ようやく戻れた町…まだ戻れぬ町を歩く(中)  米田博

(上巻から続く)
2016-01-02-00-54-21_deco
2016-01-02-11-13-53_deco2016-01-02-11-55-36_deco楢葉から富岡へ、山道を福島第二原発の排気塔を横に見ながら歩いた。富岡に入った途端、少し線量が上がった。

1ヶ所ホットスポット、高めでアラームが鳴るように設定したガイガーがいきなり鳴り響く。

ホットスポットの印のピンクのヒモ、フレコンバックが積まれていた。

線量が高くて除染しきれないんだろう…

足早にそこを通り過ぎた。

2016-01-02-11-17-35_deco県道244号線から国道6号にでて富岡を目指す。

通る車のドライバーのほとんどと目があった。

ここを歩く人間がめずらしいんだろうな。

パトカーも減速して私の顔を見て通り過ぎていった。

なんか、目立っている気がして…裏道に入り海沿いから富岡駅に向った。

2016-01-02-13-37-33_deco2016-01-02-00-58-55_deco2016-01-02-00-58-30_deco2016-01-02-01-01-48_deco2016-01-02-13-56-43_deco1時間半かけてたどり着いた富岡は、まだ震災の爪跡が残っていた…

2016-01-02-01-01-03_deco写真館のウインドウに貼られた夜ノ森 桜まつりのポスター

2011.4.9開催と書かれていた

時が止まったまま…

DSC_2629解体の工事もだいぶ進んで更地になっている所も多い

富岡を歩き街並みをみて

生活しやすそう町だなと素直に感じた

でも震災…放射能…

この場所を奪われた気持ちって…

2016-01-02-14-22-43_deco2016-01-02-11-16-15_deco2016-01-02-14-23-09_decoあんまり高くないんだなと思いながらまちを歩くと国道6号
そこを横断した途端…ガイガーが鳴り響いた。

2016-01-02-14-20-29_deco2016-01-02-14-16-51_deco1μSv/hをこえる所でモニタニングポストがあった。近づくと少し下がった。でも、モニタリングポストの数値は表示されていない。故障なのか…どうなんだろうね

2016-01-02-01-02-53_deco夜ノ森駅まで行きたい気持ちはあったが、あそこは、線量がここの何倍もあるはず…

そして14時になろうとしていた。

15時までに町外にでてくださいと防災放送が鳴り響く。

町外にでるのに1時間はかかる…

楢葉の方に足を向けた。

2016-01-02-01-03-20_deco帰り道、鳥が柿をつついていた…

ごめんね…

そんな言葉が頭に浮かんだ

2016-01-02-01-08-47_deco帰り道に咲いていたタンポポに

強いね…

と声をかけた

2016-01-03-17-08-58_decoまだ戻れぬ町…富岡

富岡は負けん

という横断幕の文字に

なんとも言えない気持ちになる…

15:00ちょうどの水戸行きの電車に乗った…

5時間、歩き続けた…

ちょっと疲れた

6時間かけて東京へもどる

(下巻へ続く