ご挨拶

初めて福島に来たのは2013年2月だった。
それまで私は福島とは縁もゆかりもなかった。
「福島県」が日本の中でどこに位置するかさえも知らなかった。

震災が起きなければ、私が福島に移住することはなかったかもしれない。
震災が起きなければ、今私が日々対面する人たちとは一生出会わなかったかもしれない。
そう思うと不思議である。

都心から離れた郊外にある東京都日野市で生まれ育った。
母親は茨城の出身で、幼い頃の田舎での暮らしを聞くのがいつも楽しみだったこともあり、いつか田舎暮らしをしてみたいと思っていた。

性格は好きなものにはとことんのめり込むタイプ。
深く入り込むほどに、地底の深い部分に触れることができるような気がする。
気に入ったら同じ本を何度も読む。
同じ音楽を何度も聞く。

めんどくさがりで横着。
やるべきことをいつも後回しにして怒られる。
ぎりぎりになっていつも大事なことに気付く。

興味があることに関しては、思い立ったらすぐ行動する。
しないと気が済まない。
自分に正直。他人にも嘘がつけない。

        *

震災が起きるまで、原発が何かも知らなかった。
電気がどうやって発電されているのかについて気にしたことはなかった。
多くの人がそうかもしれない。

震災で爆発した福島第一原発の発電する電気が東京に送られていたことなんて知る由もなかった。
でもその事実を知ったとき、私はどうしようもない気持ちになった。

1年が経過した頃、東京で暮らす人々は震災のことなんか忘れているように見えた。彼らの目にはそれらは過去でしかなかった。現在進行形の事実ではなかった。
目の前にやるべきことがあったし、過ごすべき日常があったからだ。
そうして人々は震災があったことを忘れていった。

しかしニュースや雑誌や新聞で見る福島の現状を考えると、それはばかげたことのように思えた。どうして電気を使っていた東京の人間が優雅に毎日を送っていて、福島の人はそうではないのだろう。そんな違和感は、日々原発や福島の現状を調べて知っていくにつれて膨らんでいった。

その後は福島関連のNPOのイベントに参加したり、講演会に行ったり、大学で情報発信のためのサークルを作ったりした。

そして当時ジャーナリスト志望だった私に、知人が紹介してくれたフリージャーナリストのある人が言った。「福島のために何かしたいならまずは福島に行ってインタビューしてくることだな」

その一言で、私は2013年2月から福島県でインタビューを始めた。
震災が起きる前のこと、震災時のこと、その後の生活のことを聞いた。
聞けば聞くほど、私は自分が今まで何も知らなかったのだということに気付いた。
福島のために何かしたいのなら、現地の人が何を考えているかを知らずに動くことは逆に迷惑をかけることになるかもしれない、そう思いインタビューを続けることにした。

そしてこのウェブマガジン「ヴェルトガイスト」に寄稿させていただくことになったのも、編集長吉田邦吉さんとインタビューで縁があったからだった。

        *

東京から福島に通うだけでは本当のことは見えないかもしれないと感じていた。
2014年4月、思い切って私は福島に移住した。

8月から福島県田村市都路町で復興支援員として活動している。
都路町の一部は福島原発から約20キロ圏内に位置しており、今年4月に避難指示が解除された。徐々に住民が帰還するなかで、細かいサポートを行い地域が持続可能になるよう活動している。

めぐりめぐって福島に来たことは大きな意味があると思っている。
出会った人、土地、景色、空気、雰囲気、心の奥底の声、喜びや悲しみ、そういったものすべてに触れられる日々を大切にしたい。
そして自分の目で見たものだけを伝えていきたい、そう思っている。

まだまだ新参者ですが、新しい福島県民として、ウェブライターとして、今後ともどうぞよろしくお願い致します。