避難指示解除にあたって思うこと・考えること 酒井政秋

原発事故から7年目の避難生活も3月31日には帰還困難区域を除き避難指示解除となる。しかし問題が解決したからではない。未だに除染をしてもなお1μ㏜/hのところも数多く点在している。安全にというには程遠い。この避難指示解除に至る経緯について村の説明によると原子力災害対策本部長(安倍首相)へ要望書の提出(平成28年4月5日付・村と議会連盟提出)し村が政府に要望したという形で決議された(※1)。大半の村民は解除の一報に唖然としたことだろう、それは村民に周知する前の解除の一報だったからだ。いつもそういう大切な事案は決定されてからの説明会及び懇談会を開き、ただ決議された内容を話すだけの何とも奇妙な説明会や懇談会が行われる。そんなことが6年も続いた村民は疲弊をしてしまっている。それは、自ずと国の思うつぼなのかもしれない。当事者を疲弊させ、「言う口」を減らした方がスムーズに物事は進んでいく。そうして6年の間に切り捨てられてゆく村民を目にしてきた。

「どうせ・・・」「しょうがない・・・」そんな言葉が蔓延しているのは確かだ。

4月からは村に帰らない人は自ずと避難者から「自主」避難者となる。
村からも何れは切り捨てられるだろう。
けれど、我が故郷は飯舘村に違いはない。
飯舘村はのどかな村だった。
飯舘村は放射性物質にも汚染されたが、この6年で国にも汚染された。
村と国はズブズブの関係を築き、今まで村民が築きあげたものを次から次へと壊していった。
このまま壊されたものを諦め、見なかったことにして飯舘村として見過ごして果たして良いのだろうか。
小さな田舎社会というものはしがらみがある、けれど、今まで築きあげたものを押しつぶされて、それすらなかった事にされてもなお、頑張っぺ!なんて言えるのだろうか…。

村の行政区総会説明資料(※2)によると、前年度より2倍を超える212億3500万円と過去最大の予算額だ。その内容は、学校等再会整備事業・スポーツ公園整備事業・復興拠点エリア整備事業・被災地域農業復興総合支援事業などの事業により、昨年度と比較し120億7700万円の増であり、その中で、復興対応事業分は約177億円と予算全体の約83%を占めるという。

それが飯舘村らしいやり方なのだろうか…?

つつましく、あるものを活かし、自主自立で「までい」な生活をスローガンとしていた村が次々とハコモノを建てたり、整備したり。戻る村民の負担にならないだろうか。確かに6年放置された建物は老朽化して使えないかもしれない。けれど、それだとしても、あるものをリフォームして使うことだって可能だったはず。そのツケは未来の村民に重くのしかかってくるはずだ。維持費や経費などを考えると莫大な費用はかさむだろうに…。

それで果たして「飯舘村の復興」というものなのだろうか個人的には疑問である。
わたしだってこんなこと好きで説明会などで言っているわけでもないし、書いているわけではない。
黙って見ざる聞かざる言わざるをするほうが楽だ。しかし、それは未来への棚上げではないのだろうか。
何れは未来の村民に振りかぶって苦悩するのではないか。だとしたら第1当事者が言い続けなければならない。そして、綴り残さなければいけないのではないか。
原発事故というものは途方に暮れる問題だ。
しかし、このまま解決していない問題を解決されたようにされていいのだろうか。

これから起こるかもしれない実害と日本が抱えている社会問題の縮図がこの村に襲い掛かってくるだろう。

限界集落・高齢化・介護・孤独死・少子化・村の存続など多岐にわたる問題とこの原発事故による低線量被ばくの問題・健康被害・風評という実害。

元の村民らしい生活ができるわけではないのだ。どこかで我慢しながら生活をしていかなくてはいけない村になってしまう。

自然と共存・共生してきた村は、もうそれはできない。生態系は崩れ、民家にまでイノシシや猿が来ている。6年、人を見なくなった野生獣は「境界線」が無くなっている。まずはその境界線対策を練らなければならないだろう。四季折々の山菜はもちろん食すことができない。畑で作る野菜もその都度計測しなければ食べれない。そして、村民にはガラスバッチをつけ、積算線量を計測しなければそこでは生活できない。介護の問題もある。村では介護を受けることができない。なぜなら、介助する人員がいないためだ。

これが現実問題なのではないだろうか。

非常に目に見えないものに抑圧された生活となるのではないか。

それでも解除が喜ばしいことなのだろうか。

現実よりも幻想の中で、生きる為政者たち。

その幻想は現実村民の苦悩にならなければ良いなと切に思う。

本当の問題解決までにはあと何十年…いや何百年かかるのかもしれない。

100年先、200年先、300年先にあの大地がそこに住む人々が輝きを取り戻している事を希望にしながらこれからも伝え遺していきたい。

 

iitate

 

 

 

※参考資料 1)村民自治会懇談会資料より引用 2)平成29年度行政区総会説明資料より引用

【特集 熊本地震:1】私にできること。それは伝えること。  酒井政秋

熊本地震が起きてからずっと自分に何ができるのだろうと考えていた。
そして、今回、ニュースや新聞紙面で見るよりも、自分の目で視てこようと思った。
6月23日、熊本の友人の繋がりで、西原村へと向かった。
西原村ではボランティアセンターで活動している青年に村の状況を案内していただいた。

西原村は熊本市から東へ約20km、熊本都市圏と阿蘇カルデラ(南郷谷)の間にある。阿蘇外輪山の西麓に位置し、原野と森林が多い緑豊かな村で特産はカライモ(さつまいも)などである。
そこに2016年4月14日21時26分の前震(震源の深さ11km、マグニチュード6.5)と4月16日1時25分の本震(震源の深さ12km、マグニチュード7.3)と2度にわたる大きな地震に見舞われた。

まず、最初に案内していただいたところは、5月いっぱいまでテント生活をしていた避難場所だった。そこは元々芝生畑で、畑を避難所として使っていた。今はそれぞれの家の庭にテントを張って生活しているという。
青年は、その場所に応援メッセージボードと一輪の花を被災者やボランティアで来た人たちと植える「ガレキと一輪の花プロジェクトFlower for Nishihara」という活動をしている。この活動を始めるきっかけは、「何か残しておきたい。花は日々成長するので、この花を見て時間の経過や前に進んでいるっていう事を感じてもらいたい、そして、メディアからも注目されなくなってきているので、注目してもらえるようにという事もある。ボランティアの方々が、この地に花を植えたことで、その経過を見にまた、西原村を訪れて、今度は観光で来ていただけたらな。」と語ってくれた。

このプロジェクトのホームページにはこんなメッセージが書かれている。
「どうやったら西原村は復興したと言えるのだろうか。仮設住宅が必要なくなった時か、西原村の人口や経済が元の数値に戻ったときか。何度話会っても答えは出なかった。けれども、そのときはみんなが笑顔になっているはずだ。そのために僕らに何ができるのだろう。計り知れない課題に途方に暮れそうになった。壁の高さを量るのはやめた。逃げ出しそうな足で、小さくともいい、一歩を踏み出すことにした。その一歩として花を植えることにした。一輪の花を。それで、誰かひとりでも笑顔になればいい。きっとそれが復興だ。」
その思いを胸に毎日、花を植え続けている。

避難所跡地に花を植えてる

避難所跡地に花を植えてる

わたしもささやかながらメッセージとお花を植えてきた。

避難所だった芝生畑の前に植えた花とメッセージボードその後、西原村の倒壊した家の木材や使えなくなった生活物の一時仮置きになっている村民グラウンドへ案内していただいた。そこは元々、村民が毎年夏まつりをしていた場所だった。
山のように積まれたがれきで住民の思い出のグラウンドがいっぱいになっていた。地区の思い出の場所の変わり果てた姿は、村民にとってどれほど心が痛い事だろうと思う。一日でも早く、そのがれきが片づき、また、夏祭りをこの場所で開催できる日が来ればいいと心から思う。

村民グラウンドのがれきの山

村民グラウンドのがれきの山

そして、被害が大きい布田地区に向かった。そこの光景はまるで色のないモノクロの世界だった。わたしは思わず息をのんだ。道路は壊れ、その両脇には傷ついている家々が並んでいた。この地区の家はほぼ全壊扱いの家がほとんどで、避難指示が出ており、ここでの生活再建は厳しい状況で村は地区の集団移転を検討している。

西原村布田地区の被害の様子

西原村布田地区の被害の様子

西原村では、中学校の体育館や福祉施設にまだ多くの避難者が生活をしている。外には仮設の簡易風呂もあった。避難所にはエアコンも設置してあり、間仕切りもしてある。震災当初は水が使えなかったので、プールの水を使っていたこともあったそうだ。そして、体育館をまだ避難所として使っているため、バレー部の生徒が外で練習をしていた。そこには笑顔があった。その笑顔をみて少しホッとした。
そして車は山間部に向かった。
今季の梅雨前線の影響で、地震で地盤が緩んでいるところに大量の大雨が村を襲った。山が崩れ落ち、田植えしたばかりの田んぼに、土砂が入り込んでいた。地震での被害で相当心身ともに疲弊している状況でのこの土砂災害は相当堪えたはずだ。

倒壊した家並みと遠く山崩れ

倒壊した家並みと遠くの山崩れ

今、西原村はプレハブ型仮設住宅と長期避難用の木造住宅の建設が急ピッチで進んでいる。
本格的な台風シーズンを迎える前までに、仮設住宅の入居が急がれるところだ。

最後に、案内してくれた青年はこう言った。
「今回の地震は甚大だったので、元の状態にはもう戻らないと思う。時間はかかると思うが、これからは新しく魅力のある西原村を作りたい。震災前までは「村」という事もあってあまり外向きではなかったような気がしている。実際外部との摩擦もあったりしたので、来たい、行ってみたいと思う西原村を作り、もっともっと地元民と外から来る人との交流を増やしながら、開かれた西原村にしなければならないと思っている、それが本当の意味で西原村の復興になるのではないかと思う。」と。

西原村の豊かな自然の風景

西原村の豊かな自然の風景

地震による被害と、集中豪雨による被害での心労は、被災された方も支援されている方も計り知れないと思う。
今、私にできることは現地を見て、それを“伝えること”だと思った。

しかし、これが西原村の全てではなく、私が見聞きしてきたものに過ぎないが、メディアでは伝えられることが少なくなってきた今、なおさら、熊本に目を向ける必要があるのではないだろうか。熊本とひとくくりに言っても、被害がさほどひどくないところと壊滅的なところとで様々な問題が浮かび上がってきている。震災前までの見ないようにして来た地域の問題や地震の被害のグラデーションによる問題など、現地の人に聞けば聞くほど、問題は地震の被害だけではないことにも気づかされた。

西原村は熊本地震で初めて認識した場所だったが、またいつか訪れてこの目でどんな魅力のある西原村に変わっていったのか遊びに行きたい。

そして今回ご多忙中の中、ご案内していただいたボランティアセンターの青年と友人に感謝の意を表したい。

これ以上被害が拡大しないことを祈りたい。被災された皆様も心が疲れたら休息しつつ、自分の歩幅で確かな1歩を歩いていって欲しいと切に願う。

ようやく戻れた町…まだ戻れぬ町を歩く(下)  米田博

(中巻から続く)

2016-01-03-21-08-05_deco長い坂道をのぼりながら楢葉の竜田駅へ向かう

福島第二原発の社員専用と書かれたバスを何度も見る

乗っているのは、1人か2人…

なんだかなぁと思いつつ歩いた

15時の水戸行きの電車に乗り込んだ。

広野、いわき、そして水戸

どんどん乗客が増えていった。

耳に聴こえてくる言葉が福島弁から茨城弁にかわる

福島から離れていくんだなって感じた

2016-01-03-21-09-35_deco

お腹が空いたから駅のすき家に入ってカウンターに座った。座ってびっくり、私以外、カウンターに座っているのはインド人。インド人がすき家のカレー食べてる。甘くて口にあうのかなぁ

2016-01-03-21-10-52_deco

また、電車に乗り込んだ

人が多く座れない。足が痛ってぇと思いつつ

こんなに人がいるんだ…

人がいない町を見たあと

この差に戸惑う

2016-01-03-11-39-55_deco

東京駅で降りてみた…

2016-01-03-22-38-45_deco

2016-01-03-23-41-27_deco

薄気味悪い空に高層ビルが建ち並ぶ東京

澄みきった青空のもとにひっそりしているまだ戻れぬ富岡

同じ日本なんだよね…

被災地を置き去りにして、私の故郷の鹿児島では2基の原子炉が稼働している

偉い人が口にする福島の復興…ますます意味がわかんない

復興すべきは、この薄気味悪い空の下の

人の心じゃないのかな…

ようやく戻れた町…まだ戻れぬ町を歩く(上)  米田博

2016-01-02-00-47-13_deco
2015年12月31日

鹿児島から東京にでてきて4ヶ月…

日々の仕事と生活に揉まれ流され…

現実を忘れそうになっていた。

それを取りもどそうと青春18切符で電車に乗った。

東京じゃ、座ることもできなかった電車も終点間際になると貸切り状態

2016-01-02-00-47-46_deco2016-01-02-00-48-10_deco6時間かけて着いたのは、福島のいわき

フクイチから30km、そこには、普通の暮らしがある…

2016-01-02-00-49-18_deco2016-01-03-16-00-26_deco2016年 元旦 8:50

常磐線の突当りの町、楢葉町へ向かった。昨年の9月に避難解除された町

ようやく戻れるようになった町…

暖かい元日の朝、降り立った町はとても淋しく人気が少ない…

道ばたで老人とすれ違う…「お前…誰だ…」というような目で私を見ていた。

小さい女の子と散歩していた老人…ボールを拾いに私の方向にきた女の子に「そっちには、行くな」と声をかけた。

見知らぬ顔が歩いているのを見れば

まぁ、そうかもね。

2016-01-02-00-50-46_deco2016-01-03-15-58-20_deco2016-01-03-15-58-53_deco2016-01-03-17-01-44_deco2016-01-03-17-00-18_deco2016-01-03-16-59-36_deco現在の町の人口は7364人。帰還した人の数は1割ほど

103.64 k㎡ある町で人気を感じるのには少なずぎる数

2016-01-02-00-51-15_deco2016-01-02-00-51-42_deco西には、阿武隈山系が美しく

川の水もとてもきれい

自然豊かな町     楢葉

所々で上がる線量…

仮設のスーパーがひとつ、コンビニが2つ

病院はなく、町内の小中学校の再開時期も平成29年4月

ここ普通に生活するには…

国のお偉いさんが「復興!復興!」とよく口にするが…

復興って何なんだろうね…

(中巻へ続く

「 闇 」米田 博

 

2015-08-03-09-02-27_deco分断…

福島の「闇」

帰らぬ若者…復興を声にする残った人達

同じ県民、近くの隣人が敵のような存在になってしまう…

会津…中通り…浜通り…

南相馬の住民と双葉や大熊の住民のあいだにも溝…

元々、新山町と長塚村だった双葉町、この間にも溝…

実際にこの耳で「となりにはお金を落としたくない」とういう声も聴いた…

「どこどこの誰がいくらもった」とういう探りあい…

そして20キロライン…30キロライン…

故郷を離れた…離れないの分断

2015-08-03-09-02-02_deco2015-08-03-09-01-43_deco2015-08-03-09-01-29_deco2015-08-03-09-01-12_deco2015-08-03-09-00-57_deco

出身地での補償金の違い…

地方特有の人間関係…

少ない年金での日々の生活、幸せな生活が永遠に戻らない辛さから進めないでいる日々…

地震がきた…

津波がきた…

原発の事故がおきた…

2015-08-03-09-00-13_decoそして 時が経てば… まるで見殺しのような日々

圧倒的に声をあげる事になれていない住民

ただ普通に暮らしていたことが 崩されてしまった中で、なすすべもなく 途方にくれたまま…

放射能の怖さは、ここで日々を暮らすなかで自然と感じないものになっていって当たり前…

怖いなと思う事を封印するなかで放射能がないものになっていった…そんな感じなのだろうか…

故郷が全く別物になってしまった苦悩

これは、ずっと続く…

「川内再稼働…とんでもない」「俺達みたいになるぞ わかってないんだな 」という寂しげな声は…

表に出ることなく

この被災地に沈んでいる…