極私的震災レポート  熊本2017~熊本市内編  伊藤千惠

阿蘇編より続く

熊本市内は、昨年ゴールデンウィークの火が消えたような状況から一転して、商店街はすっかり活気が戻り、応急危険度判定の赤紙の貼られていた建物は修復・改修されたり、解体されて更地になっていたり。

2016kuma

熊本市中央区春荘寺(2106年5月撮影)   春荘寺は、明治以前の農業のかたわら皮革処理に携わった人たちが信仰の中心として建設した春竹説教所であった。

kuma01

ゆがんだサッシ窓は取り替えられ、壁面がきれいになり前面の柱を支えていたつっかい棒もなくなった春荘寺。(2017年6月撮影)

kuma02

市民からの寄付を募る      春荘寺はかなり復旧されていたが、すぐ近くの辛崎神社はつっかい棒のままだった。日吉神社の摂社である唐崎(辛崎)神社は、肥後国では被差別地域にのみ存在が確認できるという。

が、ブルーシートがかかったまま、壊れたまま人が住んでいたり、あるいは放置されている家屋が存在していた。解体や施工業者の不足で、最近やっと修復にかかる家が多いという兄の話。復旧の見通しがたたない寺社も多くあるようだ。(西日本新聞

熊本で見たローカルュースでは、仮設住宅に住む1万9千人に対しての意向調査で約3割が住宅再建のめどがたっていないと報じていた。(2017年5月末時点での仮設住宅入居者数は約4万5千人)
県は仮設入居期間の延長を国に要望しているようだ。相談窓口を設けているが、市内で見かけたような修理しないまま住んでいる家が気かがりである。

昨年のボランティアセンターが設置されていた辛島公園からほど近い熊本城のまわりを歩く。
石垣や櫓の崩れた箇所に安全対策工を施したあと、はじめて復旧工事がはじまる。城内は入れないが外から見物する人のために、工事フェンスに復旧の様子を撮影したパネルを貼りだしてある。隣接する熊本城公園には休憩所が設けられ、ビデオや説明パネルが展示してあり、説明員も何人か常駐している。

kuma03

 

2016kumashiro

倒壊した五間櫓付近(2016年5月撮影)

kuma06

崩れた石垣をていねいに仕分けして安全な場所に移し、崩壊箇所にモルタルでの安全対策工が終わったところ(2017年6月撮影)

kuma07

遺跡の発掘作業のように仕分けされた石垣(2017年6月撮影)

まずお城より市民の生活復旧が最優先であることは当然のこと。パンフレットにもそううたってある。けれども、熊本の人は熊本城をわが城のように思っている。移封されてきたにもかかわらず、熊本城を築城した加藤清正が大好きである。
象徴とはこういうことを言うのだろう。

震災一年後の熊本は、阿蘇でも熊本城でも県外、海外からの観光客がかなりみられた。南阿蘇村では、阿蘇大橋や断層や地割れ箇所などを震災遺構として保存するという。(熊本日日新聞

今回行けなかった益城町や西原村、南阿蘇村の被災した家屋は、まだこれから復旧というところも多く、支援も必要であろう。

極私的震災レポート  熊本2017~阿蘇編  伊藤千惠

2016年4月14日に発生した熊本地震から1年あまりたった。
震災直後のゴールデンウィークに、熊本へボランティアがてら実家や家族の様子を見るため帰郷したが、そのときのレポートは、冊子「ヴェルトガイスト・フクシマ2016年夏号(通巻6号)」に掲載した。
今回は、奇しくも東日本大震災の起きた2011年の6月に他界した父の7回忌のために帰郷。阿蘇に一泊し、法事のあと、熊本市内の昨年歩いたところを見てまわった。

被害の大きかった南阿蘇村の宿泊施設は再開していないところが多く、今回は阿蘇の内輪山をはさんで北側にある乙姫地区の温泉民宿に宿泊することにした。

鉄道はJR豊肥線、南阿蘇鉄道ともに一部不通。
道路は阿蘇大橋の崩落部分を迂回するルートのため、かなり渋滞しているように感じる。工事車両が多いせいもあるのだろう。

熊本空港から阿蘇を経由して大分へ向かう長距離バスは、平日ながら、補助席を使うほど混み、阿蘇で降りる観光客も何組かいた。

阿蘇駅から見た阿蘇五岳、往生岳か?

JR豊肥線は肥後大津駅から阿蘇駅まで不通だが、阿蘇駅より大分側は運転再開したため、駅前は列車を待つ人や道の駅で買い物をする人たちが三々五々。

阿蘇駅から乙姫の宿まで歩く。
目の前に広がる田園風景に、地元の生活はもとに戻ったように見える。しかし、よく見ると斜めにかしいだ電柱や

阿蘇市黒川地区

阿蘇市黒川地区

豊肥線のレールが曲がっていたり

JR豊肥線内牧~阿蘇駅間

JR豊肥線内牧~阿蘇駅間

レールが浮いてしまっていたり

JR豊肥線内牧~阿蘇駅間

JR豊肥線内牧~阿蘇駅間

これは川に土砂が堆積して、まるで道のようになっており、本来の河道はずっと下にある。少し下流側に土砂を取り除く工事看板があった。

乙姫地区を流れる小さな川

乙姫地区を流れる小さな川

いまだ復旧に時間がかかることは見てとれる。

乙姫の温泉民宿は非常に快適な施設で、平日にもかかわらず数組の客が家族風呂を楽しんでいた。宿のご主人は、JR不通のため私たちのようにバスで来るお客さんも多いですよと。

aso05

民宿の看板犬、チャック君

山や塚が近く遠くに存在する阿蘇はとても気持ちのいいところだ。活火山ではあるし、たびたびの洪水や昨年の地震など自然災害が多くはあるが、今回、6~7キロ歩いてみてあらためて良さを実感した。
正直なところ、小中学校を通じて毎年のように阿蘇には連れて行かれていたが、特別な感懐を持っていなかった。近くにいて何もわかろうとしなかった盆暗である。

熊本市編に続く

 

【特集 熊本地震:2】私にできること。それは伝えること。 酒井政秋

6月24日-

つぎに訪れた場所は熊本県益城町だ。
益城町は熊本県のほぼ中央からやや北寄りにあり、熊本市東部に隣接しており、熊本市のベッドタウンとしての役割も果たしている。
そこに、4月14日21時26分の前震とその28時間後の4月16日1時25分には本震が、熊本県をはじめとする巨大地震が相次いで襲った。
益城町に行くと、そこは無残にも家が崩れており、車道に覆いかぶさるかのように傾いた家やコンクリートの建物、1階が押しつぶされ2階だけが残っている建物、全部が斜めに崩れ落ちている家などが数多く点在していた。倒壊した家の前に、花束やお供え物が置いてあるところもあった。
被害がひどい地区は全く別世界のような、なんとも言葉にしがたい不思議な感覚に襲われた。
崩れた家並みの細い路地を歩いていくと、傾いた家の軒先にテントを張って生活をしている人、道路が崩れ落ちて、車が覆いかぶさっているところ、様々な光景が自分の目の前に飛び込んでくる。

シャッターを押す手も震えるとはこういう事なんだと初めて体験した。倒壊している建物 益城町にて
暮らしが揺れ動き、一瞬にして日常が崩れ落ち、そして、非日常の日々を送っている事はいかばかりか。想像はできるものの、全く東北の地震と質の違いに唯々、呆然としながらもこの状況をどう伝えればいいのか分からない時を過ごした。唯一、そんな時でも花はけなげに咲いていた。自然は時に、牙をむくときがある。けれども、自然でまた、癒されることもある。そうして、この困難を乗り越えてほしいと花を見ていてそう思った。

倒壊している街並みに咲く花。益城町にて
今は必死で日々を過ごしているのだろう。けれど、仮設住宅や借り上げ住宅に移ったとき、ホッとするのと同時に様々な喪失感と向き合わなければならない。その時、心身の疲れが噴出するときでもあるだろう。
そこをどうやって人支えで踏ん張っていくことができるのだろうか。
これは正直、地域、地域で全くニーズややり方が違う。被害の差によって生まれてくるであろう格差と生活再建までのスピードの差。その地域、地区に合う生活再建までの道のりをどう議論していくかが今後の課題でもあるように思えた。
旅の最後に訪れた喫茶店で、たまたま喫茶店の奥様とお話しすることができた。

「実は毎日不安で不安で、でも、そんなこと口にできないですから、みんな頑張ってますから。私も頑張ります。」

と笑顔で仰ってて、わたしはとっさに「頑張らなくていいと思います。悲しい時は泣いていいし、辛いなら辛いと誰か信頼できる人に言ってください。そうしないと、後々、心がつぶれてしまいますから。」と言わずにはいられなかった。奥様の笑顔はとても優しくその奥がとても疲れたように感じたからだ。

今回、西原村、熊本市、益城町を見てきた。それぞれの土地で被害の質と問題が違うこと、共通の問題もあること。それぞれに時間のかかる課題と天候によって、復旧するまでにながい道のりになるだろうなと感じた。
わたしに何ができるわけではないが、極論を言えば、最後に歩いていくのは個人個人だから。自分の歩幅で1歩1歩。疲れたら立ち止まり、周りを見渡し、また歩めばいい。絶対に無理して頑張ろうとしないこと、弱音だって信頼できる人には吐いたっていい。人間そんなに完璧な人間はいないのだから。そんなエールを個人的に送りたい気持ちだ。

九州が揺れたとき、自分が3.11に揺り戻された。

必死で熊本の友人・知人に情報を伝えた。
けれど、今回の自分は当事者ではない。
外側から何ができるだろうか。
物資を送ること、募金、それぞれ、一通りやった。
それでも、すっきりしない心があった。
揺れ動いた心が落ち着かなかった。
そして、やはり、自分の目で、耳で聴いて、視て、確かめたかった。
そして、やはり自分は震災後”伝えること”を大切にしているので、自分らしい支援の形、それは「伝えること」だった。
それがとても大切な気がしてこうしてペンを走らせた。

最後に、今回の地震によって尊い命に鎮魂の祈りと、今なお避難所で大変な暮らしをなさっている方々の日常が一日も早く取り戻せることを祈りつつこの文章を締めくくりたい。

熊本城

 

【特集 熊本地震:1】私にできること。それは伝えること。  酒井政秋

熊本地震が起きてからずっと自分に何ができるのだろうと考えていた。
そして、今回、ニュースや新聞紙面で見るよりも、自分の目で視てこようと思った。
6月23日、熊本の友人の繋がりで、西原村へと向かった。
西原村ではボランティアセンターで活動している青年に村の状況を案内していただいた。

西原村は熊本市から東へ約20km、熊本都市圏と阿蘇カルデラ(南郷谷)の間にある。阿蘇外輪山の西麓に位置し、原野と森林が多い緑豊かな村で特産はカライモ(さつまいも)などである。
そこに2016年4月14日21時26分の前震(震源の深さ11km、マグニチュード6.5)と4月16日1時25分の本震(震源の深さ12km、マグニチュード7.3)と2度にわたる大きな地震に見舞われた。

まず、最初に案内していただいたところは、5月いっぱいまでテント生活をしていた避難場所だった。そこは元々芝生畑で、畑を避難所として使っていた。今はそれぞれの家の庭にテントを張って生活しているという。
青年は、その場所に応援メッセージボードと一輪の花を被災者やボランティアで来た人たちと植える「ガレキと一輪の花プロジェクトFlower for Nishihara」という活動をしている。この活動を始めるきっかけは、「何か残しておきたい。花は日々成長するので、この花を見て時間の経過や前に進んでいるっていう事を感じてもらいたい、そして、メディアからも注目されなくなってきているので、注目してもらえるようにという事もある。ボランティアの方々が、この地に花を植えたことで、その経過を見にまた、西原村を訪れて、今度は観光で来ていただけたらな。」と語ってくれた。

このプロジェクトのホームページにはこんなメッセージが書かれている。
「どうやったら西原村は復興したと言えるのだろうか。仮設住宅が必要なくなった時か、西原村の人口や経済が元の数値に戻ったときか。何度話会っても答えは出なかった。けれども、そのときはみんなが笑顔になっているはずだ。そのために僕らに何ができるのだろう。計り知れない課題に途方に暮れそうになった。壁の高さを量るのはやめた。逃げ出しそうな足で、小さくともいい、一歩を踏み出すことにした。その一歩として花を植えることにした。一輪の花を。それで、誰かひとりでも笑顔になればいい。きっとそれが復興だ。」
その思いを胸に毎日、花を植え続けている。

避難所跡地に花を植えてる

避難所跡地に花を植えてる

わたしもささやかながらメッセージとお花を植えてきた。

避難所だった芝生畑の前に植えた花とメッセージボードその後、西原村の倒壊した家の木材や使えなくなった生活物の一時仮置きになっている村民グラウンドへ案内していただいた。そこは元々、村民が毎年夏まつりをしていた場所だった。
山のように積まれたがれきで住民の思い出のグラウンドがいっぱいになっていた。地区の思い出の場所の変わり果てた姿は、村民にとってどれほど心が痛い事だろうと思う。一日でも早く、そのがれきが片づき、また、夏祭りをこの場所で開催できる日が来ればいいと心から思う。

村民グラウンドのがれきの山

村民グラウンドのがれきの山

そして、被害が大きい布田地区に向かった。そこの光景はまるで色のないモノクロの世界だった。わたしは思わず息をのんだ。道路は壊れ、その両脇には傷ついている家々が並んでいた。この地区の家はほぼ全壊扱いの家がほとんどで、避難指示が出ており、ここでの生活再建は厳しい状況で村は地区の集団移転を検討している。

西原村布田地区の被害の様子

西原村布田地区の被害の様子

西原村では、中学校の体育館や福祉施設にまだ多くの避難者が生活をしている。外には仮設の簡易風呂もあった。避難所にはエアコンも設置してあり、間仕切りもしてある。震災当初は水が使えなかったので、プールの水を使っていたこともあったそうだ。そして、体育館をまだ避難所として使っているため、バレー部の生徒が外で練習をしていた。そこには笑顔があった。その笑顔をみて少しホッとした。
そして車は山間部に向かった。
今季の梅雨前線の影響で、地震で地盤が緩んでいるところに大量の大雨が村を襲った。山が崩れ落ち、田植えしたばかりの田んぼに、土砂が入り込んでいた。地震での被害で相当心身ともに疲弊している状況でのこの土砂災害は相当堪えたはずだ。

倒壊した家並みと遠く山崩れ

倒壊した家並みと遠くの山崩れ

今、西原村はプレハブ型仮設住宅と長期避難用の木造住宅の建設が急ピッチで進んでいる。
本格的な台風シーズンを迎える前までに、仮設住宅の入居が急がれるところだ。

最後に、案内してくれた青年はこう言った。
「今回の地震は甚大だったので、元の状態にはもう戻らないと思う。時間はかかると思うが、これからは新しく魅力のある西原村を作りたい。震災前までは「村」という事もあってあまり外向きではなかったような気がしている。実際外部との摩擦もあったりしたので、来たい、行ってみたいと思う西原村を作り、もっともっと地元民と外から来る人との交流を増やしながら、開かれた西原村にしなければならないと思っている、それが本当の意味で西原村の復興になるのではないかと思う。」と。

西原村の豊かな自然の風景

西原村の豊かな自然の風景

地震による被害と、集中豪雨による被害での心労は、被災された方も支援されている方も計り知れないと思う。
今、私にできることは現地を見て、それを“伝えること”だと思った。

しかし、これが西原村の全てではなく、私が見聞きしてきたものに過ぎないが、メディアでは伝えられることが少なくなってきた今、なおさら、熊本に目を向ける必要があるのではないだろうか。熊本とひとくくりに言っても、被害がさほどひどくないところと壊滅的なところとで様々な問題が浮かび上がってきている。震災前までの見ないようにして来た地域の問題や地震の被害のグラデーションによる問題など、現地の人に聞けば聞くほど、問題は地震の被害だけではないことにも気づかされた。

西原村は熊本地震で初めて認識した場所だったが、またいつか訪れてこの目でどんな魅力のある西原村に変わっていったのか遊びに行きたい。

そして今回ご多忙中の中、ご案内していただいたボランティアセンターの青年と友人に感謝の意を表したい。

これ以上被害が拡大しないことを祈りたい。被災された皆様も心が疲れたら休息しつつ、自分の歩幅で確かな1歩を歩いていって欲しいと切に願う。