揺り戻されたこゝろ 酒井政秋

うつろな夢の中で揺れている…。

夢じゃない!

やけに大きな地震だ。これは関東か?それにしても長いな。揺れは益々大きくなった。
急いで情報を集める。
震源地は福島沖だった。
原発が心配だった。津波の大きさによっては、また5年8ヶ月前より酷い状況にだって想定できる。
しかし…。
すぐに情報は出てこなかった…。
東電のTwitterには、「■お知らせ■11月22日午前5時59分頃、福島県沖を震源とするマグニチュード7.3の地震が発生しました。現在、この地震による当社設備への影響を確認しております。詳細がわかり次第、お伝えいたします。」とのツイートだけ…。

あの時、何をあの企業は学んだんだ。と唇を噛み締めた。

後から東電は情報をツイートしてきたが、その前にメディアからの情報のほうが早かった。

不安がわたしの身体を包み込む。

最悪の状況をいつも想定し、1日の最後には必ずガソリンを満タンにする習慣が5年8ヶ月前にわたしのルーティーンになっていた。
食料の備蓄もしておいた。

でも実際備えても、またあの日の経験をしなくてはならないのか?その不安だったのだ。

明日がまた平穏に訪れるなんて保障はない。

パソコンとテレビと睨めっこをして、とにかく情報を集めて備えた。
気づけば2時間同じ体勢で情報を集めていた。
その間、友人の無事を各々確認したり、心配のメール、コメントが次々ときた。嬉しかった。その皆んなの祈りが不安を緩和してくれた。徐々に冷静さを取り戻していた。

仮設住宅の知り合いに声掛けをした。
みんな「あの日」の地震にこゝろは揺り戻されていた。
精神的に落ちこんでいる人は、「テレビを見ると身体が震えてくるからつけられない。」

「まずは原発が心配になった。」

そんな声が聞けた。

みんな目の奥は5年8ヶ月前の3月11日になっているようにわたしからは見えた。

自分が無理だと思ったらテレビや情報は見ないほうが良い。ストレスになるだけだから。と声をかけた。

改めて思った。

東京電力という企業の体質は何ら変わっていなかった。
ただ、5年8ヶ月前と違うのはSNSが普及している面、東電の中でも発信をしてくれる人がいた。ということだけ。
しかし、SNSをしていない人にとっては情報開示が遅いことで心労が深まったのではないか。ということだ。

改めて東京電力各位には速やかな情報開示をこの場で求めたい。

避難者の心労はまたひとつ深まったことを再認識し、改心し誠心誠意ある態度で臨んでいただきたい。

政治家の皆様には、地震が起きる度に原子力発電所の心配をしなければならないこの不安を取り除いて欲しい。
不安が押し寄せるエネルギーは時代遅れではないでしょうか?
日本列島はいや、地球は活動期に入っていると昨今相次ぐ天災で思います。国民を守る立場において、経済優先ではなく国民の生命を優先させなければならないのではないでしょうか?
核というものに平和利用なんてあり得ないということにまだ気がつかないのでしょうか?
原子力というエネルギーからの卒業するという転換期がやはりきているのではないでしょうか。
再稼動の道ではなく、エネルギーの転換する道へと進んでいくよう働きかけ・提言をよろしくお願いします。

もう2度と同じ経験をする被害者を出したくない。

それを痛切に感じた今朝の地震だった。

 

引用文:「東京電力(原子力)Twitter」より

おもうこと  酒井政秋

来年の3月末に飯館村は形の上では避難指示解除になるが、やっと飯館村に戻っても、決してホッとはできないだろう。その土地から放射性物質が消えたわけではないし、この5年は無自覚なのか自覚的なのか分からないにしろ避難場所の環境に身体も心も定着してしまった。
若い人は、まだまだ環境適応能力がある。しかし、中年配者にとってみれば、避難した時と同じだけの環境適応ストレスがのしかかってくる。
それは、たとえ飯舘村に帰る人にとっても、または別の場所で移住を決めた方にとってもそのストレスから逃れることはできないのだ。
私の祖母をはじめ、多くの方から耳にする言葉は
「やっぱり仮設(住宅)に来ると落ち着くなぁ~」
そういう意味では5年という時の重さを感じる。
仮設住宅がもう我が家になってしまっているという事なのだと。

来年3月に避難指示が解除されたからとて、決してストレスは減ることはなく、また別の質の新たなストレスや問題が村民一人ひとりにのしかかってくる。

そして、また避難の時と同じように、仮設住宅と次の住む場所とを行ったり来たりの生活で徐々に馴れていくしかない。

そう。馴れていくしかないのである。

この原発災害は避難が解除されたからといって、すべてが解決する問題ではない。
原発事故は、今まで築きあげたコミュニティも、人々も、自然にさえ、過酷な状況しか産まない。
そんな災いは一度きりでもう充分である。
どうしても世間では前向きな報道しか表に出てこない。もちろん、苦しい時を経て、前向きに頑張っている人の事を否定しているわけではない。それもまた事実ではあるから。
けれど、ネガティブなこと、見落とされた事実などはなぜか情報が統制されたかのように、意図的に書かれているのもまた事実ではないだろうか。
例えば「飯舘村来年3月に避難解除」と新聞の一面と飾ったときのことを思い出すと、住民懇談会の前日にその報道がされた。そして、あたかも、その一面の見出しは避難が解除されて問題解決しましたよ。と言わんばかりの紙面の見出しだ。
その陰で、住民の困惑したこすらも見落とされているのをどれほどの人が知っているのだろうか。
きっと避難指示解除になったら、もう解決したとみなされ、終わったことのように扱われるのだろう。けれど、それで問題は全く解決しない。先に述べたように、また新たな問題が出てくるだけの話だ。

綺麗事で終わらないのが原発事故なんだ。とつくづく思う。

この問題は当事者だけの問題なのだろうか?

あの原発を使っていた都市の問題でもあると思う。

年に数回、県外でお話をする機会を頂く。

そして、こんな質問をよくされる。

「わたしたちに何ができますか?何をすればよいのですか?」と。

その答えは、それぞれの心に、それぞれの置かれている環境の中にあるのだろうと思う。
その答えを自分で考えない限り、人は気づかないものであるとさえ思っているが、
あえてその質問に答えるとするならば

まずは身近からできることをしてください。という事ではないかと思う。

例えば、

・ゴミの分別や山林などの不法投棄問題。
ゴミ問題というのは、この消費大国日本にとって、大きな社会問題である。そうした裏で公害で犠牲になっている人がいるということを想像してください。そんな消費社会、資本主義社会、使い捨て社会ということは、電気もまた、消費しているということ。わざわざリスクあるもので都市の光を賄うことがそもそも大きな問題であったのである。その陰で、地方が今回犠牲になった証ではないか。

・自分で植物・野菜などを育ててみるといかに実がなるまで大変かが分かる。そして、食材に対してありがたみが分かる。
植物や野菜を育てることは、食材がスーパーに出るまで生産者は並々ならぬ愛情と苦労を重ね出来ていることをまずは知ってください。
そして、原発事故の時もそんな農家さんはせっかく育てた野菜や家畜、牛乳全てのあらゆる生命が廃棄されたり、そして避難の為に犠牲になったこと。農家や畜産家、家畜はどんなことを思いながら大切にしてきたものを廃棄や殺傷処分される家畜を見送ったのか。そのことを想像してください。

 

原発事故がおき、そして大地が汚染されるという事は、そういうことなのです。

一度起きてしまったら簡単に解決できないのが原発事故なんです。

そして、決して以前には戻らないのが原発事故なんです。

それでもひとは生きなくてはいけない。
そのためにはどうするか?と日々決断、迷い、苦悩しながら、それでも時は過ぎていくもので1日1日を考えながら生きていかなくてはならない。

もう1度、考えてほしい。想像してほしい。

貴方の街が、貴方の生活が、ある日突然、奪われたら、そして、そんなに簡単には取り戻せないことを知ったら、貴方だったらどうしますか?

天災も含めていつ災害が起きるか分からない昨今、そんな時だからこそ、今一度、自分の置かれている環境をみて、1分でも5分でも見つめる時間を持ってほしいと思う。

 

平成29年3月末避難指示解除公表に募る不安    酒井政秋

2016年3月23日、飯舘村が帰還困難区域以外の区域を2017年3月末日で避難区域解除、2018年には小中学校を村内で再開することを公表した。それは住民に何の説明もないままでの突然の報道であった。

この5年、いつも大事な情報はテレビや新聞等のマスコミで村民は知る。今回もまたそうであった。
村民の心は揺れ動いた数日だったに違いない。

そんな時、一本の電話がかかってきた。
その電話の相手は、以前に仮設住宅でお話を聞かせていただいた人からだった。

電話の向こう側の声に元気はなかった。「テレビ見たんだげど・・・飯舘村避難解除になったら、ここ(仮設住宅の事を指す)に居られないのか?追い出されてしまうんじゃないのか?」そうボソッと不安げに言った。

俺は「大丈夫。去年の説明会に内閣府に聞いたら、避難解除になったからって仮設住宅から強制退去にはならないと言っていたから。大丈夫。」そう言った。

電話の向こう側から大きなため息が聞こえた。

「あ~、それならいいけど、ここを追い出されたら、行くところがないんだ。飯舘の家はもう人なんて住めるような状況じゃね~から。どうすっぺな~。ここから出んのが怖いな。5年も住んでいると、ここが『自分ち』なんだよな。ここのほうが安心になっちまったんだな。不思議なもんだな。」そうしみじみと語ったその心の中には、不安と仮設住宅から離れていくことへの恐怖心があるのだなと実感した。

わたし自身も仮設住宅に住んでいるのだが、仮設住宅から離れるということに本音を言うとあまり抵抗はない。むしろ、早くここから脱却しないとと思っていた。

年配者は実際そうした考えではないという事を知った。

わたしは、他の年配者はどう考えているのかと何人かの年配者にさりげなく聞いてみた。

「一時帰宅して2時間ぐらいはホッとするんだよな。長年住んできた我が家と飯舘村の景色を見て、やっぱり飯舘村はいいなぁ~って。でもな、そのあとに、急にガラーンとした家に『ひとり』だって事に気づくんだよ。そしたら、仮設に帰りてぇ~って思うんだ。仮設に帰ってくると逆に安心するんだよ。ここが我が家になっちまったんだな。」

また、こうした声もあった。

「仮設ではすぐ隣に友達がいるからお互い声かけあって、元気でいられるし、支え合いながら生きていける。飯舘村に実際帰ってみたら、すぐ隣にだれもいねぇ~べ。さびしいどなぁ~。」

「この前、3日間息子に連れられて村に帰ったんだけど、3日間眠れなかった。なんだか怖くて、不安で、なんでだべな。仮設に帰ってきたらぐっすり眠れる」

いずれも70代~90代の年配者の声だ。

ニュースの報道や新聞の報道を見ると、比較的体力があって気力がある60代~70代前半は、帰って「土地」を守るという意識は強いと思う一方で、70代後半~80代のいわゆる「高齢者」にとってみたら、この避難区域解除っていうことは想像する以上に「不安と恐怖」なのではないか。

5年という長期的な避難は仮設住宅に高齢者を適応させてしまった。そこからまた移動するという事は、体力面でも精神的な面でも落ちている高齢者にとってリスクの一つになり得るのだと思う。たとえ、そこが飯舘村でもリスクであろうと言える。

震災当時、仮設住宅に来て体調を崩す人が急増したように、また環境が変わって、ストレスや孤独感から、病気が誘発されてしまわないだろうか。そして、孤独感や寂しさから認知力が低下して認知症になってしまわないかどうか、懸念するところである。

たかが、年配者の一部だけの声だと切り捨ててしまうのか。多くの高齢者が感じている全体の声に近いのか、わたしは全員に聞いてないので分からない。けれど、多かれ少なかれ、高齢者の環境適応能力は衰えていて、長期避難によって体力も衰えている。果たして以前と変わり果てた飯舘村に帰ったとしても、ストレスを感じないで穏やかな日々を過ごすことができるのだろうか。

それぞれの選んだ決断の向こう側に幸せがあることをひたすら祈るしかない。

この1年、さらに慌ただしい心落ち着かない日々や空気感が村民を取り巻く。

仮設住宅