山の恵みを奪われた暮らし2016 酒井政秋

秋、もう一度初心に戻り、この文章をあらためて世に送り出そうと思う。

以下の文章は今はもう存在しないサイトへ2013年に寄稿した文章だということをあらかじめ付け加えておく。

山の恵みを奪われた暮らし

今年もキノコの季節になった。飯舘村の避難から2年半が過ぎた。この時期になるといつも悔しい思いが強くなる。

私の祖母は山に行く事を震災前まで生きがいにしていた。その生き甲斐が原発事故によって失われた。単に山を歩くことが生きがいだったわけではない。春、木々が芽吹き、そして緑が増える頃、山菜が採れる。タラの芽、こごみ、ワラビ、すぐ近くに行けば沢山採れたのだ。

夏は畑で野菜のほとんどがスーパーに行かなくても収穫できた。秋になると松茸、イノハナ(正式にはコウタケ)、シメジ、マイタケ、数えきれないほどのキノコが採れた。その他にも沢山のものがすぐ近くに行けば採れたのだ。そして、それを食べるのはもちろん、近所の方におすそ分けをして共に喜ぶことだったり、また、遠くからキノコが食べたくて口伝えで買いに来られる方もいた。

そして、飯舘村の直売所は秋になるとキノコで一杯になる。紅葉を愛でながら、山へと行く祖母の姿はとても凛々しくもあり、活き活きしていた。祖母にとって、飯舘の人にとって山は生きていくうえで欠かせない「暮らしの一部」でもあり、「宝の山」でもあった。その暮らしが原発事故によって奪われたのである。

その事がどれほど大きい事か分かるだろうか。単に取れないだけの問題ではない。色も形も何ら変わりなく毎年山に出る。しかし、目の前にあるのに食べられない。香りは変わらないのに食べられない。ただ変わりがあるのは、測定された数値が示す放射性物質の値が高いという事だ。

生まれてきたときから山での生活をしてきた人にとって山の恵みを食べられないという事は、どれほどの事か。この償いを東電は認めようとはしない。生きがいの賠償・山での暮らしの賠償は未だ一切ない。お金に換えられないものは全く指針に示されず、そのお金に変えることができないここでいう「暮らし」が1番大事なことなのに。

1番安全な山の宝が今では1番危険なものになってしまった。その事の重大さは霞が関の官僚にわかるだろうか。利便性で簡単に得るものの満足と不自由な暮らしの中で見つける喜びどちらが正しいのだろうか。どちらが、未来を豊かにするものか我々世代が真剣に考えなければならないと思う。(2013年10月8日 筆者:酒井政秋)

 

我が家から見える野手上山

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

家から眺めたこの景色をもう二度と見れなくなる。

それは、この景色は我が家の2階から見えた景色だった。しかし来年には家を取り壊す予定だ。

そして、今年もキノコは何万ベクレルもの値が出ている。山の恵みは未だに、安心して食べれる状態ではない。たとえ低い値でも「測定」しなければ食べられるのか、それとも食べられないのかという煩わしいことをしなければもう山の恵みは食べれない状態になってしまった。山での生活の中で「食の安全性」の喪失ということはとても大きいことだと理解してもらいたい。

 

 

おもうこと  酒井政秋

来年の3月末に飯館村は形の上では避難指示解除になるが、やっと飯館村に戻っても、決してホッとはできないだろう。その土地から放射性物質が消えたわけではないし、この5年は無自覚なのか自覚的なのか分からないにしろ避難場所の環境に身体も心も定着してしまった。
若い人は、まだまだ環境適応能力がある。しかし、中年配者にとってみれば、避難した時と同じだけの環境適応ストレスがのしかかってくる。
それは、たとえ飯舘村に帰る人にとっても、または別の場所で移住を決めた方にとってもそのストレスから逃れることはできないのだ。
私の祖母をはじめ、多くの方から耳にする言葉は
「やっぱり仮設(住宅)に来ると落ち着くなぁ~」
そういう意味では5年という時の重さを感じる。
仮設住宅がもう我が家になってしまっているという事なのだと。

来年3月に避難指示が解除されたからとて、決してストレスは減ることはなく、また別の質の新たなストレスや問題が村民一人ひとりにのしかかってくる。

そして、また避難の時と同じように、仮設住宅と次の住む場所とを行ったり来たりの生活で徐々に馴れていくしかない。

そう。馴れていくしかないのである。

この原発災害は避難が解除されたからといって、すべてが解決する問題ではない。
原発事故は、今まで築きあげたコミュニティも、人々も、自然にさえ、過酷な状況しか産まない。
そんな災いは一度きりでもう充分である。
どうしても世間では前向きな報道しか表に出てこない。もちろん、苦しい時を経て、前向きに頑張っている人の事を否定しているわけではない。それもまた事実ではあるから。
けれど、ネガティブなこと、見落とされた事実などはなぜか情報が統制されたかのように、意図的に書かれているのもまた事実ではないだろうか。
例えば「飯舘村来年3月に避難解除」と新聞の一面と飾ったときのことを思い出すと、住民懇談会の前日にその報道がされた。そして、あたかも、その一面の見出しは避難が解除されて問題解決しましたよ。と言わんばかりの紙面の見出しだ。
その陰で、住民の困惑したこすらも見落とされているのをどれほどの人が知っているのだろうか。
きっと避難指示解除になったら、もう解決したとみなされ、終わったことのように扱われるのだろう。けれど、それで問題は全く解決しない。先に述べたように、また新たな問題が出てくるだけの話だ。

綺麗事で終わらないのが原発事故なんだ。とつくづく思う。

この問題は当事者だけの問題なのだろうか?

あの原発を使っていた都市の問題でもあると思う。

年に数回、県外でお話をする機会を頂く。

そして、こんな質問をよくされる。

「わたしたちに何ができますか?何をすればよいのですか?」と。

その答えは、それぞれの心に、それぞれの置かれている環境の中にあるのだろうと思う。
その答えを自分で考えない限り、人は気づかないものであるとさえ思っているが、
あえてその質問に答えるとするならば

まずは身近からできることをしてください。という事ではないかと思う。

例えば、

・ゴミの分別や山林などの不法投棄問題。
ゴミ問題というのは、この消費大国日本にとって、大きな社会問題である。そうした裏で公害で犠牲になっている人がいるということを想像してください。そんな消費社会、資本主義社会、使い捨て社会ということは、電気もまた、消費しているということ。わざわざリスクあるもので都市の光を賄うことがそもそも大きな問題であったのである。その陰で、地方が今回犠牲になった証ではないか。

・自分で植物・野菜などを育ててみるといかに実がなるまで大変かが分かる。そして、食材に対してありがたみが分かる。
植物や野菜を育てることは、食材がスーパーに出るまで生産者は並々ならぬ愛情と苦労を重ね出来ていることをまずは知ってください。
そして、原発事故の時もそんな農家さんはせっかく育てた野菜や家畜、牛乳全てのあらゆる生命が廃棄されたり、そして避難の為に犠牲になったこと。農家や畜産家、家畜はどんなことを思いながら大切にしてきたものを廃棄や殺傷処分される家畜を見送ったのか。そのことを想像してください。

 

原発事故がおき、そして大地が汚染されるという事は、そういうことなのです。

一度起きてしまったら簡単に解決できないのが原発事故なんです。

そして、決して以前には戻らないのが原発事故なんです。

それでもひとは生きなくてはいけない。
そのためにはどうするか?と日々決断、迷い、苦悩しながら、それでも時は過ぎていくもので1日1日を考えながら生きていかなくてはならない。

もう1度、考えてほしい。想像してほしい。

貴方の街が、貴方の生活が、ある日突然、奪われたら、そして、そんなに簡単には取り戻せないことを知ったら、貴方だったらどうしますか?

天災も含めていつ災害が起きるか分からない昨今、そんな時だからこそ、今一度、自分の置かれている環境をみて、1分でも5分でも見つめる時間を持ってほしいと思う。