ようやく戻れた町…まだ戻れぬ町を歩く(下)  米田博

(中巻から続く)

2016-01-03-21-08-05_deco長い坂道をのぼりながら楢葉の竜田駅へ向かう

福島第二原発の社員専用と書かれたバスを何度も見る

乗っているのは、1人か2人…

なんだかなぁと思いつつ歩いた

15時の水戸行きの電車に乗り込んだ。

広野、いわき、そして水戸

どんどん乗客が増えていった。

耳に聴こえてくる言葉が福島弁から茨城弁にかわる

福島から離れていくんだなって感じた

2016-01-03-21-09-35_deco

お腹が空いたから駅のすき家に入ってカウンターに座った。座ってびっくり、私以外、カウンターに座っているのはインド人。インド人がすき家のカレー食べてる。甘くて口にあうのかなぁ

2016-01-03-21-10-52_deco

また、電車に乗り込んだ

人が多く座れない。足が痛ってぇと思いつつ

こんなに人がいるんだ…

人がいない町を見たあと

この差に戸惑う

2016-01-03-11-39-55_deco

東京駅で降りてみた…

2016-01-03-22-38-45_deco

2016-01-03-23-41-27_deco

薄気味悪い空に高層ビルが建ち並ぶ東京

澄みきった青空のもとにひっそりしているまだ戻れぬ富岡

同じ日本なんだよね…

被災地を置き去りにして、私の故郷の鹿児島では2基の原子炉が稼働している

偉い人が口にする福島の復興…ますます意味がわかんない

復興すべきは、この薄気味悪い空の下の

人の心じゃないのかな…