「放射能を過剰に怖がるな論」に反論 吉田邦吉

そこかしこでささやかれる「放射能を過剰に怖がる必要ないし、福島の誇りを発信論」に私は唖然としています。放射能が怖くないなら避難してないし原発作業でタイベック着用してないしロボットで溶融燃料とりだそうとしないし100Bq基準で大騒ぎされません。

4年前の今日、わたしは大変な恐怖に包まれていました。この世から放逐されたと思いました。生きていけないんだと思いました。半分の人生は終わりだと思いました。ものと思い出と先祖伝来の土地や家や人々の笑顔や避難中の生命や毎日毎日の苦労や何気ない自分の暮らしなど、全てが、「恐怖と強奪」によって引き裂かれていきました。

その気持ち、わかりますか。
簡単に「過剰に怖がるな」などと言わないでください。

わたしたちが何か悪いことをしたんでしょうか。
放射能を怖がるわたしたちが何か悪いことをしたんでしょうか。

悪いことをしたのは、誰ですか。
大人の責任をとらないのは誰ですか。
野放しに黙っているのは誰ですか。

放射能で人生を奪われ、放射能で人が死に、放射能で悩ませられています。
決して「ハッピーフクシマ」など、わたしにとって、全く腹立たしい内容です。

放射線被曝で染色体異常が一度でたらその後の子供らは取り返しがつかないミスコピーが遺伝していくのに、ほとんど回復と言われ、「じゃあ大丈夫、過剰に怖がる必要ない論」こそが「危険」なのを、忘れていると思います。「過剰に怖がるな論」ではなく、真剣に話し合うべきです。

安全神話やめてください。

ハッキリ言う、本当のことを言う、それでこそ「信頼」は、勝ち取れるものだと思います。それがどうですか。責任者は逃げる。汚染水は垂れ流しだんまり。中間貯蔵施設だなどと福島をゴミ箱にし、原発事故はいつ終わるのかさっぱり見通しがつかず計画は伸び放題。これのどこが、「安心安全」でしょうか。

無理もたいがいにしてください。
そんなことより責任をしっかりとってください。
「過剰に怖がるな」ではなく「責任とれ」と言ってください。
本当に、うんざりです。

「風にたじろがず日々を生きる ~ 5回目の3・11によせて ~」 酒井政秋

2011年3月のあの日からもうすぐ4年。

未だ置かれている状況は『避難』という中の非日常のような日常を送っている。

いつ日常という平穏な暮らしに辿り着けるのだろうか。

4年という月日で自立再建の決断をそれぞれ迫られている。

その中でいつも心は揺れ動き定まらない状況だ。

「安住の住まい」とは、プライバシーが守られ、日々の中で最も落ち着く空間でなくてはならない大切な場所。そこが未だないというのは落ち着かない。

日々、仮設住宅では救急車のサイレンや隣の足音や物音の中で生きるというのは、心を乱される。

飯舘村で育ち暮らしてきたものにとって『音』の変化でもあったと思う。

飯舘村にいるときは鳥の鳴き声、カエルの鳴き声・川のせせらぎ、風の音それが生活の中での『音』だった。

そして、その『音』は四季を感じるとても心休まる当たり前の音だった。

 

原発事故というのはひとり一人の人生や生活を一変させ、住み慣れた環境だった故郷を汚染された。

確かにそこにあっても、自由に入ることが出来ても『生活』ができぬ土地になってしまった。

原発事故前の暮らしは二度と元には戻らない。

あの日あの時の厳しくとも心は豊だった暮らしは、思い出でしか味わえない。

未来へとゆく者として原発事故は日本のどの地域においても、世界のどの地域においても起きてはならない事だと思う。もう歴史は繰り返されてはならない。

 

風が運んできた放射性物質。

いつもわたしたちはこの4年、

ある意味で風に心を乱され続けた日々であった気がする。

風潮であったり風化であったり、良いも悪いも常に取り巻く風がある。

追い風にも向かい風にも成り得る風。

その風にたじろがぬように。

 

歴史の中で人は誰かが最先端として作ったもので、時を経てまた別の関係のない誰かが苦しめられるという現実がある。

そんな歴史の繰り返しで良いのだろうか。

いつもこの時期はやけに大きなプレッシャーがのしかかる。

そして

結びに2011年3月11日から現在まで多くの尊い命が旅立たれた。

人・ペット・家畜・自然

静かに深く祈りたい。

 

 

2015年3月5日 飯舘村の風景

2015年3月5日 飯舘村の風景