「コットンツアー2017.10 綿の収穫@二本松市」に参加して 高田 緑

今年も、コットンプロジェクト・福島(代表:渡邊真紀湖)主催の綿の収穫に参加してきた。
秋の行楽シーズンにしては東北自動車道が混んでいなかったのは、台風の影響だったのか、東への旅行者が減ってきたのかはわからないが、都心の景色から徐々に故郷の景色に代わるバスでの移動は心の準備もできる。
コットンプロジェクト・福島の代表、渡邊真紀湖さんの活動のコンセプトとは、「地元の農地で有機栽培された綿花を製品化することで、農業の六次産業化をめざし、都市と農村の地域交流を推進しながら、日本の農産物の自給率アップに貢献する」(「フクシマ発」現在書館より)。渡邊さんのそのスタンスでの活動は、一貫している。
震災直後の2011年春から、二本松市東和地区の有機農家さんに綿の種を育てていただき、プロジェクトはスタートした。2012年の春には、毎年代々木で開催されている東京アースデイにて、生産者さんと共に参加者に綿の種まきを体験していただくことからスタートする参加型の「コットンツアー」が始まり、今年で5年目となった。
今年の春の定植では真夏日のような陽気となり、参加者も苗も萎びれそう(方言:しおれるという意味)になったが、その小さな苗が秋には腰位の丈に生い茂り、コットンボールが弾けそうに生っていた。それでも今年は他の作物同様に天候不順の影響で不作らしい。
年々、参加者は減ってはいるが、少ないなりにノンビリと里山の綿畑で、宝探しのように弾けている綿花を収穫するときのコットンボールの触り心地は、一度体験すると病みつきになると毎回感じる。癒し効果があるのだ。実際は一気には実が弾けないので、雨に濡れないようにと毎日、生産者さんが“白い宝物”を見つけては収穫している。

綿の花

綿の花

弾けたコットンボール

弾けたコットンボール

東京から何回か参加している若き女子。かわいい~!

東京から何回か参加している若き!女子。かわいい~!ありがとう!

みんなで休憩。農家さんの笑顔がステキ!

みんなで休憩。農家さんの笑顔がステキ!(撮影:Mamiko Aoki)

”白い宝物”

”白い宝物”

二日目は、農家民宿ゆんたにてミニ座布団制作のワークショップに参加。講師の生産者である藤倉さんに手取り足取り教えていただき、笑いの中で参加者二人の教室となった。それにしてもオーガニックコットンの座布団とは、なんと贅沢なんだろう。

先生!よろしくお願いします!

先生!よろしくお願いします!

この形にするには何度も重ねる。

この形にするには何度も重ねる。

生地を選んで、ぎゅぎゅぎゅーっと綿を入れ、四方をしっかり詰め込む、糸で綿を引っ張るように縫い、真ん中でしっかり綿を止める。慣れるまでなかなか難しいのです。

生地を選んで、ぎゅぎゅぎゅーっと綿を入れ、四方をしっかり詰め込み、糸で綿を引っ張るように縫い、真ん中でしっかり綿を止める。慣れるまでなかなか難しいのです。

小さな種から綿製品になる工程や、綿花が農産物であることはまだまだ周知はされていない。忘れ去られようとしている。福島県では特に会津地方で盛んだったことさえも知らない人が大多数だ。

混沌としたこんな時代だからこそ、先人の知恵の継承が必要なのだろうと心底思う。福島県に限ったことではない。失ったものは取り戻せないが、人の精神の軸がぶれない限り、幸せな生き方を見つけられるはず。残された者は希望を捨ててはしまいたくはない。
故郷、福島県の2017年秋にそう思った。