心の闇 高田 緑

千葉県佐倉市の教会での立てこもり事件について思う。(http://mainichi.jp/articles/20160219/k00/00e/040/199000c?fm=mnm)

数年前から、両親は教会に相談をしに一緒にカウンセリングを受けていたそうだ。この問題は希有なことではない。恐らく、どこの教会でも起きている。事件になるかならないかは、紙一重の状態にあるのだと思う。

私が通っていた都心の巨大教会でも、実際に聖堂内で暴れた青年がいた。椅子を投げるは、「神が何なんだ」と叫ぶはで、皆で止めようとしてもものすごい力で、私たちは吹き飛ばされた。

ある日、私は教会の近くの駅で電車に飛び込もうとするその青年を、一時間、説得したこともあった。私は専門家でもなんでもないが、たまたまそこにいたので放ってはおけなかった。その青年は、私の冗談にふと頑なな気持ちを弛めてくれた。

でも、ほんの少し間違えたら、青年は飛び込んでいたのかもしれない。

教会は、扉をノックする者は決して拒まない。弱き者を受け入れる。

救いを求める人に手を差しのべる人は教会にはたくさんいる。しかし、真に救えるのは神のみなのだろうか。現実的に考えるならば、精神的な救いを求める人を助けるには、それなりの知識を持った専門家ではないと、なかなか解決するまでには至らない。ふとしたことで大事件になりかねない。

それが、この教会で起きた事ではないだろうかと思う。

カウンセラーがいたと言うが、数年も教会内でカウンセリングをしていたのだろうか。そのカウンセリングは信仰の中にあったのであろうか。青年は、信仰の中に救いを求めていたのであろうか。

だからと言って暴力を正当化してはいけない。教会の聖職者も両親も、怪我をしたカウンセラーも、青年と向き合い心から助けたかったには違いない。どうすれば青年を闇から救えるのか、私には分からない。何が正解だったのか分からない。

神の家である教会の中だから安全とは、決して言えないのは確かだ。社会に蔓延る心の闇は深い。

 

十文字絞り旗指物 (桃山時代 : 旧白洲邸所蔵)

十文字絞り旗指物
(桃山時代 : 旧白洲邸所蔵)

 

※反響は多かった記事だがリンク表示の都合でここに反映されず(by編集部)。