7年目の原発避難生活 (間章)~あの日のキオクの断片~ 酒井政秋

あの日とは

2011年3月11日 14時46分のこと。

東日本が大きく大きく揺れた。

この世の終わりかのように揺れた。

(中略 発災当初は会社にいたが、皆家族の無事を確認するために仕事どころでは無い揺れだったので解散して自宅に向かう)

カーラジオからは大津波警報と叫んでいる。

焦った。家へと向かう車を何度も止めて、メールを送る。

また、揺れた。

余震が次から次と来る。

不安の中、

真っ暗闇になった。

飯舘村は停電。

ろうそくの明かりで、

夕飯を食べた。

その日食べたサツマイモの天ぷらやジャガイモの天ぷらの味が忘れられない。

夕飯を食べたとき、‟生きてる”ことを実感した。

涙が出そうになった。

必死で堪えた。明日を生きるために。

夜になっても幾度となく突き上げるような大きな余震が止まらない。

そのたびにストーブを消した。

ラジオでは、

ジィーーーーー、

”「まるでここはゴーストタウンです。このような光景は見たこともありません。」”

とラジオの向こうからアナウンサーの声。

おそらく浜のほうはもっと大変なことになっているんだな。

不安と恐怖・想像で震える体をおさえるように、布団に包まる。

ウトウトすると、また地鳴りが聞こえ、

大地を揺さぶる。

そのうち、うっすらと明るくなった。

わたしは外に出た。

東の空が夜空を押し返すように静かに明るくなった。

その時、思った。

「明けない夜はないんだな。」と。

 

しかし、

そこからがまた地獄の日々だった…。

何もかも奪い、大地を汚したあの事故が起きたのだ。

あれから6年経とうとしている。

ミエナイものはまだ、あちらこちらに点在している。

だからこその問題も積み重なってゆく。

海を見たくなったわたしは車を走らせた。

そこに広がる海は太陽にキラキラと輝いていた。

海に向かって静かに祈った。

 

 

撮影:筆者 2017/03/05の海

撮影:筆者 2017/03/05の海

 

揺り戻されたこゝろ 酒井政秋

うつろな夢の中で揺れている…。

夢じゃない!

やけに大きな地震だ。これは関東か?それにしても長いな。揺れは益々大きくなった。
急いで情報を集める。
震源地は福島沖だった。
原発が心配だった。津波の大きさによっては、また5年8ヶ月前より酷い状況にだって想定できる。
しかし…。
すぐに情報は出てこなかった…。
東電のTwitterには、「■お知らせ■11月22日午前5時59分頃、福島県沖を震源とするマグニチュード7.3の地震が発生しました。現在、この地震による当社設備への影響を確認しております。詳細がわかり次第、お伝えいたします。」とのツイートだけ…。

あの時、何をあの企業は学んだんだ。と唇を噛み締めた。

後から東電は情報をツイートしてきたが、その前にメディアからの情報のほうが早かった。

不安がわたしの身体を包み込む。

最悪の状況をいつも想定し、1日の最後には必ずガソリンを満タンにする習慣が5年8ヶ月前にわたしのルーティーンになっていた。
食料の備蓄もしておいた。

でも実際備えても、またあの日の経験をしなくてはならないのか?その不安だったのだ。

明日がまた平穏に訪れるなんて保障はない。

パソコンとテレビと睨めっこをして、とにかく情報を集めて備えた。
気づけば2時間同じ体勢で情報を集めていた。
その間、友人の無事を各々確認したり、心配のメール、コメントが次々ときた。嬉しかった。その皆んなの祈りが不安を緩和してくれた。徐々に冷静さを取り戻していた。

仮設住宅の知り合いに声掛けをした。
みんな「あの日」の地震にこゝろは揺り戻されていた。
精神的に落ちこんでいる人は、「テレビを見ると身体が震えてくるからつけられない。」

「まずは原発が心配になった。」

そんな声が聞けた。

みんな目の奥は5年8ヶ月前の3月11日になっているようにわたしからは見えた。

自分が無理だと思ったらテレビや情報は見ないほうが良い。ストレスになるだけだから。と声をかけた。

改めて思った。

東京電力という企業の体質は何ら変わっていなかった。
ただ、5年8ヶ月前と違うのはSNSが普及している面、東電の中でも発信をしてくれる人がいた。ということだけ。
しかし、SNSをしていない人にとっては情報開示が遅いことで心労が深まったのではないか。ということだ。

改めて東京電力各位には速やかな情報開示をこの場で求めたい。

避難者の心労はまたひとつ深まったことを再認識し、改心し誠心誠意ある態度で臨んでいただきたい。

政治家の皆様には、地震が起きる度に原子力発電所の心配をしなければならないこの不安を取り除いて欲しい。
不安が押し寄せるエネルギーは時代遅れではないでしょうか?
日本列島はいや、地球は活動期に入っていると昨今相次ぐ天災で思います。国民を守る立場において、経済優先ではなく国民の生命を優先させなければならないのではないでしょうか?
核というものに平和利用なんてあり得ないということにまだ気がつかないのでしょうか?
原子力というエネルギーからの卒業するという転換期がやはりきているのではないでしょうか。
再稼動の道ではなく、エネルギーの転換する道へと進んでいくよう働きかけ・提言をよろしくお願いします。

もう2度と同じ経験をする被害者を出したくない。

それを痛切に感じた今朝の地震だった。

 

引用文:「東京電力(原子力)Twitter」より

ヴェルトガイスト独自企画、Web2.0+民俗学「この国はどこへ行こうとしているのか 赤坂憲雄 毎日新聞 2015年3月11日」に、みなで寄せ書きしよう。

赤坂憲雄さんの記事を読んだ吉田邦吉編集長の投稿から
まとめきれていませんが、私の思うことをとりとめもなく書いてみました。

戦後の高度経済成長は、敗戦からの復興、国民の生活水準の向上というポジティブな面と産業公害による自然環境の破壊、中央一極集中による地方の疲弊など、ネガティブな面も日本にもたらし、私たちをとりまく環境を大きく変えてきました。

良い悪いということではなく、近代化という世界の趨勢なのでしょう。
環境の変遷は、私たちの内面にも変化を与えてきました。

山林を切り開いた高速道路やダムは、山の精霊や妖怪や口伝いで伝承されてきたものたちを「知識」や「書物」のなかに追いやってしまいました。
それは、西洋知をとりいれはじめた明治からあったのでしょう。

自然を畏怖する感覚、見えないものを感得する力は、自然と共存してきたことで育まれてきたのだろうと。
それは知識ではなく、感ずることでしか認識できないものです。
かくいう私も知識だけをあたまの中に格納しています。

けれども、人間に魂・スピリットというものがあるならば、それは近代化というような外的な事象で変わるのだろうか?と私は思うのです。
頭脳で知覚することと魂が感ずることの違いは、とても説明が難しく私の手に余るので割愛させて下さい。
ただ対立項でもなく併存しているものと考えます。
どちらか片方なんで人間はいませんから。

たぶん、道徳心や倫理といったものは、知識として教えられるものではなく魂の領域だと思うのです。
出自がどうとか、何をやっているとか、偉いとかださいとか、頭がいいとか悪いとか、富んでいるとか貧しいとか、すべての属性をとり払ったところの無垢の魂が感ずるもの。

地震と津波は、霊性や聖性を失った私たちに、魂で見ることを思い出させたのかもしれない。
生と死の境界が希薄になった場所で、魂を鎮めてくれるものを待っているのかもしれない。