ふくしま生産者の悲しみと怒り 吉田邦吉

2016年11月2日の福島民報新聞1面

福島県内の農協5団体すべて、はまなかあいづの全てが、賠償制度の継続を求めていることがわかりました。つまり、福島県で賠償を委任した生産者97%が、『福島の現実』に強く悲しみ憤っていることがわかるのです。これは分断とか対立ですか?違います。あなたも被害者になりえる「イジメ」です。たくさんの人が原発事故関連死で死んでいます。

販路の喪失や日本列島で同じスタート地点ではないなどの営業損害、汚染実害、精神的損害、内部被曝、外部被曝、放射能検査の実状、貴重な水となる山や川の汚染、海への汚染水たれながし、除染後の汚染、フクイチにある大量の放射能デブリ、30年間という長大な中間貯蔵施設、風評被害など、何から何まで挙げたら数えきれないほどあります。これら全てを包括的に入れて「フクシマの実害」と言え、それを引き起こしたのは加害者「東電」です。

もし、ふくしまで生きている人達を応援しているなら、次のようなことは控えてほしいと思います。表面だけ、放射能が大したことないとヒステリックセンセーショナルに安全を喧伝して目立ちたいなどのことや、誰か情報を間違えた人に対してことさら声を大きくして魔女狩りバッシングに終始するようなイデオロギー政治活動に福島の愛郷心を誤用して自らの劣等感から社会への私怨を追加するような混同話です。

例としては、原発事故後、情報を共有している人達のだれかを悪者にしてバッシングばかりしてきたネットの人達はこういう記事も全く無視し、いったいどこまで庶民を守ろうとする運動が憎いのか、どこかのデモが悪いなどと目をそらさせようとしています(<洗車汚泥>風評被害恐れ公表されず 2016年11月06日 日曜日 河北新報)。常にだれかをおとしめて切り捨てさせるようなことばかり言って極右思想に共感を示すような人達が、原発事故が起きたら、ネットに出てきたのです。被災地では被災があるから困っているのに、不毛ではありませんか。

なぜなら、そんなことをやっていても根本的な解決にならずむしろ政治的な対立を「わざわざ」引き起こしているだけだからです(そういうことをすると目立てるのでしょう)。そもそも被災というのは、被害というのは、政治的対立で起きるのではありません。本来の政治というのは利害調整行為であり、憎しみの押し付けではないので、誤用しないでいただきたいのです。敵を作り出す正義は卒業しましょう。静かに現実を見つめましょう。まだまだ福島は安心できません。

原発は何を出すのですか。
被害は加害で発生します。

5年も悲しみ続け6年間になろうとしています。とても長い日々です。いつもいつも日がな、寒いときには凍てつくような水をありがたく扱い、暑くて陽射しに倒れそうなときも農地に出続け、くたくたになっても重い荷を落とさず、エアコンもボーナスも有給休暇も連休もベースアップも何もかも無く、重労働に重労働を重ねて先祖代々命からがら日本の土地や文化を守ってきたことがあるために、日本の食糧は維持されています。

たとえば、海外の食糧は安いでしょう。日本の生産物が売れなくなれば日本の生産は消えますから、日本の食料を自分でまかなうという食料自給率は落ちます。するとどうなりますか。外国の言うことを聞かないと何も食べられなくなります。そうなった頃、海外の食糧は値上がりするでしょう。他にも食糧を盾にとり政治的な押し付けをされるでしょう。目に見えています。

ましてや戦争にでもなれば食糧の価格は高騰します。災害でも同じ。日本の国土を農地を生産を、長い目で大事にする社会にしませんか。世論調査によると福島県ではほとんどの人が原発再稼働に反対。つまり反原発です。もうこのようなことは起きてほしくないですし起きたら福島県どうなるかわからないからでしょう。東日本大震災もまだ警戒する必要あるそうです。よって福島県行政でも原発に依存しない社会を目指し、再生エネルギーが必死で注目されています。

それほど大変な事態なのです。こういう本当の、心の底でわきおこる地元ならでは福島の悲しみから応援してほしいと思います。なぜなら、このことは有名な一人や二人の意見ではありません。大勢すぎる生産者の事実だからです。巨大企業東京電カの起こしたレベル7世界最大の原発事故という行為があれば、上記のような被害結果があることは、一般の社会通念に照らし相当だと私は考えます。

本当の福島の被災はこういう悲しみです。被災は悲しみです。憤りでもあります。被災地が笑顔であれる日があるのは大変喜ばしいことです。しかし表層だけを声高に叫ばれても、今のままでは正直しらけます。被災地には被災者がいます。被災があるから被災地なのです。多大なる恵みをもたらす大自然は泣いています。聞こえますか。届きますか。もしよければいつまでも福島のみんなを大事に思っていてください。

それぞれの新しいフクシマを、創造しましょう。

フクシマは「風評ではなく実害」論に追い風 吉田邦吉

若松道端の薪 2015年4月 撮影:吉田邦吉

若松道端の薪 2015年4月 撮影:吉田邦吉

今こそ立ち上がる時が来た。ずっとこの時を待っていた。

「『風評ではなく実害』原発事故後の苦悩伝える 県農民連会長、国際シンポで訴え」という記事が朝日新聞で「2015年4月13日」、本田雅和氏によって書かれた。

引用はじめ ――
「風評被害」について県農民連の根本敬(さとし)会長は「風評とは根も葉もないことをいう。我々の農作物は根にも葉にも放射性物質を付けられた。実害だ」とし、加害責任をあいまいにする用語の使われ方を批判した。

……根本氏は、「国の基準値を少しでも下回れば安全ですって売っていいのか。それ以下なら風評被害だというのは消費者を敵に回す行為では?」という農民の悩みを伝えた。「核被害地で農民として生きていく」決意をした根本氏は「損害の自覚と覚悟が必要」と強調、「農村での食糧自立、原子力に頼らないエネルギーの自立」を説いた。

「……基準値が、科学ではなく政治的に決められ、住民は説得の対象になっている」と述べ、日本政府の住民帰還政策を「二重基準だ」とした。
――― 引用終わり

この記事の主張者は、福島県農民連の会長」であることに注目。つまり福島県の地元がそう言っている。他の新聞でも生産者は出ていたが再びこれによって今までの「反デマ論者(危険神話を作り上げた~、デマが悪い~、反原発が悪い~、差別が~、承認欲求が~、ナルシシズムが~、分断で複雑多様が~)」のみみっちい野次などは雲散霧消することになる。

同年4月末には、産経新聞もドローン事件に際して私吉田に取材してくれた。その内容にも放射能があるのは事実。生産者や生活者は苦しいというようにきっぱり書いてくれた。つまり放射能という根拠のある実害の意味だと当然に考えられる。

なお、朝日の同記事によれば福島市のフリージャーナリスト藍原寛子さんはマーシャルの被ばくでは小児甲状腺がんだけでなく30以上の疾患・障害に対する補償制度が確立されていると紹介したそうだ。こちらは健康被害・医療の問題だ。こういうことが福島県内部ではなかなか声が上がらない実態があるが、なるのは自分らだ。

このように今や、心ある人には、この土地と人を愛するのに、左右がないのだ。東日本大震災、原発事故、このような巨大な災厄と業務上の過失大事故に対して、そもそも右左の思想など、本来ないと私も思う。あくまで偽善的右傾化、ウヨ、そういうものだけがマスコミやネットで独り歩きしていた。

この発言が5年目の4月」であることにも注目されたし。「もう5年目だからそろそろ安全に」など、放射能がなるはずないことを如実に、克明に表している。現場の生産者の会長が言うのだ。

なおブロゴス記事2011年4月の国家公務員一般労働組合の記事のほうで根本さんは「福島を放射能で汚した東電はあらゆる損害を補償せよ!」と強く訴えている。一部さらに引用しよう。

引用はじめ――
……「危ないとわかっていても、つくらないと損害(賠償)の対象にならない」こんな馬鹿げた話があるでしょうか。まだ原発事故は収束の見通しもたっていないのです。

放射性物質の飛散は止まっていません。土壌の汚染は続いていると思います。作物の汚染も続いていると思います。……

消費者の過剰な反応を「風評被害」だといいます。いま現実に起こっていることは、根も葉もない風評ではありません。東電が起こした原発事故による放射能が大地と作物を汚染している実害です。「風評被害」で片付けることは、消費者に責任をなすりつけ東電を免罪することです。

心ある方々から「福島の産品」を買い支えたいという申し出がきます。こういうみなさんに、私はこう応えています。「お気持ちはうれしい。でも、みなさんにお願いしたいのは東電はあらゆる損害をすべて補償せよという世論を消費地で起こしてほしい。
引用おわり――
(※太字と丸括弧は筆者吉田)

震災直後から今まで、4年間ずっと彼は同じことを言ってきたのかもしれない(違うことだとウソになり損をするのは生産者自身だ、風評被害つまり売れないのは自己責任論などと同義にされる可能性)。根本さんはいつの間にか事務局長から会長になっていた。今でもこの文が通じることにも悲しみを覚える。

東京新聞も「風評被害」という表現を安易に使うな、なぜなら、東京電力福島原発事故をめぐっても、「風評被害」はともすれば、放射性物質による汚染を矮小化する文脈で乱用された(篠ケ瀬祐司、榊原崇仁)からだというように2015年5月12日に特報で書いている。

今までの通り一遍「ふくしま」キャンペーンのままで福島に待っているのは、「被害のまま風化の一途を辿る」だろう。うっすら感じている人もいるに違いない。いろんな人達が思想の違いをそのままに、まず一致団結して政府東電に責任をとってもらい、福島を保護救済していくことが大事だと私は考える。

放射能のせいなんだから。

結構、フクシマのことを。

みんな福島のことをーー自分は福島に行ったことがない。

最近、福島に行った事がないのだが、結構、福島のことが話されていることを書いておきたい。

私がよく行く岐阜県の山村は、やはり都市部への電力供給地となった徳山ダムと同じ町名になっている山村である。「犠牲者1万人」の手書きのキャプションつきで集落内の草刈の写真と一緒に張られてあるのは震災の写真である。みんな川下の町へ出ていってしまった村なので、行事の時だけ、戻ってくる。

2012年1月9日 岐阜県揖斐郡春日村 山の講を見学中に撮影

2012年1月9日 岐阜県揖斐郡春日村 山の講を見学中に撮影

村は、大飯原発から50キロ圏内。美浜で事故があった後(04年蒸気噴出事故、作業員4人が死亡)。村人が中部電力聞き取りにいった。その対応の感じに「あーんな、ええかげんな。事故が起きて北風吹いたら村は終わりじゃ。」政治色はどちらかと言うと保守の御仁だが、こんな感じ。100人を切った集落。夫婦のどちらかが死ねば村を出て行く。「情けない、村は終わりじゃ」と言いながら、村の思い出話と、原発の話をする。川が音を立てて流れている。峠を越えれば福井県である。この村は炭焼きが盛んだった。戦争から帰ってくると村で炭を焼き、村に木がなくなると、小浜、京北へと炭焼きに焼き子にいった。炭から電気に変わったのが昭和30年。山で稼がなくなると下(川下)へ出て行った。

東北と福島

東北には、海産物に関わり“復興”をしている私の友だち。なかには、放射能は光化学スモックより危なくない……、なんて公言する私の友だち。「でも、それなら、なぜ、福島のある地域の人は戻ってこれないのだ」。そう言いながら自分は、ノーベル中村が比較衡量について語ったことを思い出している。「この国は正義で判断しない。必ず大多数の利益と比較する」(ノーベル中村)。多くの人の利益を守るために、正義も、本当のことは言ってはいけない。福島ではどうして、生まれた土地を離れるんだ。ただ、この問いを友だちに言う事もないだろう。私がこう書いていることもとっても悲しく思うだろうな。

「福島は事件だ、私らとは違う」と一人の友だちが言った。津波で豪邸が流され、エメラルドの海を見下ろす高台にある仮設に住んでいる。事件と天災は違うと言う彼女。「もう三年だし~」。家に戻れない福島の人とは違う。彼女の父さんも津波の話は決してしない。

そこから、南下して、また知り合いの漁師に会いに行く。アイナメのベクレルの値が基準値を上回って売れなくなってしまったこと。震災で魚をしばらく取らなかったこともあって、魚が戻ってきた。養殖場の汚れも津波がきれいにしてくれた。それなのにアイナメといった高級魚が売れなかった。8割の補填があるが1日20万円ぐらいあった売り上げには響いた。牡蠣の工場も震災で全部やられた。3年以上経って、やんなる〜なんて言ってるんだろうな、いまごろ。

そんな東北の人たちの海は、三陸海岸の始まりにある。エメラルドグリーンの入り江。その入り江を伝って南下すると、福島がある。

2012年 宮城県東松島市宮戸つづら浦付近 白魚漁を撮影

2012年 宮城県東松島市宮戸つづら浦付近 白魚漁を撮影


いつか寄りたいと思ってる。どこに行っても、みんな、福島のことは話題にするので、行ってなくてもなんとなく身近な福島。