不安を緩和してくれた。徐々に冷静さを取り戻していた。

仮設住宅の知り合いに声掛けをした。
みんな「あの日」の地震にこゝろは揺り戻されていた。
精神的に落ちこんでいる人は、「テレビを見ると身体が震えてくるからつけられない。」

「まずは原発が心配になった。」

そんな声が聞けた。

みんな目の奥は5年8ヶ月前の3月11日になっているようにわたしからは見えた。

自分が無理だと思ったらテレビや情報は見ないほうが良い。ストレスになるだけだから。と声をかけた。

改めて思った。

東京電力という企業の体質は何ら変わっていなかった。
ただ、5年8ヶ月前と違うのはSNSが普及している面、東電の中でも発信をしてくれる人がいた。ということだけ。
しかし、SNSをしていない人にとっては情報開示が遅いことで心労が深まったのではないか。ということだ。

改めて東京電力各位には速やかな情報開示をこの場で求めたい。

避難者の心労はまたひとつ深まったことを再認識し、改心し誠心誠意ある態度で臨んでいただきたい。

政治家の皆様には、地震が起きる度に原子力発電所の心配をしなければならないこの不安を取り除いて欲しい。
不安が押し寄せるエネルギーは時代遅れではないでしょうか?
日本列島はいや、地球は活動期に入っていると昨今相次ぐ天災で思います。国民を守る立場において、経済優先ではなく国民の生命を優先させなければならないのではないでしょうか?
核というものに平和利用なんてあり得ないということにまだ気がつかないのでしょうか?
原子力というエネルギーからの卒業するという転換期がやはりきているのではないでしょうか。
再稼動の道ではなく、エネルギーの転換する道へと進んでいくよう働きかけ・提言をよろしくお願いします。

もう2度と同じ経験をする被害者を出したくない。

それを痛切に感じた今朝の地震だった。

 

引用文:「東京電力(原子力)Twitter」より

みえない社会・地球との対話へ   酒井政秋

 

原発事故後、対話を通して自分たちは絶望を受け入れるという心の整理とその場を創る器を2012年~2014年まで作ってきた。

何度も何度も集まっては、自分の今の心をその場に出して、いろんな角度からその心を多角的に見て、感じてきた。

その受け入れがたき大きな問題に
押しつぶされそうになったり、
心の中にズシンと突き刺さったり、
そして、再び絶望を味わい、そしてまた這い上がって、また堕ちて。
そして、少なくとも共感できるエッセンスを共有し、
相手を理解すること・思いを尊重すること・相手の心の小さな声に耳を傾けあった。

ともに泣き、
ともに語らい、
ともに笑い飛ばし、
物理的時間の5年という歳月よりももっと重く、もっと深い心の繋がりをしてきた。
時には理解できずに、その場を離れたくなったことや受け入れられなかったことは数知れない。
それでも、理解できずに、離れてしまった対話だけでは救えなかった心のかけらたち。
自分のこれからの道と仲間や友人・先輩たちのそれぞれの未来への道。
(震災前のようなという意味で)喪ってしまったもう取り戻せないコミュニティー。

そして、自分も含め、それぞれが模索しながら、時には手探りで、「これから」という自分の人生を取り戻していく作業の真っただ中、道に明かりをともしながら消されないように、必死に自分の道を開拓していくしかない覚悟。まるで人生の開拓民のようだ。しかし、いつも付きまとうこの「喪失感」は決して穴埋めできないものなのかもしれない。

それが今の5年という歳月であろうか。と人ごとのように考えてしまう自分がいることに時の流れを感じてしまう。

世間では重い問題と捉えがちな飯舘村の問題。
けれど、今、生きている社会が喪ったかけがえのない日本の原風景なのだと捉えてくれたらうれしい。
けっして、「重い」問題だからとふれちゃいけない・目を背けていたい、そんな問題だと個人的には思わないでほしいと願う。
それは未来への棚上げでしかないのだ。
あの日、生かされた命を大切に考えて未来に原子力ではない明かりを灯したい。

これから来るであろう「虚無感」と「しょうがない感や・どうしようもない感」、
そして、もしかしたらモノを言えなくなってしまう「沈黙」がくるかもしれない。
けれど、声は小さくともそんな沈黙にもあらがっていきたい。
それは声高にではなく、やわらかく、ソフトな伝え方をしていきたい。

伝えるというのは、見えない社会とこの世という大地に足をつけている地球との対話のようなものであろうか。

飯舘村の道