国会へ行く~2015.8.30安保法案反対デモ   伊藤千惠

今日は全国370箇所一斉デモ。法案の参院採決が目前である。
国会議事堂前にはいつもに増して、いや数倍の人たちが集まった。地下鉄の国会議事堂駅では出口を制限され、多くの人たちが構内にたまっている。
私は霞が関駅まで移動し、遠回りをして国会前をめざした。

いつものように警察が歩道から一歩も出ないように規制をするが、とうてい歩道内にはおさまりきれず、車道側へ自然に人が流れだし、規制線は決壊してしまった。

車道に人があふれだし0830_05

こんな感じで国会前が埋まる。(毎日新聞社の空撮写真)
車道にも両脇の歩道と公園の中にも人がぎっしり
CNqwKlMUkAAVcpQ

最前列に近いところまで行くが身動きがとれず、数か所で同時に行われているシュプレヒコールがものすごくスピーチの声も聞こえない。
しかし、子供や車いすの人や移動する人のために声をかけあって場所を確保するなど、参加者のマナーがすばらしく、満員電車のような不快感は少しもない。
0830_06
0830_07

ステージ上では、野党党首がそろって手をつないだり、作家の森村誠一氏、坂本龍一氏がスピーチに立ったらしいが、ほとんど聞こえず見えない。
しかし、そんなことよりも今日ここにいた人たち、見ず知らずの誰と話をかわしても自分たちのこととして政治をとらえ、さまざまな問題を共有しているという見識の高さに感動した。
政治的イデオロギーなぞ関係ない。個人の意思で来ている人たちだ。自分たちの国のありかたを心から危惧する人たちだ。

歩道では心ある創価学会員の人たちが署名を集めていた。勇気ある行動に心から尊敬する。
0830_04

いろんな人たちが参加している
0830_01
0830_03

わが家の猫は組合に入っているのか?
0830_02

猫も再稼働反対!
0830_08

参院での審議が続き、与党は9月11日採決をめざしているといわれている。気は抜けない。私たちは自分たちの意思を表明し続ける。

 

私の戦争論 吉田邦吉

私は思う。

何の証拠もないので信じてもらえないと思う。
あくまで仮説として。

部分戦争なら何が驚異だろうと、
支援だろうと、武器を税金で消費できる。

それを、
互いの国が戦争ストーリーを、
結託してしていたらどうか。

儲かるのは重工業と国。
命を供出するのは庶民。

まるで震災原発事故と同じ。
国と国が真面目に正面対立の時代か?

戦争は仕込みで起きる。
戦争はビジネスで起きる。

ミサイルが飛んできていたその
タイミングや情勢を見てほしい。

私達には「敵国」が本当に居るのか?
私たちからむしりとるのは誰だ?

敵は本能寺にあり。
私はそう思う。