【日本は崩壊するのか】吉田邦吉

とんでもないニュースだ。
金銭だけのことでは全くない。

国家が潰れるということなのかもしれない。私は素人だから違うと思うなら教えて頂きたい。毎日新聞によれば、東日本大震災の50倍か100倍の被害総額のある災害が、首都直下または南海トラフだそうだからだ(土木学会の試算)(土木学会 南海トラフ巨大地震は1410兆円 被害額推計 毎日新聞2018年6月7日)。

「地震とそれに伴う津波は発生から20年にわたる被害を累計し、南海トラフ巨大地震は1410兆円、首都直下地震は778兆円と見積もった。政府の想定を基に、長期にわたる国内総生産(GDP)の落ち込みを阪神大震災の経過を参考に推計」された。

「一方、公共インフラ整備を進めることで、これらの被害を最大6割軽減できると推計。政府・与党が推進する国土強靱(きょうじん)化計画をさらに強化するよう提言した。」とのことである。

これは、私の想像で言えば、この50倍や100倍というのは、東日本大震災が発生してすぐの金額から予想される話であり、その後の総額や原発事故の被害総額を入れたら倍数が違ってくるだろう(東日本大震災の被害総額は約16兆9000億円、内閣府が推計 ロイター 20110611)。

と言ってもそれは、1410兆円や778兆円という南海トラフや首都直下型地震の金額が変わることを意味しない。変わるのは、あくまで対策を非常にとれた場合には、半分ぐらいになるだろうという話である。半分だって存亡の危機だ。

公共事業したいから土木学会が言ったとも思えない。政府の地震調査委員会は30年以内に南海トラフ地震が80%の確立で発生するという試算もあるようだ。それも数年前から聞いているのであと25年ほど以内なのだろうか。

25年目に来るとか明日ということではない。とにかく、あと30年以内のどこなのかが、分からないから、そういう予想を立てているのだろう。災害は一つだけ起きるとは全く限らない。台風、地震、津波、竜巻、火災……。

本当は命のほうから考えるべきだが、そちらのほうを私はFacebookで何度も前に新聞記事を用いて周知してきた。今回は、金銭のほうが想像しやすいと思ってそちらで考えてみる。土木学会会長は最貧国に成りかねない、国難になると主張している。

現在日本は、年間の国家財政が大体55兆円(一般会計)収入しかなく、その1/3は既に将来の人達が税金などで負担する予定であり、なぜなら今は借金が1000兆円あってどうしようもない状態なのである。

そこから災害が来たら収入1/5とか1/2などになるだろう。そこから20年間は、さらに1000兆円もかかると言われてハイそうですかで出てこない。というよりも、ハイパーレスキューや自衛隊などの人数や機械がまったく不足するのだろう、さきに大問題だ。

が、生き残った先は、少なくとも従来の日本ではない可能性が高いようである。どういうことかと言えば、日本政府は確実に緊急事態条項またはそれに類似した超法規的な政令や法令により、国民の貯蓄1000兆円とも言われるそれを奪うだろう。

それができなければ、いや、出来たとしても人はパニックに陥っている可能性が高いので、しばらく放置される、または、金を工面できても他国から乗っ取られる可能性が、とても高い。国防を強化しても操作する人員は居ない可能性がある。

すなわち、首都直下や南海トラフは、
日本全体が有史以来のクライマックスを迎えるという現象なのであった。

…………しかし、この話はもう何度も書いてきた。この国は崩壊するまで分からないのだろう。30年以内に80%で起きるかもって言われても誰も騒がないに等しいのである。「だから売国政策が多いのか」なんて邪推してしまう。

どのみち存亡ならば紙幣を刷って福祉を増やしておいたほうが日本に住まう人々には良いと思われる、なぜなら今は日本の貨幣価値が高いからだ。しかし3・11の時も、起きてから蜘蛛の子を散らし、被災地や避難者についての差別発言が増え、政府東電が責任をとったとも思えない状況である。

本当にこのままで良いのだろうか。
本当に、無関心で良いのだろうか。

まともに全員に明確に語りすぎてしまうとパニックになって今の経済が混乱するからかもしれない。南海トラフ関係にある原発はどうなるのだろうか。フクイチはどうなる。パニックどころでない。未来の命と国家。

もし本当に起きてしまって、別の国になった後は、それもやむなしなのだろう。当面は納税先や言語や法体系が変わるだけだ。日本的な文化はそう簡単に変わらない。しかし、失われずに済むはずの命は助かってもらいたい。

それに、お金のことよりも、機械があってもガソリンが、人が居ても物資が、そして食料が、また非常事態になるだろう。田舎をバカにしている場合ではない。日本全体が自給自足するためにも一次産業を大事にせねばならない。

侵略されたら難民に等しい。しかし私は既に原発事故の国内難民なのであった。また難民になるのだろうか。3・11の時も、2011年1月に偶然のネット情報を見て私は「原発事故が起きる」ということを予測したものだった。

日本の最期か……、日本の最期を自分が生きている間に観てしまうことになるとは、想像したくないし考えたくもない。だが昨今の激動では、昨今のウソばかり政治では、一体本当にこの国は続くのかと思わざるを得ない。

日本の未来に、東北の再生エネルギーが役立つかもしれない。希望を託したい。いつも読んでくれる人達と、日本に居るみんなの幸せを祈ってせめてここに書き記す。

いやさか。

参考文献
かさぶた 福島 The Silent Views 2016/2/26 中筋純 東邦出版
首都直下地震 (岩波新書) 新書 – 2016/2/20 平田 直 岩波新書
南海トラフ地震 (岩波新書) 新書 – 2016/1/21 山岡 耕春 岩波新書
南海トラフ被害、20年間で最悪1410兆円 土木学会が推計 インフラ耐震化で3~4割減 日経新聞 20180607
南海トラフ地震の想定動画 ※非公式
南海トラフ地震 被害1,410兆円 国の予算の14倍 FNN PRIME 20180608
南海トラフ地震の被害想定 朝日新聞 20150908
南海トラフ地震「兆候」 対応の国指針まだ、広がる困惑 朝日新聞 20150528
南海トラフ地震に関連する情報 気象庁(情報が混乱しているが、次のリンクを読むに、どうやら気象庁を見ておくと良いようだ)⇒「南海トラフの地震にどう対応するか」(視点・論点)2017年11月02日 (木)静岡大学教授 岩田孝仁 NHK
中央防災会議 内閣府
「南海トラフ地震は、おおむね100~150年間隔で繰り返し発生しています」気象庁
南海トラフ巨大地震 毎日新聞
南海トラフ巨大地震 長期的な経済被害 推計で1410兆円 NHK 2018年6月7日【土木学会の委員会の委員を務めた、巨大地震の防災対策に詳しい関西大学の河田惠昭特別任命教授は「会社だと赤字で倒産するが、国の場合は滅亡する。南海トラフ巨大地震のような『国難災害』が起きると、国が成り立たなくなると考えるべきだ」と指摘】【「今は、南海トラフ巨大地震も首都直下地震も、30年以内の発生確率が70%から80%ほどになっていて、一刻の猶予も許されない時代に入っている。『想定外』という言葉は東日本大震災で最後にしなければならず、そのためには新たな対策を進めていかなければならない」と話し】た(引用)。
「ふだんと比べて巨大地震発生の可能性が高まっている」「新情報 知らない8割」 NHK 20180328

大阪府北部で震度6弱 毎日新聞 20180618 18日午前7時58分ごろ、大阪府北部で震度6弱の地震があった。気象庁によると、震源地は大阪府北部で、震源の深さは約10キロ。地震の規模を示すマグニチュードは5.9と推定される。京都府、奈良県、滋賀県、兵庫県でも震度5を観測した。この地震による津波の心配はない。(引用)

ざっと参考メモがてらに書いておく。地震対策につきNHKでは家具の転倒や落下への対策をと書いているのは、テレビが水平に枕元へ飛んできたりするからだ。そう考えると、地震で最初に重要なのはヘルメットや厚手の服や靴などなのかもしれない。次に水や食料。そしてトイレなど。私が地震の時に最も「失敗したと感じている」のは、「本がなだれ込んできてPHS充電器の場所がわからなくなってしまったこと」だった。

当時、貴重品だけ私は「なにか大地震あるかもしれない」と予測していたためだ(しかし当時の私に発信力はゼロだった)。とにかく充電器のせいで後々だれとも連絡がとれなくなる。ほかの人達は遠いコンビニや他のひとから借りて、大丈夫だったかと確認しあっていた。いっぽう、わたしは英和辞書や哲学そして聖書を読んでいたり、できた仲間たちと風呂を探したり店を探したり行政にお願いして対策を増やしたりした(そのため私の避難所では風呂が安定して大変早かった)。ネット回線がなくなると、いきなり家族以外で孤独になる。

その次に大変なのは集団行動である。これにはまいる。いろんな人がいる。長引く不安、寒い、腹減る、疲れて、多数が風邪をひいたり体調不良になる。そして最後に政治である。政治を改善せねばわれわれに未来はない。今やリッチたちは時々タックスヘイブンであり核兵器シェルターさえ購入しているのだから、億単位の家庭用の飛行機だって購入しているだろう。なんとも言えないこの露骨な差をわれわれは少しでも憲法25条にある通り、人としての最低限度を保たなければばならない。

大阪で最大震度6弱 地震発生時にやるべきこと・やってはいけないこと「東京防災」を使う 2018/06/18 籏智 広太 BuzzFeed

時系列でわかる 大阪で震度6弱 NHK 20180618 閲覧 激しい地震などは「想定内」になってきている昨今。身近なところではブロック塀の安全管理について要注意。ぜひとも深呼吸から準備を始めていきたい。

大阪地震で女児ら3人死亡「古いプールの壁やブロック塀は共振して危険なインフラ」地震学者 西岡千史 2018.6.18 Aera dot

すべての犠牲者にお悔やみ申し上げます。今回メディアは言うだろうか。いま稼働中の原発4基すべては西日本にあるということを。最終処分場や再エネも含め議論すると西日本や首都や日本全体にとって良い。こんな時に原発事故が来るわけで。だれか知らぬ無関心であった人々に届き、本格的な対策や準備への学びのきっかけになることを願って。

◇月いちリレーエッセー◇ 共に過ごしてきた「我が家」が無くなるとき~酒井 政秋~

2017年も残すところあと14日。

今年は3月末日に飯舘村避難指示解除になり、ようやく解除後に我が家の除染がはじまり、我が家の家屋解体をした。

家が無くなるという事は、はじめは想像すらつかないし実感すら持っていなかった。ただ、漠然と家を解体するんだな。という事だけだった…。

家屋2017しかし、いざ、除染が始まり、土が削られ、家屋周辺、田畑などがどんどん剥がされていくたび、心の中で何かが削られるような、いや、何かをえぐられる様なそんな気持ちがした。それは自分が育んできた生活をむしり取られるような感覚かもしれない。

除染も終わり、いよいよ家屋を解体するという連絡が入った。
祖父母が一代で築きあげた家が壊されていく。祖母からしてみたら、どれほどの心の傷なのかは孫であるわたしにも想像できない。もしかしたら、今まで生きた人生を一瞬で奪われる様な気持ちなのかもしれない。けれど、本心は分からない。
9月解体現場を見に行こうと決めた。家にたどり着くまで何を思って車を走らせたのかその時の記憶はないけれど、解体がはじまった家を見て、心臓がバクバク音を立てて早くなっていくのは感じた。この時にようやくこの家が、私が生まれてから共に生活をし、台風の日も、雪の日も、あの地震の時にさえも共に過ごしてきた「我が家」が無くなるときだと実感したのである。

壊されていく我が家変わりゆく姿を行ける日に足を運び写真で撮り収めた。
だんだんと崩れていく我が家が哀愁を帯びてゆく。

解体家屋

季節は初秋から本格的な秋へと変わる中、一軒の家は、更地になった。

更地

幼い頃、囲炉裏の淵でどこまで遠くに飛べるか姉と競い合っている中、誤って落ち大やけどをした囲炉裏も、よく寝坊をしそうになって急いで滑り落ちてた階段も、親戚がお盆に集まり従妹たちと蚊帳に入って遊んでいた客間も、受験勉強を夜遅くまでやっていた部屋も今では私や家族の心の中にしか存在しない。そこに行っても、影も形も今はない。けれども、そこは私が生まれた故郷ではあることは確かなわけである。

原発事故というものは、どこまで私たちの心を汚していくのだろうか。
わたしの住んでいた集落(わたしたちは「組」とも言っている)は帰村する人はゼロである。いずれ誰かが住むにはもう一度、先代が行ってきた「開拓・開墾」をしなければ住めないであろう。そういう「時の継承」をも失ってしまったのである。

これから、集落に祀ってある神様はどう継承していくのか、今の世代の人たちですら年配者である。次世代と言ってもこの集落では私を含めて2名しかいない。話し合いを重ねながら解決していくとは思うが、20年後の未来が原発事故のおかげで時を越えてのしかかってくる。緩やかに継承するはずがそうもいかない状況にさらされている。それもまた問題である。こうして、一つの集落、個々の問題だけでも問題は山積しているのである。飯舘村全体で大小問わずにどれだけの問題が日々増えていってるか予想をはるかに超えるだろう。そのなかで、当事者が沈黙してはダメ。と風の便りでそういう声が聞こえてくる。しかし、それ以上に現場では日々その問題と向き合い打開策を考えている人もいるという事を知ってほしい。そのうえで、無理のない範囲で発信を出来る人はやっていると理解をしてほしい。

来年は原発事故から8年目、時だけが足早に過ぎ去っていくが、それとともに県内の中での温度差、県外の温度差、自分の中での記憶の風化、どれだけ「自分事」として考えられるのか、当事者としても試される1年になるのではないかと思う。

 

本年もご愛読くださり誠にありがとうございました。

来年もできるだけ発信できるように精進していく所存でございます。

双葉町ドキュメンタリー「原発の町を追われて」を見る    伊藤 千惠

去る8月6日に開催されたドキュメンタリー映画「原発の町を追われて」を見た。
2012年に作られた1作目から、その後を追ったパート2、ある牛飼いの記録としてパート3と続けて見ると、原発事故のもたらしたものが避難という物理的困難さだけではなく、当事者である避難者を受け入れる側、あるい避難者ではない福島の人々の心境など、さまざまな方向に波及していることが見てとれる。
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、テキスト双葉町は2011年3月11日、東日本大震災による原発事故のさい、町ごと埼玉県に避難した。さいたま市在住の堀切さとみさんは、その当初から町民の方々と交流しずっと映画に撮り続けてきた。
最後の避難所としてマスコミにとりあげられ注目された騎西高校が閉鎖され、報道も少なくなった。いっときの流行ではなく、ずっと記録し続けてと町民の方から言われたそうだ。

今でも避難生活が続いているのは、双葉町も浪江町も大熊町も飯舘村も葛尾村も南相馬市も田村市も川俣町も広野町も楢葉町も富岡町も川内村も、すべての帰還困難区域にいる人たち、自主避難した人たちにとっても同じ。
映画では、双葉町民の受難がさまざまな立場から語られている。そこから発生する地域内での、あるいは県内での分断。是非の判断が簡単にはできない複雑にねじれた状況がある。
そこには、ひとりひとりのナマの物語がある。

福島第一原子力発電所から送電された電気を使ってきた東京都民の自分は、目を背けることはできない。
ひとりひとりの想いを聞いていきたいと思う。

2017年3月31日 酒井 政秋

2017年3月31日

帰還困難区域を除き避難指示が解除された。

わたしは故郷の”その時”を感じたくて、飯舘村に向かった。

飯舘村に入った県道12号線(福島市ー南相馬市を結ぶ県道)には黄色の幟旗が掲げてあった。幟旗には「避難指示解除」と「おかげさまで」と書かれていた。

その姿は異様に感じた。いつか感じた光景とダブった。それは、除染が始まったときに、「除染作業中」の幟旗とこの異様な感覚が似ていた。

「これが…飯舘村⁈」おもわず一人車中で呟いた。

運転中の足が震えた。途中車を止めて、深呼吸。

なにか悪い夢を見ているような感覚になった。

これも現実だと自分の心に受け止めるまでに、時間がかかった。

今、村政は狂っている。素直にそう思った。

飯舘村は自主自立で、あるものを活かし、つつましく丁寧に心をこめて、村政をやってきた村ではなかったのか⁈

復興予算は適切に使われているのだろうか⁈

疑いたくなる光景を目の当たりにした。

これから飯舘村の未来はどうなるんだろう。

真の問題解決しないままに、この村は何を目指して生き残っていくのだろうか?

自分の心に様々な感情がうごめいている。

今日、はっきりわかったことは、「この村に帰らないんだな俺は。」ということだった。

それも受け止めながら明日を生きなければならない。

幟旗

 避難指示解除にあたって思うこと・考えること 酒井政秋

原発事故から7年目の避難生活も3月31日には帰還困難区域を除き避難指示解除となる。しかし問題が解決したからではない。未だに除染をしてもなお1μ㏜/hのところも数多く点在している。安全にというには程遠い。この避難指示解除に至る経緯について村の説明によると原子力災害対策本部長(安倍首相)へ要望書の提出(平成28年4月5日付・村と議会連盟提出)し村が政府に要望したという形で決議された(※1)。大半の村民は解除の一報に唖然としたことだろう、それは村民に周知する前の解除の一報だったからだ。いつもそういう大切な事案は決定されてからの説明会及び懇談会を開き、ただ決議された内容を話すだけの何とも奇妙な説明会や懇談会が行われる。そんなことが6年も続いた村民は疲弊をしてしまっている。それは、自ずと国の思うつぼなのかもしれない。当事者を疲弊させ、「言う口」を減らした方がスムーズに物事は進んでいく。そうして6年の間に切り捨てられてゆく村民を目にしてきた。

「どうせ・・・」「しょうがない・・・」そんな言葉が蔓延しているのは確かだ。

4月からは村に帰らない人は自ずと避難者から「自主」避難者となる。
村からも何れは切り捨てられるだろう。
けれど、我が故郷は飯舘村に違いはない。
飯舘村はのどかな村だった。
飯舘村は放射性物質にも汚染されたが、この6年で国にも汚染された。
村と国はズブズブの関係を築き、今まで村民が築きあげたものを次から次へと壊していった。
このまま壊されたものを諦め、見なかったことにして飯舘村として見過ごして果たして良いのだろうか。
小さな田舎社会というものはしがらみがある、けれど、今まで築きあげたものを押しつぶされて、それすらなかった事にされてもなお、頑張っぺ!なんて言えるのだろうか…。

村の行政区総会説明資料(※2)によると、前年度より2倍を超える212億3500万円と過去最大の予算額だ。その内容は、学校等再会整備事業・スポーツ公園整備事業・復興拠点エリア整備事業・被災地域農業復興総合支援事業などの事業により、昨年度と比較し120億7700万円の増であり、その中で、復興対応事業分は約177億円と予算全体の約83%を占めるという。

それが飯舘村らしいやり方なのだろうか…?

つつましく、あるものを活かし、自主自立で「までい」な生活をスローガンとしていた村が次々とハコモノを建てたり、整備したり。戻る村民の負担にならないだろうか。確かに6年放置された建物は老朽化して使えないかもしれない。けれど、それだとしても、あるものをリフォームして使うことだって可能だったはず。そのツケは未来の村民に重くのしかかってくるはずだ。維持費や経費などを考えると莫大な費用はかさむだろうに…。

それで果たして「飯舘村の復興」というものなのだろうか個人的には疑問である。
わたしだってこんなこと好きで説明会などで言っているわけでもないし、書いているわけではない。
黙って見ざる聞かざる言わざるをするほうが楽だ。しかし、それは未来への棚上げではないのだろうか。
何れは未来の村民に振りかぶって苦悩するのではないか。だとしたら第1当事者が言い続けなければならない。そして、綴り残さなければいけないのではないか。
原発事故というものは途方に暮れる問題だ。
しかし、このまま解決していない問題を解決されたようにされていいのだろうか。

これから起こるかもしれない実害と日本が抱えている社会問題の縮図がこの村に襲い掛かってくるだろう。

限界集落・高齢化・介護・孤独死・少子化・村の存続など多岐にわたる問題とこの原発事故による低線量被ばくの問題・健康被害・風評という実害。

元の村民らしい生活ができるわけではないのだ。どこかで我慢しながら生活をしていかなくてはいけない村になってしまう。

自然と共存・共生してきた村は、もうそれはできない。生態系は崩れ、民家にまでイノシシや猿が来ている。6年、人を見なくなった野生獣は「境界線」が無くなっている。まずはその境界線対策を練らなければならないだろう。四季折々の山菜はもちろん食すことができない。畑で作る野菜もその都度計測しなければ食べれない。そして、村民にはガラスバッチをつけ、積算線量を計測しなければそこでは生活できない。介護の問題もある。村では介護を受けることができない。なぜなら、介助する人員がいないためだ。

これが現実問題なのではないだろうか。

非常に目に見えないものに抑圧された生活となるのではないか。

それでも解除が喜ばしいことなのだろうか。

現実よりも幻想の中で、生きる為政者たち。

その幻想は現実村民の苦悩にならなければ良いなと切に思う。

本当の問題解決までにはあと何十年…いや何百年かかるのかもしれない。

100年先、200年先、300年先にあの大地がそこに住む人々が輝きを取り戻している事を希望にしながらこれからも伝え遺していきたい。

 

iitate

 

 

 

※参考資料 1)村民自治会懇談会資料より引用 2)平成29年度行政区総会説明資料より引用