平成最後に西日本大水害。吉田邦吉

ヘリコプターからの動画 

Alerta máxima en Japón Japón And More 0707 Facebook
BBC Newsからの動画

Japan hit by deadly floods and landslides BBC News 20180709

憲法改正案での、「災害時には国会の権限を内閣に預けたようにして、つまりヒトラーのごとく内閣が市民の私権や財産を制限することができる」という緊急事態条項の話は「いらなかった」ようだ。記録的豪雨の2018年7月に発生した西日本水害についても災害対策本部はゆっくり立ち上がり、首相がなにもしなくても動き出す仕組みなのにわざわざ「首相が指示」というニュースを書かせ、首相動静を観れば20分しか対策本部にはおらず、しかも、1億円だかなんだかの特殊車両レッドサラマンダーという優秀な救助の機械を日本に1台しか持たず、ただしそれは、時速50kmであり各地にないと救助が間に合わない。南海トラフや関東大震災など複合災害も懸念される。原発御用ネットユーザーたちはどんな時でも「サヨク悪い教」「アンチ反原発教」しか唱えてない。

一方、たくさん集めている税金は数十億だか100億円とも言われるオスプレイだの軍事費だのに消えているという。もんじゅは1兆とも数兆円とも言われる。あの戦争で政府は国民を守らないどころかバケツで大空襲を消火せよと言ったように思う。日々の納税者たちは災害の被災をした時に、「安全な場所に居てください」なんてことだけをテレビから言われても当たり前だと言いたくなるのだが(理由あるのもわかる)、いずれにせよ、災害の後、どのような福祉政策があるのか、この政権は相当に注意深く見張っていなければならないと思うようになった(それを言うのがメディアの役割ではなかろうか)。あらゆる地方が災害の渦に苦しんでいるとき、まさか宴会みたいなことを内閣がやって法務大臣やテレビが死刑を見世物みたいにして、総理大臣や復興大臣が酒を飲み笑って写真撮影した翌日昼間ごろに「時間との戦い」などと報道させてないことを祈る。

被災地支援・災害ボランティア情報 全社協
なぜ増税日本では政策ではなくボランティアなのか。
これからの時期は暑さも大変そうだ。

過去には昭和28年に西日本水害があるようだ。

私の考えや情報が間違っているなら
どこが間違っているか教えていただきたい。
こんな話もあるようだ。

この時にこんなことにもなっている。
水道法の改正法案が可決した。
水道事業に民間活用などの改正法案 衆院通過 2018年7月5日 NHK)

今回もというか、3・11に関して関心の高い人達が、西日本水害に関しても、社会的な情報をSNSなどで共有し続けている。熊本の時もそうだった。大阪の時もそうだった。そんな人たちが居てくれることに、わずかな希望を抱く。

— 2018.07.13 追記

なぜ何度も避難してくださいと言われるかよく分かる報道が出た。つまり「避難しない人たち」や「被災していると気付いていない人達」などの「境目に居る人達の存在」があるからだ。

豪雨災害では特に、水の管理が気になって豪雨のなか管理をしに行き、流される人たちなどのケースは昔から言われる。治水は大変だ。

テレビでも西日本には特にため池などが多く老朽化や管理の大変さがあると報道していた。日本の政治は現在、ゲリマンダーをしている。今回は定数6増可決。一体日本はどうなってしまったのだろう。

7月6日夜 広島で起きていたこと 2018年7月11日 17時59分 NHK NEWSWEB

以下、上のニュースから境目の話を引用する。午後7時40分。広島県で初めてとなる大雨の特別警報が出ました。車内のテレビでそのことを知った大石は、「直ちに身の安全を」というアナウンサーの呼びかけが気になりました。

夫からも電話で「危ないと思ったら高い建物に飛び込んで」と言われました。「ひょっとしたら私は今、災害に巻き込まれつつあるの? でも、高いビルやマンションに簡単に立ち入ることもできないし…」

心の中で繰り返しますが答えは出ません。「職場へ引き返したら」とも言われましたが、川の橋を渡る必要があり、この渋滞の中で引き返すのも疑問に思い、自宅を目指すことにしました。

自宅は4年前の土砂災害が多発した地区。少しでも早く車が前に進むことを祈りながら、山沿いと川沿いを避けて自宅方向へ向かいました。冠水しやすい端の車線も避けました。

空いていれば20分ほどの道ですが、なんとか家にたどりついたのは午後8時をすぎてからでした。自宅で祖父母と一日を過ごし、退屈しきっていた長男がふてくされながら「おそかったね」と話す表情を見て、無事に帰ってきたことを実感しました。

— 一部のみ以上
境目の話は、映像も出ている。

— 以上

西日本豪雨 ごみの山、手回らず 衛生面も課題 岡山・真備 毎日新聞2018年7月12日 中部夕刊

西日本を襲った豪雨の被災地で、大量に排出されたごみの処理問題が深刻化している。地区の約3割が水没した岡山県倉敷市真備(まび)町では、空き地や田んぼの一角に泥水につかった家具や家電の災害ごみ、生ごみなどが山積みにされ、異臭が漂い始めている。こうした場所は、地区内で少なくとも10カ所以上で確認された。厳しい暑さが続いており、ごみの片付け作業時の感染症対策も含め、衛生面の問題も懸念される。【土田暁彦、竹田迅岐】

泥まみれの家電や家具などが50メートル以上にわたって高さ2メートルほど積み上がる。ポリ袋に入ったジャガイモなどの生ごみもあり、鼻をつく臭いが漂う。……(略)……。一方、ごみの片付け作業には感染症への警戒が必要だ。日本環境感染学会は10日、被災地での予防策を公表。厚手の手袋や防じんマスク、肌が露出しない服の着用を呼びかける。学会によると、泥水には下水や家畜のふん尿などが含まれ、けがをすると傷口から破傷風菌などに感染する恐れがある。ダニや蚊、土ぼこりへの対応も必要になる。賀来満夫理事長は「体調に異変を感じたらすぐに医療機関を受診してほしい」と話す。

以上一部引用

感染症対策などの助言チームDHEATも派遣されている。とても大変な状況なのに違いない。今回が初めてだというから3・11や熊本の時はまだ結成すらされてなかったのだろうか。何か他のチームがあったのかもしれないが。

ディーヒートとは以下である。
大規模な災害などが発生した場合、迅速に被災地に入り、被災者の飲料水や食料、生活環境の衛生状態、感染症の発生などといった現状を速やかに把握し、被災地で必要とされる人的、物的な支援や供給体制を確保する公衆衛生チーム。厚生労働省に研究班が設けられ、災害派遣医療チーム(DMAT)の公衆衛生版として創設が準備されている。名称(仮称)は災害時健康危機管理支援チーム。DHEATはDisaster Health Emergency Assistance Teamの略である。DHEATは保健所職員、公衆衛生医師、保健師、管理栄養士、衛生課職員などで構成され、おもな役割としては、(1)避難所における被災者の要望の把握、(2)被災地の妊産婦、乳幼児、要介護者の把握と対応、(3)避難所の衛生管理状態の把握と評価、(4)感染症発生などについてのサーベイランス、(5)被災地の廃棄物、汚水、水道などの状況把握と評価、などが考えられている。DPAT(災害派遣精神医療チーム)と同様の運営方法が模索されており、構成員は都道府県に事前登録し、厚生労働省の管轄下で構成員の全国的な研修制度、チームの派遣システムの構築を行う方向で検討されている。(以上、コトバンク 日本大百科全書)

ほかに、精神医療においてDPATがいて、医療面でDMATがいるそうだ。

72時間の壁、というのもある。

テレビでは7月13日、体育館に入れない人達が居て、教室でエアコンなしで過ごし、夜は蚊にさされるのを防ぐため、窓を閉め切っていて暑いと報道されていた。この頃の関東以西の日本列島では33度ぐらいある。

そもそも日本列島では毎年数百人から千人こえるぐらいで熱中症による死者が後を絶たない。「災害ゴミ」の件もよく報道されていた。二重ローン減免措置などの報道は見なかった。

まだまだいろいろな、為されるべき被災地への手厚い扱いが、進んでいない気がする。水道法改正案は見送りとなった。7月15日のNHK日曜討論で野党各党は財政出動や細やかな配慮のある支援を政府与党に求めていた。なかでも立憲民主党は被災者生活再建支援法の「向上」を求めるそうだ。これは重要だ。日本語と英語がある同法へのリンク

また、現場に来た国交省の人に被災地の人達から以下のような言葉が伝えられたようだ。テレビ放送されていた。
「水が足りてない、2リットル10箱くらい一瞬で消える」
「スコップの1本くらい持ってきて、1軒でもいいから行ってやってみい」
「どんだけしんどい、臭い、酷いか」
以上追記7月15日朝。