『双葉町モノクロ写真展「HOME TOWN」』を見て 天井優志

写真展チラシ

写真展チラシ

「双葉町の現状を知ってほしい」と企画された写真展を見に茨城大学へ行ってきた。そこには震災前後から現在までの双葉町を写し出した55点の写真が並んでいた。

写真展の会場内

写真展の会場内(5月16日撮影)

これらの写真を撮影したのはイギリス出身のアントニーさんとフィリップさん。
アントニーさんは2008年から。フィリップさんは2009年から双葉町の小中学校で英語を教え始め、現在でも埼玉県やいわき市にいる双葉町の子どもたちに英語を教えている。

モノクロでの展示は「より集中して見て感じてほしい」という想いもあるという。

「ピアニスト」から並ぶ壁際の写真

「ピアニスト」から並ぶ壁際の写真(5月16日撮影)

2011年3月4日の授業の様子―。
3月11日に校庭に避難している生徒の姿―。
教え子が防護服姿で自宅のピアノを弾く様子―。
バーベキューをしていた海岸―。
お世話になった農家―。
旧騎西高校での餅つき―。
並んでいるフレコンバッグ―。
子どもたちが遊んでいた公園―。

それぞれ慣れ親しんだ場所の”現在”が映し出されていた。
また、ひとつひとつの写真には説明やメッセージが書かれていた。

衝立に並ぶ写真(5月16日撮影)

衝立に並ぶ写真(5月16日撮影)

今回は話を聴きながら見ることもできた―。

「このキッチン高崎の定食が美味しいから何度も行ったね。
だから体が大きくなってしまったね(笑)友達が来た時もここにまず連れてきたね。」

「山も海もよく散歩したり遊んだりした。大好きな場所だった。」

「ここも大切な場所。この農家さんのうちでバーベキューやったね。」

話の中から双葉町の人や山や海に対する優しさや愛情を感じた。イギリスから日本に来て、生活をしていた双葉町に対する思いは特別なものだろうと思った。

見ていると

「これは親せきだ。俺は茨城が長いけれど、双葉生まれで大熊や浪江にも親族がいるんだ。」

と隣から年配の男性から声をかけられた。茨城大学で行われている放送大学を受けに来て偶然この写真展に入ったらしい。その男性も震災後に双葉郡内で色々と手伝いなどをしたという話だった。

また、会場内の一角に置かれたテレビではアントニーさんとフィリップさんの撮影姿を映し出している映像もあった。これは今回企画をした茨城大学院生の小野田さんの作品だ。双葉町に生まれ育った彼もまた、つながりのある人や町並みを記録し続けている。
震災前は顔見知りくらいの関係だった彼らは震災後、一緒に撮影をする仲間になった。

彼らのサインの入ったチラシ

彼らのサインの入ったチラシ

彼らのHOME TOWNである双葉町の
歩み交わりのあった”人”や”場所”の”それまで”や”現在”を
写真を通して歩ませてくれる想いのつまった展示だった。

心よりありがとう。

写真展の開催は27日まで。

————————————————————————                                                   『双葉町モノクロ写真展 HOME TOWN』

開催期間:2015年5月16日(土)~5月27日(水)
開館時間:平日9:00~17:00 土日:11:00~17:00
会場:茨城大学図書館展示室

〒310-0512 茨城大学水戸市文京2-1-1

http://www.icas.ibaraki.ac.jp/2015/05/futaba-hometown/

続きを読む

双葉町ボランティアカフェへ

今日は、埼玉県加須市に避難されている双葉町民の交流会「ボランティアカフェ」におじゃまさせていただきました。

2011年の大震災、東京電力福島第1原発事故により、加須市の旧騎西高校避難所に避難して来られた双葉町民の方々と少しだけ仲良くさせていただいていました。

避難所の閉鎖後、慣れない土地で家族バラバラに生活され、お年寄りの方のコミュニティはどうなるのだろうかと部外者ながら心配していましたが、避難所にほど近い双葉町社会福祉協議会加須事務所内で、月1回町民有志により開かれるカフェが憩いの場となっているようでした。
他にも週に何度かイベントが行われ、加須や埼玉県内から町民の方が来られるとのこと。

この日も40名ほど、マジックや手芸教室、ボランティアのマッサージを受けたりして、皆さん楽しんでおられました。

お年寄りが多い

お年寄りが多い

手芸班

手芸班

避難所以来、久々にお見かけした方々とおしゃべりしましたが、皆さんいまだ避難生活の途上にあるせいか、お年寄りも危機意識が高いのに驚きました。
皆さん、厳しい状況にもかかわらずたくましく明るく生きておられ、教えられることの多い一日でした。

米ボストン在住の日本人ボランティアグループより届けられたキルト

米ボストン在住の日本人ボランティアグループより届けられたキルト

それぞれ人によって状況は多種多様ですが、避難所で手作りのキーホルダーをいただいた女性に言われた、『忘れないでね』のひとことが頭を離れません。

2015年4月9日