7年目の原発事故避難生活(序章) 酒井政秋

   <序章>

2011年に起こった東日本大震災とその後に起きた原発事故からまもなく6年が経とうとしている。問題は果たして解決へ向けて進んでいるのだろうか。何か置き去りにされていないだろうか。
3月11日に向けて、これから幾週にわたり各章ごとに区切って伝えていきたい。

序章では、あの日から今までについて軽く触れておきたい。

第1章は。村民の声をお届けする予定でおります。

最終章では、あの日から今まで、そしてこれから未来への個人的な体験と展望、思いを書くつもりでいる。

では、あの日から振り返ることにしよう。
2011年3月、飯舘村一帯が高濃度の放射性物質に包まれ、大地は汚染され、そして人々は何も知識がない放射性物質による汚染によって飯舘村でかなうはずだった未来も、その地での生活さえも一瞬にして奪われた。国は年間積算線量20ミリシーベルト/年を超えるとして同年4月11日計画的避難区域に指定した。しかし、いろんな事情や状況で避難が遅れ、飯舘村の住民は初期被ばくを浴びることになってしまった。わたし自身も、ペットの問題や高齢者を抱える家族など様々な状況で、避難できない状況にいた。仮設住宅ができる7月まで、ほとんどを飯舘村に居るしかなかった。今、思えば、この時に無理にでも避難していれば、体調の悪化は避けれたのではないか。これまで6年間大きな病や小さな体の変調との闘いの日々だった。それでも、わたしは生かされた者として、飯舘村の現状を発信できる場で、発信し、村民と傾聴、小さな声を政治家に届ける事、ワカモノ・村民との対話など、様々な角度から、この困難を一つでも解決するように、いや、今考えると、とにかく必死だった。それをやっていることで生きる事を感じていたのかもしれない。しかし、次から次へと現状は刻々と変わる。政権交代、行政との溝が深まっていく、放射性物質の考え方や価値観の違いからの意思疎通の困難さ。時には、脱原発・反原発の活動をしている人からの罵声や脅威にも感じるほど責められることもあった。また、逆に(福島は)安全だ。という人からも時には責められた「風評を煽ることは言わないでくれ。」「あなただけが当事者ではない。」なども言われた。誰も間違っていない。誰にだって守りたいものはある。それは分かっている。どちらも「守りたい正義」なのだから。けれど、わたしは実害しか話していないし、書いていない。正義と正義のぶつかり合いは何も生まない。お互いを尊重し、議論をすることが一番必要なはずなのに。それができない現実。

なぜ理不尽に叶えたかった未来も人生も奪われて未だに真摯な謝罪も加害者である東電や国からはない。そして社会的責任をとらない。いや、意図的に取ろうとしないことは過去の公害歴史を見てもわかる。
あの日、一瞬世界が止まった原発事故をも現在、忘れ去られようと感じるのはわたしだけだろうか。この3月末で飯舘村も帰宅困難区域を除き避難指示が解除される。しかし、この解除間際になっても、細部にわたる具体的な方針は行政側から提示されないままだ。提示されるのは、帰らない村民・帰れない村民は、いずれ切り捨てられるということだけだ。わたしたちは好きで避難をしたわけでもないし、好きで村外に住むわけではない。根本的な問題が解決していれば気持ちよく帰村を受け入れたであろう。しかし、放射線量はまだまだ低下せず、除染をしても、完全に放射性物質は消えない。特に私の住んでいた実家は山の中。線量はいまだに1マイクロシーベルト/毎時を超える値だ。わたしは帰らないという選択をしなければならなかった。
これからは村外に住む村民は飯舘村民とは見なされない日が近い将来来るであろう。

わたしたちは「飯舘村村民 避難者」から「自主避難者」となるのだ。

これからますます、発言しづらい空気感が強まるだろう。

本当の「沈黙」が訪れさせないために。

小さな声でも伝えていきたい。微かな声になっても伝えていきたい。

わたしの発信の場であるWELTGEIST FKUSHIMAにて。

序章のおわりに
この場を運営してくれる編集長はじめライターの皆さんに感謝の意を込めて。

撮影:筆者

撮影:筆者

おもうこと  酒井政秋

来年の3月末に飯館村は形の上では避難指示解除になるが、やっと飯館村に戻っても、決してホッとはできないだろう。その土地から放射性物質が消えたわけではないし、この5年は無自覚なのか自覚的なのか分からないにしろ避難場所の環境に身体も心も定着してしまった。
若い人は、まだまだ環境適応能力がある。しかし、中年配者にとってみれば、避難した時と同じだけの環境適応ストレスがのしかかってくる。
それは、たとえ飯舘村に帰る人にとっても、または別の場所で移住を決めた方にとってもそのストレスから逃れることはできないのだ。
私の祖母をはじめ、多くの方から耳にする言葉は
「やっぱり仮設(住宅)に来ると落ち着くなぁ~」
そういう意味では5年という時の重さを感じる。
仮設住宅がもう我が家になってしまっているという事なのだと。

来年3月に避難指示が解除されたからとて、決してストレスは減ることはなく、また別の質の新たなストレスや問題が村民一人ひとりにのしかかってくる。

そして、また避難の時と同じように、仮設住宅と次の住む場所とを行ったり来たりの生活で徐々に馴れていくしかない。

そう。馴れていくしかないのである。

この原発災害は避難が解除されたからといって、すべてが解決する問題ではない。
原発事故は、今まで築きあげたコミュニティも、人々も、自然にさえ、過酷な状況しか産まない。
そんな災いは一度きりでもう充分である。
どうしても世間では前向きな報道しか表に出てこない。もちろん、苦しい時を経て、前向きに頑張っている人の事を否定しているわけではない。それもまた事実ではあるから。
けれど、ネガティブなこと、見落とされた事実などはなぜか情報が統制されたかのように、意図的に書かれているのもまた事実ではないだろうか。
例えば「飯舘村来年3月に避難解除」と新聞の一面と飾ったときのことを思い出すと、住民懇談会の前日にその報道がされた。そして、あたかも、その一面の見出しは避難が解除されて問題解決しましたよ。と言わんばかりの紙面の見出しだ。
その陰で、住民の困惑したこすらも見落とされているのをどれほどの人が知っているのだろうか。
きっと避難指示解除になったら、もう解決したとみなされ、終わったことのように扱われるのだろう。けれど、それで問題は全く解決しない。先に述べたように、また新たな問題が出てくるだけの話だ。

綺麗事で終わらないのが原発事故なんだ。とつくづく思う。

この問題は当事者だけの問題なのだろうか?

あの原発を使っていた都市の問題でもあると思う。

年に数回、県外でお話をする機会を頂く。

そして、こんな質問をよくされる。

「わたしたちに何ができますか?何をすればよいのですか?」と。

その答えは、それぞれの心に、それぞれの置かれている環境の中にあるのだろうと思う。
その答えを自分で考えない限り、人は気づかないものであるとさえ思っているが、
あえてその質問に答えるとするならば

まずは身近からできることをしてください。という事ではないかと思う。

例えば、

・ゴミの分別や山林などの不法投棄問題。
ゴミ問題というのは、この消費大国日本にとって、大きな社会問題である。そうした裏で公害で犠牲になっている人がいるということを想像してください。そんな消費社会、資本主義社会、使い捨て社会ということは、電気もまた、消費しているということ。わざわざリスクあるもので都市の光を賄うことがそもそも大きな問題であったのである。その陰で、地方が今回犠牲になった証ではないか。

・自分で植物・野菜などを育ててみるといかに実がなるまで大変かが分かる。そして、食材に対してありがたみが分かる。
植物や野菜を育てることは、食材がスーパーに出るまで生産者は並々ならぬ愛情と苦労を重ね出来ていることをまずは知ってください。
そして、原発事故の時もそんな農家さんはせっかく育てた野菜や家畜、牛乳全てのあらゆる生命が廃棄されたり、そして避難の為に犠牲になったこと。農家や畜産家、家畜はどんなことを思いながら大切にしてきたものを廃棄や殺傷処分される家畜を見送ったのか。そのことを想像してください。

 

原発事故がおき、そして大地が汚染されるという事は、そういうことなのです。

一度起きてしまったら簡単に解決できないのが原発事故なんです。

そして、決して以前には戻らないのが原発事故なんです。

それでもひとは生きなくてはいけない。
そのためにはどうするか?と日々決断、迷い、苦悩しながら、それでも時は過ぎていくもので1日1日を考えながら生きていかなくてはならない。

もう1度、考えてほしい。想像してほしい。

貴方の街が、貴方の生活が、ある日突然、奪われたら、そして、そんなに簡単には取り戻せないことを知ったら、貴方だったらどうしますか?

天災も含めていつ災害が起きるか分からない昨今、そんな時だからこそ、今一度、自分の置かれている環境をみて、1分でも5分でも見つめる時間を持ってほしいと思う。