山の恵みを奪われた暮らし2016 酒井政秋

秋、もう一度初心に戻り、この文章をあらためて世に送り出そうと思う。

以下の文章は今はもう存在しないサイトへ2013年に寄稿した文章だということをあらかじめ付け加えておく。

山の恵みを奪われた暮らし

今年もキノコの季節になった。飯舘村の避難から2年半が過ぎた。この時期になるといつも悔しい思いが強くなる。

私の祖母は山に行く事を震災前まで生きがいにしていた。その生き甲斐が原発事故によって失われた。単に山を歩くことが生きがいだったわけではない。春、木々が芽吹き、そして緑が増える頃、山菜が採れる。タラの芽、こごみ、ワラビ、すぐ近くに行けば沢山採れたのだ。

夏は畑で野菜のほとんどがスーパーに行かなくても収穫できた。秋になると松茸、イノハナ(正式にはコウタケ)、シメジ、マイタケ、数えきれないほどのキノコが採れた。その他にも沢山のものがすぐ近くに行けば採れたのだ。そして、それを食べるのはもちろん、近所の方におすそ分けをして共に喜ぶことだったり、また、遠くからキノコが食べたくて口伝えで買いに来られる方もいた。

そして、飯舘村の直売所は秋になるとキノコで一杯になる。紅葉を愛でながら、山へと行く祖母の姿はとても凛々しくもあり、活き活きしていた。祖母にとって、飯舘の人にとって山は生きていくうえで欠かせない「暮らしの一部」でもあり、「宝の山」でもあった。その暮らしが原発事故によって奪われたのである。

その事がどれほど大きい事か分かるだろうか。単に取れないだけの問題ではない。色も形も何ら変わりなく毎年山に出る。しかし、目の前にあるのに食べられない。香りは変わらないのに食べられない。ただ変わりがあるのは、測定された数値が示す放射性物質の値が高いという事だ。

生まれてきたときから山での生活をしてきた人にとって山の恵みを食べられないという事は、どれほどの事か。この償いを東電は認めようとはしない。生きがいの賠償・山での暮らしの賠償は未だ一切ない。お金に換えられないものは全く指針に示されず、そのお金に変えることができないここでいう「暮らし」が1番大事なことなのに。

1番安全な山の宝が今では1番危険なものになってしまった。その事の重大さは霞が関の官僚にわかるだろうか。利便性で簡単に得るものの満足と不自由な暮らしの中で見つける喜びどちらが正しいのだろうか。どちらが、未来を豊かにするものか我々世代が真剣に考えなければならないと思う。(2013年10月8日 筆者:酒井政秋)

 

我が家から見える野手上山

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

家から眺めたこの景色をもう二度と見れなくなる。

それは、この景色は我が家の2階から見えた景色だった。しかし来年には家を取り壊す予定だ。

そして、今年もキノコは何万ベクレルもの値が出ている。山の恵みは未だに、安心して食べれる状態ではない。たとえ低い値でも「測定」しなければ食べられるのか、それとも食べられないのかという煩わしいことをしなければもう山の恵みは食べれない状態になってしまった。山での生活の中で「食の安全性」の喪失ということはとても大きいことだと理解してもらいたい。

 

 

おもうこと  酒井政秋

来年の3月末に飯館村は形の上では避難指示解除になるが、やっと飯館村に戻っても、決してホッとはできないだろう。その土地から放射性物質が消えたわけではないし、この5年は無自覚なのか自覚的なのか分からないにしろ避難場所の環境に身体も心も定着してしまった。
若い人は、まだまだ環境適応能力がある。しかし、中年配者にとってみれば、避難した時と同じだけの環境適応ストレスがのしかかってくる。
それは、たとえ飯舘村に帰る人にとっても、または別の場所で移住を決めた方にとってもそのストレスから逃れることはできないのだ。
私の祖母をはじめ、多くの方から耳にする言葉は
「やっぱり仮設(住宅)に来ると落ち着くなぁ~」
そういう意味では5年という時の重さを感じる。
仮設住宅がもう我が家になってしまっているという事なのだと。

来年3月に避難指示が解除されたからとて、決してストレスは減ることはなく、また別の質の新たなストレスや問題が村民一人ひとりにのしかかってくる。

そして、また避難の時と同じように、仮設住宅と次の住む場所とを行ったり来たりの生活で徐々に馴れていくしかない。

そう。馴れていくしかないのである。

この原発災害は避難が解除されたからといって、すべてが解決する問題ではない。
原発事故は、今まで築きあげたコミュニティも、人々も、自然にさえ、過酷な状況しか産まない。
そんな災いは一度きりでもう充分である。
どうしても世間では前向きな報道しか表に出てこない。もちろん、苦しい時を経て、前向きに頑張っている人の事を否定しているわけではない。それもまた事実ではあるから。
けれど、ネガティブなこと、見落とされた事実などはなぜか情報が統制されたかのように、意図的に書かれているのもまた事実ではないだろうか。
例えば「飯舘村来年3月に避難解除」と新聞の一面と飾ったときのことを思い出すと、住民懇談会の前日にその報道がされた。そして、あたかも、その一面の見出しは避難が解除されて問題解決しましたよ。と言わんばかりの紙面の見出しだ。
その陰で、住民の困惑したこすらも見落とされているのをどれほどの人が知っているのだろうか。
きっと避難指示解除になったら、もう解決したとみなされ、終わったことのように扱われるのだろう。けれど、それで問題は全く解決しない。先に述べたように、また新たな問題が出てくるだけの話だ。

綺麗事で終わらないのが原発事故なんだ。とつくづく思う。

この問題は当事者だけの問題なのだろうか?

あの原発を使っていた都市の問題でもあると思う。

年に数回、県外でお話をする機会を頂く。

そして、こんな質問をよくされる。

「わたしたちに何ができますか?何をすればよいのですか?」と。

その答えは、それぞれの心に、それぞれの置かれている環境の中にあるのだろうと思う。
その答えを自分で考えない限り、人は気づかないものであるとさえ思っているが、
あえてその質問に答えるとするならば

まずは身近からできることをしてください。という事ではないかと思う。

例えば、

・ゴミの分別や山林などの不法投棄問題。
ゴミ問題というのは、この消費大国日本にとって、大きな社会問題である。そうした裏で公害で犠牲になっている人がいるということを想像してください。そんな消費社会、資本主義社会、使い捨て社会ということは、電気もまた、消費しているということ。わざわざリスクあるもので都市の光を賄うことがそもそも大きな問題であったのである。その陰で、地方が今回犠牲になった証ではないか。

・自分で植物・野菜などを育ててみるといかに実がなるまで大変かが分かる。そして、食材に対してありがたみが分かる。
植物や野菜を育てることは、食材がスーパーに出るまで生産者は並々ならぬ愛情と苦労を重ね出来ていることをまずは知ってください。
そして、原発事故の時もそんな農家さんはせっかく育てた野菜や家畜、牛乳全てのあらゆる生命が廃棄されたり、そして避難の為に犠牲になったこと。農家や畜産家、家畜はどんなことを思いながら大切にしてきたものを廃棄や殺傷処分される家畜を見送ったのか。そのことを想像してください。

 

原発事故がおき、そして大地が汚染されるという事は、そういうことなのです。

一度起きてしまったら簡単に解決できないのが原発事故なんです。

そして、決して以前には戻らないのが原発事故なんです。

それでもひとは生きなくてはいけない。
そのためにはどうするか?と日々決断、迷い、苦悩しながら、それでも時は過ぎていくもので1日1日を考えながら生きていかなくてはならない。

もう1度、考えてほしい。想像してほしい。

貴方の街が、貴方の生活が、ある日突然、奪われたら、そして、そんなに簡単には取り戻せないことを知ったら、貴方だったらどうしますか?

天災も含めていつ災害が起きるか分からない昨今、そんな時だからこそ、今一度、自分の置かれている環境をみて、1分でも5分でも見つめる時間を持ってほしいと思う。

 

土地を見て人を思わず  酒井政秋

今、福島の問題は多岐にわたる。
原発事故処理の問題・避難区域の解除の問題・放射性物質の問題・風評被害の問題。
国側は粛々と解決していない問題も含めて、解決をしたように見せかけた方策をとっている気がするのはわたしだけだろうか?
住民側にとってはどうだろうか。多様な意見があるのも確かだ。
元々の生活・コミュニティー・その中での文化、価値観の在り方。それらをとってみても科学的根拠だけでは限界がある。社会生活のなかで、何が今、問題になって人々は怒り、落胆し不満なのか、丁寧に”声”を聴き見極めなければ、根本的な解決には決して至らない。そのうえで最も大切なことは、その土地固有の生活を知る必要がある。
ただ単に、放射性物質を取り除く努力をしても住民のそれらの問題は解決しない。だからといって、国側のやり方は100%無駄だという事では決してないが、放射性物質を取り除くという作業だけに偏り、人々の根本的な心のしこりは取り除くことができず、現実世界に目線を下げなければ、将来が見えてこないのではないだろうか。
そこに一番必要なことは、たとえ少数派の意見であろうと真正面から向き合い、いかに「住民側」の思いに耳を傾け、そして、その思いを真正面からしっかりと認識し体感としてわかろうとすること。それでもわからない場合はそこに居住してみるというのもいい案かもしれない。

しかし、国側(政府)はどうだろうか・・・。
「土地を見て人を思わず。」
今の現状は、そんな言葉がしっくりと当てはまるかもしれない。

今、米軍北部訓練場の一部返還に伴う東村高江周辺のヘリパッド建設問題にしても、そこに゜住まう住民の事を考えず、住民の意見にも耳を傾けずに卑劣で強硬的なことが行われているが、ほんとうの優先順位は、「国民があっての国や土地であるということ。国民との十分な議論の中で同意のもとに決断すること。」ではないだろうか。

そして、国民を守ることが大前提ではないのだろうか。それが、アメリカ軍を守り、日本国民を排除しようとしていることは、あまりにも理不尽なことではないだろうか。
住民の叫びにも近い声も、恐怖におびえる思いも、悲しみにくれる姿さえも組織人には伝わらないのだろうか。

ましてや、国(政府)は民を守ろうともせずに、住民を訴えてくる有様だ。
守ってくれるはずの国は、守ってくれない。
権力を容赦なく振りかざしてくる。

組織の中の人は、”仕事”だから仕方のないこと。で片付けてほんとに良いのだろうか。国に携わる仕事をしている人たちには、国民一人ひとりの人生を左右する権力を持っているという事を強く自覚してほしい。
それぞれの人生も握っているという事を。

国が関わる大きく長引く問題は、いつも権力によって人が踏みにじられていく。
そして、のどかな生活さえも奪ってしまう。
そんな社会からどうしたら卒業できるのだろうか。
国はいつになったら国民の声に耳を傾けるのだろうか。

最後に、憲法第十一条、十二条、十三条、十四条を。

※1 第十一条  国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない。この憲法が国民に保障する基本的人権は、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられる。

※2 第十二条  この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

※3 第十三条  すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

※4第十四条  すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

※1・※2・※3・※4日本国憲法(昭和二十一年十一月三日憲法)より引用

 

みえない社会・地球との対話へ   酒井政秋

 

原発事故後、対話を通して自分たちは絶望を受け入れるという心の整理とその場を創る器を2012年~2014年まで作ってきた。

何度も何度も集まっては、自分の今の心をその場に出して、いろんな角度からその心を多角的に見て、感じてきた。

その受け入れがたき大きな問題に
押しつぶされそうになったり、
心の中にズシンと突き刺さったり、
そして、再び絶望を味わい、そしてまた這い上がって、また堕ちて。
そして、少なくとも共感できるエッセンスを共有し、
相手を理解すること・思いを尊重すること・相手の心の小さな声に耳を傾けあった。

ともに泣き、
ともに語らい、
ともに笑い飛ばし、
物理的時間の5年という歳月よりももっと重く、もっと深い心の繋がりをしてきた。
時には理解できずに、その場を離れたくなったことや受け入れられなかったことは数知れない。
それでも、理解できずに、離れてしまった対話だけでは救えなかった心のかけらたち。
自分のこれからの道と仲間や友人・先輩たちのそれぞれの未来への道。
(震災前のようなという意味で)喪ってしまったもう取り戻せないコミュニティー。

そして、自分も含め、それぞれが模索しながら、時には手探りで、「これから」という自分の人生を取り戻していく作業の真っただ中、道に明かりをともしながら消されないように、必死に自分の道を開拓していくしかない覚悟。まるで人生の開拓民のようだ。しかし、いつも付きまとうこの「喪失感」は決して穴埋めできないものなのかもしれない。

それが今の5年という歳月であろうか。と人ごとのように考えてしまう自分がいることに時の流れを感じてしまう。

世間では重い問題と捉えがちな飯舘村の問題。
けれど、今、生きている社会が喪ったかけがえのない日本の原風景なのだと捉えてくれたらうれしい。
けっして、「重い」問題だからとふれちゃいけない・目を背けていたい、そんな問題だと個人的には思わないでほしいと願う。
それは未来への棚上げでしかないのだ。
あの日、生かされた命を大切に考えて未来に原子力ではない明かりを灯したい。

これから来るであろう「虚無感」と「しょうがない感や・どうしようもない感」、
そして、もしかしたらモノを言えなくなってしまう「沈黙」がくるかもしれない。
けれど、声は小さくともそんな沈黙にもあらがっていきたい。
それは声高にではなく、やわらかく、ソフトな伝え方をしていきたい。

伝えるというのは、見えない社会とこの世という大地に足をつけている地球との対話のようなものであろうか。

飯舘村の道

原発事故5年は節目ではない。まだまだ続いている現在進行形の事故である。  酒井 政秋

また3月11日がやってくる。

あの日、たくさんの命が津波や地震によって犠牲になった。

そして、その後の原発事故によって、避難先で多くの命が犠牲になっている。

この場を借りて深く鎮魂の意をお祈りいたします。

さて、飯舘村が原発事故によって汚染されてから5年。放射性物質を低減させる為に行われている国の除染は、除染の低減率も低く、まだまだ住民が生活する上で安全には程遠いような数値である。それでも行政と政府の動きは「居住制限区域」「避難指示解除準備区域」の避難指示を一方的に2017年3月まで解除する方針を示した。この方針は村民に周知する前にメディア先行で地方版の新聞1面に掲載された。いつも住民に話が来る頃にはもう決定した事柄を粛々と説明するだけの「懇談会・説明会」が行われている。本来の「懇談会・説明会」という言葉の意味とはかけ離れている事が平気で行われている。なぜ、「までい」(飯舘村の方言で「丁寧に」「心を込めて」の意味)という村のスローガンを掲げ、自主自立の村民重視でやってきた飯舘村が、国の圧力に屈し、住民を置き去りにするような事態となってしまったのか。このままではいけないという村民も少なくはない。一昨年のADR申立ての動きも一つの意思表示であった。

5年という月日は問題解決されず、誰も責任を追及されることなく、日々問題が山積していく。そして、人々は疲弊していく。本来ならば、「人々の復興」を重視するはずが、大手ゼネコンによる除染事業とハコモノばかりを建てることに重視し、当事者の思いとはかけ離れていく。仮設住宅や借り上げ住宅に住む年配者の体力はどんどん奪われ、日増しにストレスが積み重なり病気になっていく。住めば都というが、あの広大な自然の環境の下で暮らしてきた飯舘村の住民にとって仮設住宅の気狭さは何年たっても慣れるものではない。そんな避難者に対し、差別や偏見が県内でも多く目立つようになってきた。心ない声に幾度も悔しい思いをしている当事者も少なくない。なぜ、いつも弱者に冷たい言葉をぶつけるのだろうか。避難者だって好きでその土地に来たわけではない。悪いのは東電や国なのに、いつも「一部」が「すべて」になり、言われなき差別や偏見を受ける。それぞれに不満があるのは重々承知している、しかし、ただ避難者を言葉の暴力で責めることは「社会のいじめ」だと思う。正々堂々と自分の不満は国や行政に陳情、要望書を提出するとか、法的に自分の不満を解決することをして欲しい。言われた人はどんなに傷ついている事だろう。毎日楽しみにしていた散歩を奪われたり、また、誰かに何か言われるんじゃないかとビクビクしてしまったりと精神的にどんどん追い詰められていく。そうした相手を思いやる心を忘れてはいけないと思う。こうしたことを書くこともまた勇気がいる。これが「全て」になってしまわないか迷ったが、現実問題としてその差別や偏見に苦しんでいる人がいることもまた現実だ。

仮設住宅

この5年、「国は国民を守ろうとはしない。」ということを実感する。国民同士を争わせる情報や政策をどんどんとしていく。これが先進国のやり方なのだろうか。私は、疑問に思う。自分の身は自分で守るという言葉がある。自分を守れるくらいのエネルギーがある人は自分を守れるが、そうでない人たち、たくさんの不安や精神的に追い込まれている人たちは誰が守るのか。年配者同士寄り添って懸命に生きているが、これには限界があると正直思う。これから先、仮設住宅の退去命令がきたとき、それぞれが選択した移住場所や飯舘村に帰ったとき、仮設住宅のようにすぐ隣で手助けしてくれる人はもういない。そのとき、家族に負担がのしかかってこないだろうか。そして誰が孤立した年配者や生活弱者を救ってくれるのだろう。寄り添いや見守り活動の対策をきっちり考えておかなければ、問題はまたひとつ、ふたつと重なっていくだけだ。

フレコンバック

あの日、自然豊かな飯舘村での生活も、近くの山でとれた新鮮な山菜、キノコを当たり前のように食卓に彩っていた日々も、村民一丸となって行われてきた行事も全て、お金には換算できない無形な大切にしてきたものをたった1度の原発事故によって一瞬にして全て奪われた。その喪失感は一生消えないのかもしれない。それでも前を向きながら歩いていかなければいけないが、それぞれが選択した決断のなかで少しでもその失ったものを穴埋めできるような日々が続いてくれることを心から願う。

5年経過したからといってわたしたちの原発事故と避難は終わらない。これから先、何十年もかかる大きな問題にもかかわらず、情報はコントロールされ真実は届かず、政府は当事者と対話する意向も示さない。それどころか放射性物質の危険性は軽視されている。福島の問題が解決されていない中で川内原発、高浜原発が再稼働され、福島の原発事故はいったい何だったのだろうか。国は一つも福島から学んでいないのではないだろうか。ただただ踏みにじられる思いに憤るばかりだ。「原子力」というエネルギーに決して安全も安心もない。事故がひとたび起きれば一瞬で人々の人生も暮らしも環境も全て奪われていく。

もう2度と同じ悲劇を起こしてはならない。