書の海を漂う~乱読日記*その二  うた新聞 九月号   伊藤千惠

IMG_2481「うた新聞」九月号  いりの舎 2015.9.10発行

うた新聞は短歌総合誌である。毎月、タブロイド判の新聞が送られてくる。
時節にあった特集を組み、私のような素人にも短歌に親しめる内容になっている。

はっとしたのは、巻頭評論の『小野茂樹の時代「幼形成熟」としての口語』 山田航(かばん)
(注:カッコ内のかばんは短歌結社の名前) のなかの一文。

― 戦後の日本は、高度経済成長期までは「若い国」だった。実際に国民の大半が三十代未満だったのだ。「未熟な言葉」をロールモデルとする実験は、成熟に価値を見出さない価値観の誕生を反映していた。 ―

これは小野茂樹という33歳(1936-1970)で夭折した歌人について、戦後の文語から口語短歌へと推移していく運動の経緯を論じたものである。彼のもつ口語精神を「幼形成熟」というワードで語られていることを興味深く感じた。
短歌というひとつの文芸スタイルにとどまらず、『「幼さ」をはらんだ言葉が戦後日本の「リアルな言葉」として受け入れられた』ときから、さらに高度成長期を経て、「成熟に価値を見出さない価値観」は、ひらたく日本人全般の身についてしまったかのように思える。
むろん、山田航氏いうところの「成熟」は内的なものを指しているのではなく、私が勝手に社会現象として敷衍しているのではあるが。
成熟とは逆ベクトルの、客観的合理的批判精神をどこかに置き忘れたきたかのような昨今の大人たちは、幼形成熟という芸術的昇華地点には無縁なまま、ただ生産性をあげるマシーンたることに血道をあげているように私には見える。
短歌の様式の話とはずいぶん逸脱した。

成熟をはばむもの   伊藤千惠

7月17日、安全保障関連法案の強行採決に対する国会前での抗議集会に行ってきました。
法案は集団的自衛権が大きな争点でしたが、現憲法では集団的自衛権が行使できないので、今までの解釈を変えようというもの。
しかし、自民党が2012年に策定した憲法改正草案についてのQ&Aでは、「9条1項・2項の全体」の解釈により行使できないので、現行2項を削除して新2項で改めて自衛権の行使には何らの制約もないように規定したと書いてあります。はっきり、違憲なので法を変えると言っているわけです。
改憲はハードルが高いので、現行解釈を変えようというのはずいぶん乱暴なはなしであり、本当に集団的自衛権を行使してアメリカの防衛費を軽減させる必要があるというのであれば、憲法改正を国民に問うべきでしょう。そもそも集団的自衛権は他国をまもることで、自衛のためという理由はおかしいし、議論をつくしたとも思えない。
誰が総理であれ、とてもいやだと思っていたので、採決されてしまったということで、そんなものはのめないという意思表示にいきました。

抗議集会、抗議デモは国民が持つ権利のひとつであり、道路を占有する届けを事前に出します。
国会議事堂前の建物をぐるっと囲む四周の道路は封鎖して、正門前に対面する歩道にステージがもうけられ、主催者のシールズの人たちがスピーチやコールをしたり、議員や学者、ジャーナリストなどのゲストがスピーチします。
3メートルくらいしかない歩道をコーンでしきって、一方に参加者がたまり車道側は人が通行するためにあけておくようです。
kokkai_09

人がたまるスペースがないので、細く長く歩道に人が並び、まるで行列のできる国会議事堂のようです。途中に給水所もありました。
kokkai_08

清志郎のCDをガンガンにかけている人も。
kokkai_06

ステージに近くなると人がぎっしり。若い人が多い。報道陣もたくさん来ていました。
kokkai_01

kokkai_04

抗議の内容はネット上でたくさん拡散されているので、ここではふれません。
実は、私がこの日一番感じたことは抗議の内容ではなく、過剰警備とも思える車道側にもうけられた鉄柵と、終始「たちどまらないで下さい、押し合うと危険です!」という警察官の呼びかけと、狭い歩道におしこめられたことからくる閉塞感でした。
まあ、大人数が集まり押し合う危険性もあるでしょうし、車道は原則として使わないというのは理解できます。暴徒と化す可能性はほとんどない性格の集会ではありますが、可能性がゼロとはだれも言えない。いたしかたないことと思いますが、なんだか自立した大人としての扱いではないという気がしたのです。
これはデモや集会に限ってのことではありません。駅のホームでひっきりなしに流される放送や、たばこやに書かれているリスク、電化製品を取り扱う際の注意など、成人であれば一般的に理解していることを、注意は与えたからあとは何があっても自己責任ね、とでもいうようなスタンスは、未熟な社会の証左である感じがするのです。いわば過剰なおせっかい社会は成熟した人間を育てる環境にはほど遠いような。
そんないろんなことを感じた日でした。

帰りぎわ、取材に来ていたロシアのメディアの方に少しお話しをうかがいました。
ロシアの国内向けに世界中の情報を特派員が伝えるそうで、3時間撮影したものを4分くらいに編集されるとのこと。
彼は、ロシア国内では日本人全体が軍国主義に戻りたいかのようにとらえられているので、現政権に反対の人たちもいるということを伝えたいのだと話してくれました。
福島にも取材に来てくださいと言うと、2012年に警戒区域に行った、今はとても複雑な状況なので、明るい話題がないとね、とちょっとことばを選んでの話でした。
kokkai_03

kokkai_02

なにか社会全体がきゅうくつな、非生産的なものを疎んじるような雰囲気につつまれており、それが成熟するということをはばんでいる気がしてならないのです。