書の海を漂う~乱読日記*その六  「言葉と音楽」 :Ayuo (洪水 第十八号)    伊藤千惠

乱読といいつつ長らく投稿できずにいたが、読書は日常的に生活の中にある。
私にとって本を読む行為は、自分の欠損した部分を埋めることと、娯楽というか活字中毒である。自分はこのままでいいのだと肯定したら内的成長がとまるのではないか、という強迫観念にからくる被虐体質なのかもしれない。きっとそうなんだろう。

IMG_6071それはさておき、短歌総合誌「うた新聞」を発刊されている玉城入野さんからご恵贈いただいた、「洪水」という年2回発行の詩と音楽の雑誌がある。
玉城さんには『島尾敏雄の小高』というとても惹かれるエッセイがあるのだが、それについては次の機会にとっておくとして、
このなかで強く心に残った文章がある。
「言葉と音楽」  というエッセイのなかの『国を持たない人々』という、アーティストAyuoのライブで語られる文章。

Ayuo Takahashi(高橋鮎生)は、作曲家・作詞家・ヴォーカル、ギター、ブズーキの演奏者であり、自分の思想を言葉や詩にして、台本を書き、それを歌、朗読、楽器演奏と動きで演奏するパフォーマーである。
多くの世界的なアーティストと共演、作品を発表し続けており、舞踊・映画・CM音楽などさまざまな分野に楽曲や詞を提供している。詞は英語で語られ、日本語に訳される。
その世界は、商業ベースに乗り形式化された音楽とは違い、より自由に自分を表現する、日本では稀有な存在である。
ヨーロッパの古楽の香りのする曲もあれば、サイケデリックであったり、とても日本的な曲もあったり、ワールドワイドな広がりのある音楽であるけれど、Ayuoの思想がくっきりとそこにある。そこで語られることばはとても重要だ。
映像をバックにライブで語られる彼のことばを、私たちはどう感じるか?

 

「国を持たない人々」 by Ayuo
人にとっては自分の育った場所がふるさとだ。言語や文化は自分の育った場所から学んでい
く。科学用語ではエピジェネティックスと呼ばれている。体は先祖からつたわるもの、文化は環境から伝わるもの。
簡単そうに聞こえるが、簡単なことほど人には見えないものが多い。
ニューヨークで育った人は一生、自分の育った時代のニューヨークの中で一生を過ごす。
ロンドンで育ったアラブ人にとっては、自分の育った時代のロンドンがふるさと。
両親が信仰していたコーランはそのままでは彼にとって分からない。
両親と親戚とは口論ばかりになる。しかし、自分の育ったふるさとの人間も彼がその一員だと認めないとすると彼はどうする。そうした彼にアイデンティティーを与えてくれるのが過激派の宗教団体。
海外で育った人間がそのまま、自分の先祖のふるさとに行くとどうなるか?
『オマエは我々とは違う』と言われる。
『オマエは本物ではない』と言われる。
『オマエは日本人ではない』―これは僕がよく聴いた言葉だ。
しかし、人間はみんなアフリカで生まれた。
長い旅をしながら、やっと今ふるさとと呼んでいる場所にやっと着いた。
今でも人間の旅は続いている。
二百年前に旅をした人がアメリカを作った。
旅をしている人たちは毎年増えている。
移民が多く増える未来。
未来ではこうした人々がどうするかによって決まるかもしれない。
それは新しい民族になるのか?
それとも、国を持たない人々になるのか?
未来はこうした人々がどうするかによって決まる。
アウトサイドに生きている人は、アイデンティティーは作り物だと知っている。
社会のアウトサイドに生きている人に、そのようなアイデンティティーはいらない。

All Music and Lyrics have copyright.
They are registered internationally by JASRAC
Words, Music, Illustrations, Photos, Articles, Lyrics by Ayuo
© Ayuo All rights reserved

 

日本人の母とイラン系米国人の継父との家庭のもとにニューヨークで育ったAyuoは、日本で育った日本人は自分にとっては外国人であると言う。
身体は日本人であるけれど、ニューヨークの文化圏が自分のものだと感じる彼にとって、英語圏ではない日本で生活することは、常に異邦人であることを自覚させられ、違和感をひりひりと感じてきたであろう。しかし、それは同時に日本を社会のそとから客観的に見ることができるということなのだ。
私は日本で生まれ育ち、異なる民族や他の国家という環境になげだされた経験は旅行以外にはない。日本で生活する外国人や異なった文化圏で育った人たちはみな、日常が旅のようなものであろうか。この文によって、そういう人たちの視点に気づかされる。
「日本人の誇り」、「日本人として」といったことばを聞くとき、他民族からの優越性をほのめかす裏に、民族という属性に依存したもろさ、偏狭さを感じる。それは確立した「個」がない、自信のなさが根底にあるからではないかと思っている。
人間が人間であること、ラディカルに人間の精神をみすえるとき、性別や年齢、国籍や容姿、学歴、履歴などもろもろの属性は関係ないだろう。民族という属性も。
もちろん固有の民族文化や伝統を大切にしたり、愛でることとはまったく別のことである。

私にとって、自分の生まれた国の文化と、それ以外の国の文化はすべて等価で存在している。それぞれに好きなものや深いところで何かを感じさせるものと、そうでないものがある。その文化がどこのものであろうと関係ない。日本のものだから好きとか、日本人だから他の国よりすぐれているとも思わない。(もちろん、自分の国のものだから好きという価値観を否定するものではない。)
自国の文化だから理解できるということはあるだろう。しかし、文化の基底に流れる奥深い何かは、たぶん民族や国境を超えるのではないかと思っている。
ユングのいう元型(アーキタイプ)といったものかもしれない。
未来は国境なんかなくなって人種もすべて混じりあえばいいと私は思っている。

(「国を持たない人々」の掲載についてはご本人の承諾を得ています。
Ayuoさんの文章、詩、ライヴ映像は下記のブログで見ることができます。
ぜひ、皆さんにふれてほしいと思います。)
https://ayuoworldmusic.wordpress.com/