建てる手立て    吉田葉月

3回目のビヨンド自然塾の小屋作りワークショップにて。木に登る子どもと、小屋を建てる人々。参加者それぞれが無理なく好きなことをしているように伺えた。 (撮影:吉田葉月 2015年11月 山梨県北杜市)

3回目のビヨンド自然塾の小屋作りワークショップにて。木に登る子どもと、小屋を建てる人々。参加者それぞれが無理なく好きなことをしているようにうかがえた。

北杜市の小屋を建てるワークショップの第1回目に参加した私は、続いて3回目の同ワークショップに参加した。3回目は1回目、2回目の続きで、同地で開催された。
1回目の時に、子供たちが斜面に土と木で階段を作っていたのだけれど、こちらはだいぶ崩れていた。
今回メインの作業となったのは、外壁を張っていくことと、屋根の土台となるような部分を作ること。
外壁となる板材を大人たちがほぼ水平に壁面に乗せると子供たちが寄ってきて、一斉に「どどっどどっどっど」という音を上げて釘で板を打ち付けていく。私たち大人よりも小さな手で、体で、数人の子ども達が一斉にこれをやっている姿を見ていると、「どどっどどっどっど」という音とともに、喜びが湧き上がってくる。

ワークショップに行く前、そしてその後という間に流れのようなものがあるとすれば、それはこんなことだ。現在、知人と共同生活している、知人が親から譲り受けた昭和50年代に建てられた家は、外から入ってくる車の音が大きかった。それは生活に支障を来すくらい酷いものだった。それが嫌だった私は、自分の静かな空間が欲しかった。予算の関係もあって、家を借りることよりも「住むのではなく通って滞在するような隠れ家でいいから建てることができないだろうか」という可能性に向かっていった。

そこで、練習になることをしようと思った。インターネットの検索でビヨンド自然塾の小屋づくりワークショップを見つけた私は、学生の時暮らしていた懐かしの山梨県に出かけた。家を建てる手立てが欲しい、という欲求の湧き上がりが明らかになって、目的に向かって動く。…などと、そんなに難しい話でもなく、「うわーやりたい!やりたい!」という気持ちを認めて、既に動き出している人たちに合流してやってみる。そのワークショップを2度体験した。全部の回に参加したかったのだけれど、都合上全部は無理だった。けれども、私には「建てたい」時に「建てたい」思いを伝える言語が体に生まれていて、分からなくなったら教えてくれそうな近場に住んでいる大工さんと話すことができた。そんなこともあって、現在は、栃木県で、知人と共に住居とまでは言えない小屋のようなものを建て始めている。

私と知人で建築中の小屋のようなもの。(2016年1月 撮影:吉田葉月)

私と知人で建築中の小屋のようなもの。

私が一坪半の小屋のようなものを建てるという行為には、どんな場所ににどれぐらいの規模なら建てても大丈夫であるかを知るために、伝手を頼り近隣に住む大工さん連絡をとって助言を得るのに伺うことであったり、一見難解な境界線の地図を引っ張り出してきて、昔から住んでいて土地の境界に詳しい年配の農家と共に歩いたりすることも含まれたのであった。
建てようとするものは、大変小さな建築物だけれど、土地を決めると今度はなんだか間取りにこだわりたくなった。光の入り方をその場で感じようとしてみたりする。窓やドアはどんな大きさでどこにつけるのか検討する。木材をインパクトドライバーで打ち付けていくというような、道具を握って行う作業だけではなく、下見のために歩くことや、助言をくれそうな人を探すことや、土地の傾斜や太陽の動きを感じることを含めて建てることがあるのだった。

建築に関することに限らず、未だ体験したことのない「手立て」は、漠然とした不安が不安でなくなる手掛かりになりそうだった。

ビヨンド自然塾の小屋は、今頃どうなっているのかな。おおっ、なんだか素敵なことになっているみたい。

山梨県北杜市で子どもと大人が小屋を建てはじめた?!  吉田葉月

先日、山梨県で小屋を建てるワークショップに参加した。面白そうで、有りそうで無いものだから、その波に触れたかったのだ。「大人も子供も」、「家は自分で建てれるじゃん!」。なんだろう、このちょっと気軽な感じの宣伝。「建築に対するハードルを下げようとの思いで企画しました」って、素敵だね。しかも「大工講師」が来るんですって!いいかも!

ビヨンドのチラシ。北杜市と甲斐市の小学校でも配布されていて、それを見て当日集まった親子も多いようです。

ビヨンドのチラシ。北杜市と甲斐市の小学校でも配布されていて、それを見て当日集まった親子も多いようです。

うららかな秋の日。あらかじめビヨンドの室田さんが草刈りをしてくれました

うららかな秋の日。あらかじめビヨンドの室田さんが草刈りをしてくれました

10月18日当日、高速バスに乗って足を運んだ、小屋の建設地は、耕作放棄地のような樹木に囲まれた場所だった。
これから11月下旬まで毎週開かれる予定のワークショップの一回目は基礎作り。2×4工法で、6畳の家を建てる予定。

子どもと大人とで小学校の1クラスできそうなくらいの人数が集まった。神奈川で建築の仕事をしているとても屈強そうな感じの平沼さんがアドヴァイスをしてくれる。私たちはひとつひとつの工程の初めには平沼さんを見習い、真似しながら基礎を作っていく。初めて金槌を握るような手つきのぎこちない子どももいる。
それなりの足腰、馬力のある人もいれば、道具の力が大きく素材に伝わらないふわっとしたタッチの人もいる。ただ、一見非力に見えた子どもの動きを見ていると、じわじわと、鋸の運動は木材に伝わり、少しづつ切れ目が拡大していくのだ。

たくさんやってきた子どもたちの中の一部の子たちと言えば、気付くと2箇所の勾配に、それぞれいつの間にか階段を作っていた。これには驚く。杭をトンカチでトントンして、土を均し、まるで遺跡を顕わにするようにもその様子は見える。はじめは斜面が階段に見立てられ、やがてほんとうにその姿が現出してしまう。

気付くと子どもたちが階段を作っている!これは予定には無いし予想もしてなかったこと。驚いた!

気付くと子どもたちが階段を作っている!これは予定には無いし予想もしてなかったこと。驚いた!

休憩時間に、集まった人たちの声を聞いていると、生き生きとした口調で、国外の竹の家の話とか、モバイルハウスの話とか、割とライトな建築の話が聴こえてくる。表情にも活気が見える。
当日の作業も中盤以降に差し掛かると、大人の顔が序盤よりかなり解れて、山脈の方へ傾きかけている太陽の光を浴びて朗らかに話し、笑っている。笑いながら家を建てようとしている。この光景を私は初めて見た。陽のよく当たる小屋になりそう。

なかなか土台の高さが合わないところで個人プレーに陥っていたけど、数字と言うより、平行さを出現させればいいという到達地点を見直し、基礎が出来上がる。

枠を外すと、出来た!

基礎が出来た

基礎が出来た

山梨の中腹に基礎が建った。いやー気付くと人と山が眩しー。

山梨の中腹に基礎が建った。いやー気付くと人と山が眩しー。

測って切って打って掘って均して埋めて。こんな風に私たちの足元は作られているんだ、と、納得。

失敗した方が覚える、失敗してもいいじゃない、楽しくないと辛いから、という主催の室田さんの空気、平沼さんのおおらかな助言、きっとなんとなく全体を見てくれていたスタッフの方の空間で綻んだ建築体験は、心地の良いものだった。こうやって緩やかな感性の大人に出会って、その中でするのびのびとした家づくり。初めての体験。
個人的には、大工講師の平沼さんの背後にまわりこんでその動きを見れたのはとても良かった。足の置き方とか、道具の持ち方といった、構えと力の関係が、背後から見ていくことで伝わる。背中で語るとか背中を見せる、というのは酒の席の暑苦しい例え話ではなく、こういう事なのかもしれない。
室田さん平沼さんといった導きを下さった方々の存在は大きいけれど、こうして基礎が私たちの手によって建ったのだ。私に満ち足りた状態が訪れた。

例え始まりは微弱な動きであっても、物を作り、立ち上げて行く時間はなんと心地よいことだろう。そういうのが好きな人たちが集まるから、なんだか居心地がいい。

全ての回に行くことはできないけれど、完成したら泊まりに行きたいな。

ビヨンド自然塾 http://beyond-farm.com/