中筋純写真展<The Street View. Chernobyl to Fukushima>を見る   伊藤千惠

中筋さんはチェルノブイリ、そして福島県浜通り地区をずっと撮り続けている。
原発事故後の「流転」していく土地の姿。
事故の起きたその日の刻印が押されたまま、生活は途絶し、町は廃墟となり、少しずつ緑に浸蝕されていくプリピャチの町。
富岡町や浪江町、大熊町はまだ人の息づかいが感じられ、
ギャラリーの壁に広がる“ストリートビュー”さながらのパノラマ写真を前に私は困惑する。
時の浸蝕途上にある町の人たちがいる。
遠いロシアの地ではなく、自分の生活圏内に。
そのことをかみしめる。

うず高く積まれたフレコンバックや、富岡町の凄絶なる混沌とでもいうべきスーパーマーケットの写真が当事者のごとく訴えかけてくる。
jun_02

jun_04

jun_03
浪江町出身の歌人、三原由起子さんの短歌が中筋さんの撮った浪江町を背景にうかびあがっていた。
「二年経て 浪江の町を散歩する Googleストリートビューを駆使して」
jun_01

三原さんの歌集「ふるさとは赤」には、原発事故以前と以後の歌がおさめられている。
みずみずしい、十代の頃や結婚前の心うきたつような歌と
事故後の憤り、揺れうごき立ちどまるかのような思いの歌と。
ストレートなことばがあざやかに響き共振する。

「iPad片手に震度を探る人の肩越しに見るふるさとは 赤」
tanka01

銀座という華やかな消費地にて、ぜひとも東京の人に鮮烈なるFukushimaストリートビュー体験をしてもらいたい。

The Street View.
-Chernobyl to Fukushima-
銀座ニコンプラザ
2/3 (水) ~2/16 (火)
10:30~18:30(最終日は15:00まで)
休館:2/6(土)・7(日)銀座
https://www.facebook.com/events/1708451556066740/