「コットンツアー2017.10 綿の収穫@二本松市」に参加して 高田 緑

今年も、コットンプロジェクト・福島(代表:渡邊真紀湖)主催の綿の収穫に参加してきた。
秋の行楽シーズンにしては東北自動車道が混んでいなかったのは、台風の影響だったのか、東への旅行者が減ってきたのかはわからないが、都心の景色から徐々に故郷の景色に代わるバスでの移動は心の準備もできる。
コットンプロジェクト・福島の代表、渡邊真紀湖さんの活動のコンセプトとは、「地元の農地で有機栽培された綿花を製品化することで、農業の六次産業化をめざし、都市と農村の地域交流を推進しながら、日本の農産物の自給率アップに貢献する」(「フクシマ発」現在書館より)。渡邊さんのそのスタンスでの活動は、一貫している。
震災直後の2011年春から、二本松市東和地区の有機農家さんに綿の種を育てていただき、プロジェクトはスタートした。2012年の春には、毎年代々木で開催されている東京アースデイにて、生産者さんと共に参加者に綿の種まきを体験していただくことからスタートする参加型の「コットンツアー」が始まり、今年で5年目となった。
今年の春の定植では真夏日のような陽気となり、参加者も苗も萎びれそう(方言:しおれるという意味)になったが、その小さな苗が秋には腰位の丈に生い茂り、コットンボールが弾けそうに生っていた。それでも今年は他の作物同様に天候不順の影響で不作らしい。
年々、参加者は減ってはいるが、少ないなりにノンビリと里山の綿畑で、宝探しのように弾けている綿花を収穫するときのコットンボールの触り心地は、一度体験すると病みつきになると毎回感じる。癒し効果があるのだ。実際は一気には実が弾けないので、雨に濡れないようにと毎日、生産者さんが“白い宝物”を見つけては収穫している。

綿の花

綿の花

弾けたコットンボール

弾けたコットンボール

東京から何回か参加している若き女子。かわいい~!

東京から何回か参加している若き!女子。かわいい~!ありがとう!

みんなで休憩。農家さんの笑顔がステキ!

みんなで休憩。農家さんの笑顔がステキ!(撮影:Mamiko Aoki)

”白い宝物”

”白い宝物”

二日目は、農家民宿ゆんたにてミニ座布団制作のワークショップに参加。講師の生産者である藤倉さんに手取り足取り教えていただき、笑いの中で参加者二人の教室となった。それにしてもオーガニックコットンの座布団とは、なんと贅沢なんだろう。

先生!よろしくお願いします!

先生!よろしくお願いします!

この形にするには何度も重ねる。

この形にするには何度も重ねる。

生地を選んで、ぎゅぎゅぎゅーっと綿を入れ、四方をしっかり詰め込む、糸で綿を引っ張るように縫い、真ん中でしっかり綿を止める。慣れるまでなかなか難しいのです。

生地を選んで、ぎゅぎゅぎゅーっと綿を入れ、四方をしっかり詰め込み、糸で綿を引っ張るように縫い、真ん中でしっかり綿を止める。慣れるまでなかなか難しいのです。

小さな種から綿製品になる工程や、綿花が農産物であることはまだまだ周知はされていない。忘れ去られようとしている。福島県では特に会津地方で盛んだったことさえも知らない人が大多数だ。

混沌としたこんな時代だからこそ、先人の知恵の継承が必要なのだろうと心底思う。福島県に限ったことではない。失ったものは取り戻せないが、人の精神の軸がぶれない限り、幸せな生き方を見つけられるはず。残された者は希望を捨ててはしまいたくはない。
故郷、福島県の2017年秋にそう思った。

農家民宿ゆんたに泊まる  ―伊藤千惠

今月なかば、福島県二本松市の「農家民宿ゆんた」に泊まってきました。
東和地域に移住してきて8年、有機農業を営む仲里忍さんは沖縄石垣島の出身。
里山での苗木や綿花の植え付け体験、野菜の収穫体験、おばあちゃんの藁草履づくりなどいろいろな農業体験ができます。
ここで栽培されたオーガニックコットンの手ぬぐいやくつしたなど買うこともできます。
5月末の「コットンツアー 2015.5」に参加のヴェルトライター高田緑さんも宿泊。

ゆったりとした居間

ゆったりとした居間

今年、はじめて挑戦するという赤米の田んぼの草取りをさせてもらいました。

草取りの要領を指南していただく

草取りの要領を指南していただく

田んぼの持ち主の本多さんに草取りのコツを教えていただき、人生初の田んぼ入りです。たくさんのおたまじゃくしとかえるに見守られながらおっかなびっくり入るも、ずふずぶと足をとられてなかなか抜けず、難儀しながらやっと一列終わる頃に、ぽつぽつと雨が!
早々にひきあげ、近くの源泉かけ流しの名目津温泉へ。
地元の方が三々五々来られていました。

ここでとれた有機野菜や平飼いの卵を使ったおいしい食事は、二本松市の地域おこし協力隊の高木史織さんが供されています。

地元のお酒をいただいて

地元のお酒をいただいて

高木史織さん発行のおにぎり新聞

高木史織さん発行のおにぎり新聞

田んぼの指導をしていただいた本多さんと高木さんも夕食の膳に加わって、話がはずみます。
そして、ふかふかのオーガニックコットンのおふとんでぜいたくな眠りにつきました。
どうも沖縄の夢を見ていたようでした。

薪ストーブ!

薪ストーブ!(撮影:吉田博子)

8月には山がさるすべりの花で埋め尽くされるのが見られるそうです。
秋にはコットンプロジェクトの綿花摘み取りもあります。
また、ゆっくり時間をとって、わが家のような空間を味わいにいきたいと思っています。

庭の一隅にいらっしゃるかえるの守り神さまに気を取られて、民宿の全景を撮り忘れてしまいました。

 

 

 

「コットンツアー 2015 . 5」に参加して  高田 緑

「コットンツアー2015 .5月」参加者((撮影 : コットンプロジェクト福島)

「コットンツアー2015 .5月」参加者((撮影 : コットンプロジェクト福島)

5月23日・24日、コットンプロジェクト・福島(代表:渡邉真紀湖) 主催の、綿花の苗植え体験ツアーに参加してきました。
コットンツアーの開催は今年で4年目。4月の種蒔きから始まり、苗植え、草取り、摘芯、綿摘みと一年を通してのコットンツアーが開催されています。

栽培を管理しているのは、福島県二本松市のオーガニックふくしま安達の有機農家さん。農家民宿に泊まり、有機野菜を使った料理を食べて、オーガニックコットンの寝具にくるまれて眠る。食だけではなく、生活の中にオーガニックを取り入れる窓口としてのツアーには、今回は、初めて福島県を訪れたという参加者もいました。 福島県で綿花が栽培されているのを知り、また「福島県に行ってみたい」との希望で参加してくださいました。

当日は、最高気温が東京よりも高くなった炎天下での苗植え作業。事前にマルチを張って、後は苗を植えるだけの準備をしてくださっていたので、私たちはただひたすらに、10センチ程に育った苗を優しく定植しました。そう、優しくです。「生きてちょうだいね!」と、声をかけながら土に植えていたのです。 この苗が、雑草や害虫にも負けず、花を咲かせ実がなり、綿(わた)になり、種を取り除き、糸を紡ぐ。糸が織られてコットン製品となる…。この果てしない緻密な工程を、先人たちは日常の生活の中で行っていた事に、毎回、改めて敬服せずにはいられません。

綿花の苗植え(撮影 : 高田 緑)

綿花の苗植え(撮影 : 高田 緑)

福島県では、会津地方での綿花栽培の歴史が古く、天生年間に綿花栽培が推奨され、会津木綿が藩の特産品の一つとして、今なお400年の伝統が受け継がれています。

二本松市では、【地元の農地で有機栽培された綿花を原料に使い、衣服や小物に加工して活用することで、農業の6次産業化を目指し、都市と農村の地域間交流を推進しながら、日本の農産物の自給率向上に貢献する、という思いを「かたち」にしていく】(コットンプロジェクト福島より) というコンセプトの元、震災後から取り組んでいるそうです。

山里で土に触れ、根付いた苗に水をやる。青蛙が飛び、山からは鳥のさえずり。見上げれば青く澄んだ空。全てが自然と平和の成せる業であることが、参加されたかたの笑顔から滲みでています。 生産量はまだまだ少ないようですが、参加することにより、自然の恩恵なしでは人は本来、生きてはいけない、そんな有り難さのようなものを感じることができれば良いのではないかと、私なりに解釈しています。

農家さんの作業は果てしなく、日々続いています。一日二日の数時間では、現実的な苦労も理解出来たとは言えませんが、とにかく、コットンツアーは様々な醍醐味があります。 東北地方の厳しい気候の中での農作業の合間にあるお祭りごとのように、楽しいご褒美も満載です。

餅つきを体験( 撮影 : 高田 緑)

餅つきを体験( 撮影 : 高田 緑)

福島県を初めて訪れた参加者の若い女性が、富岡町から避難されてきたお孫さんをもつおばあちゃんの話を、対面で瞳を見つめながら聞いていたのがとても印象的でした。これも参加しなくては、分からなかったことかもしれません。
コットンツアーは、次回は草取りです。
フワッフワッの綿花に癒される日を待ちわびながら…。