南相馬のしんさいニートは東京で漫画を  カトーコーキ(下)

中巻から続き)

高田「自分で作った陶器を販売なさっていたんですよね?」

カトー「陶器に対しての情熱がそんなにはなかったんですね。バンドをもともと東京でやっていて、それではやっていけないからそのかわりという感覚が陶器にはあったのかもしれない。陶器は音楽のかわりにはならなかったですね。かわりにしようとしたことが間違いだったんでしょう。

陶器作りに夢中になれなかった自分を考えると、今の方がきっとイキイキしていると思います。お店は素敵な空間ではあったけど、自分の生き方としては、震災後の方が自分に対して真摯だと思います。

伊藤「美容師には執着がないんですか?」

カトー「これから描くところですが、美容は徒弟制度の名残が強くて、カウンセラーは美容に戻ったらまた同じになると言うんです。型にはめる教育に意味を見いだせなかったんですね。父が僕にした教育とかぶってしまって。一人前になるまで耐えられないと思ったし、自分のやりたかったようなアーティスト的な美容師はとても少ないし。

カトー「最近思ったことがあって、人間は容姿とか才能とか生まれとか、平等ではないと。しかし唯一、死だけが絶対に平等に誰の上にもある。父の死と震災があって、死ぬということを人間が忘れかけている、遠くに置きすぎていると思ったんです。

科学や医学が発達して、死が特殊なことのように感じているけれども、実は病死も災害死も同じだと言う気がする。お坊さんに言うと、仏教の考えに似ていると言われました。
見えないものを遠くに置きたがるが、見えないからなくなるわけではなく、必ず死ぬと言う約束の上に立っていると。動物であるということを忘れすぎていると思います。

自分は何で人間として生まれてきたんだろうと思うんですよね。生物の中で一番偉い雰囲気出しているけど、本当は劣っているんじゃないかと思っていて。例えば人間は美味しければ際限なく獲ってしまうが、動物は自然にバランスを保つじゃないですか。
ケモノはすごいなかっこいいなあと。人間はずるいし。美しくない。自分もずるいところはいっぱいあるけど。

星野道夫さんという写真家が好きで、アラスカで熊に襲われて亡くなったんですが、素敵な死に様だなあと思いました。」

高田「冒険家とか登山家とか自然の中に入って行く人って、自然の中に消えていくみたいな感じはありますよね。」

カトー「それは、僕らのいる現代社会へのアンチテーゼではないかと思いますね。
CDの2曲目の『星の遊び』という曲は、熊を殺して自分を生かすという歌詞なんです。
結局、人間は殺生しないと生きていけない。最初から罪を背負って生きている。
僕らは星に生かされているというか、遊ばれているという感じがする。そういう関係性。

この漫画を描き終わったら、もう余生だという思いがあって。たとえ出版されなくても、やることはやった、使命は果たしたと思える気がするんです。どれだけの人に響くかわからないけれども。

高田「カトーさんの漫画はシンプルだけども、下手すると文章よりすごくよくわかる。ひとコマ、ひとコマに凝縮されているんですよ。」

カトー「すごく嬉しいです。僕には他の地域の人のことはわからない。唯一わかることは、僕が感じたことだけです。注意しているのは誰かを傷つけることを書かないということだけで、あとは制限していない。経験したことを感じたままに伝えることだけが自分の仕事だと思っています。明確な立ち位置があるのでぶれようがない。だから伝わるのかもしれない。

からだを割って、心臓をとりだしたときに芯の部分で何を感じてるのかということが真実なのだと思う。
僕は自己分析に関しては自負があって、これをどう説明すれば自分の感情がわかってもらえるかを念頭においています。心の動きを文章にするにはいかに言語化できるかが勝負で、ずっとそれをやってきたから、いい形で表出したのが漫画だったのかもしれないですね。

今の状況がいいとは思っていないけど、30年を半年でなおすのは難しくて、時間も人の助けも必要だと思っています。漫画や音楽の存在が必要なんです。それでゆっくりやっていけるようになるのではと思っています。これが仕事になるのが最高だけど。」

彼はとうとうとよどみなく話してくれた。
実によく自分を観察し分析し把握している。
決して自分をごまかさず一心に見つめることで、逆に苦しさが募ってしまったのかもしれない。しかし、そこから生み出される漫画や楽曲が私たちの心をとらえる。
すべて手書きのジャケットとブックレットと漫画と、とても魅力的です。

CD「しんさいニートのテーマ」

CD「しんさいニートのテーマ」  (撮影:伊藤千惠)

CDジャケットの消しゴムはんこ

CDジャケットの消しゴムはんこ (撮影:伊藤千惠)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南相馬のしんさいニートは東京で漫画を カトーコーキ(上)

エッセイ漫画「しんさいニート」をウェブで発表しているカトーコーキさんにお話をうかがった。
カトーさんは、1980年福島県南相馬市原町区で生まれ、東京の大学を卒業後、2005年に帰郷。
自ら改装した古民家で陶器製造販売業をはじめるが、2011年の震災・原発事故により、家族で函館に移住。
函館での事業再建はかなわず、美容専門学校に入学し美容師免許を取得。
2013年に東京の美容室に就職したがうつになり、退職したのち3ヶ月寝たきりとなる。
カウンセリングに通いはじめ、別の美容室に就職するも精神状態がすぐれず退職。
回復していく中で、原発事故被害の当事者だからこそできることを模索、
エッセイ漫画「しんさいニート」で自身の体験を描き、ウェブでの発表を始めた。
同時にPRムービーのBGM作成のため、バンド、エレクションズを結成。

震災・原発事故、うつ、ニート、父親による精神的虐待、自己否定などの体験を赤裸々に描いた「しんさいニート」はアメーバ・ブログでエッセイ部門一位を獲得している。

2015年4月11日
話し手:カトーコーキ
聞き手:高田緑、伊藤千惠  文起こし:伊藤千惠

カトーコーキさん

カトーコーキさん (撮影:伊藤千惠)

カトーコーキさん

カトーコーキさん (撮影:伊藤千惠)

 

 

 

 

 

 

 

伊藤「漫画、読みましたけど面白いですね。」

カトー「そういっていただけて嬉しいです。最初は内容がとても赤裸々なのでウェブで出すことに抵抗がありました。知り合いが見ますから。だけど出版を目指すのであればいずれ通る道なので、腹をくくりました。

漫画で僕が言いたいのは、震災や原発事故の被災者が辛いとかかわいそうとか言う結論ではないんです。一番感じたのは、原発や国がどうだというよりも、自然対人間のあり方みたいなものをあの時、問われたんじゃないかと。結局人間は科学の上で操られていて、手を出してはいけないものに手を出し、人間の命が自然の 力で簡単に失われてしまったということに考えをめぐらすべきじゃないかとすごく思いました。

でも、今残っている議論は被災地や原発をどうするかとか、それによって極端な意見も出てきて、それは身の置き場としては楽かもしれないけど、本当は僕は原発や国に対して文句をいえる人は誰もいないと思っています。国イコール国民ということで、今まで容認してきたんじゃないか、自分も含めて。心情的にはわかるけど極端な意見に参加するのは好きではない。容認してきた歴史があるのを無視してはいけないと思います。

今回、たまたまあの場所で事故が起こっただけで、どこに起こってもおかしくない。本当は国のあり方や生き方が問われたんだけど、東京に来て感じたのは、もう終わっているということです。東京オリンピックが決まったとき、震災や原発事故の話はもうこれ以上できなくなるんだ、終わったなあと思いました。

最初、漫画を描きはじめたとき、どこか南相馬代表みたいな気持ちがあったんですが、南相馬市原町区は人が住める区域で、役場の友人と電話で話していて、地元の人たちは事故のことを半分忘れて普通に暮らしている。そうじゃないと日々をこなせないから、と聞いたとき、ああ僕は南相馬代表ではなかったんだなと感じました。

南相馬市原町区は、僕のように完全に家を切って移住した人はそんなにいません。個人的にはあそこには住めないと思っているし、当時、兄の子供たちが小さくて健康被害のおそれがあったので、兄嫁の実家がある函館に移住したのですが。
大丈夫だと言われているけれど、何をもって大丈夫なのか明確でないのが大きいですよね。

チェルノブイリでは200km圏内に影響があったというのを参考にして、200km圏外に出ようと思いました。僕自身はあのときの判断は間違っていなかったと思っていますが、残った人たちには残った人たちの正義があって否定はできない。あちらを立てればこちらが立たずで非常に難しく苦しいんです。

残れる場所なのに残らなかった、移住した、地元や人を裏切ったという罪悪感がものすごく残りました。原町には荷物の整理に帰ったきりでずっと帰れなかった。会いたい人はたくさんいるけど会えないんです。住めるギリギリのラインで自分達で選択しなければいけない、一番きついエリアだと思います。自分の選択を誰のせいにもできないし、自分で責任を取らなければいけないわけですから。

福島ってすごく広くて、原発事故の被害の地区はほぼ浜通りに限られていて、原発事故被害にあっていないエリアで農業や観光業、その他産業に携わる人たちは、福島元気だよ、がんばっているよ!と言いますよね。それが攻撃されている気持ちになるんですよ。それが今、福島の総意みたいにこっちには伝わってくる。福島人だけど、がんばれていないし、元気でもない僕はなんなんだ?と。

僕や他の原発事故の被害者のことは切り捨てた感じになってしまっている。
地元の南相馬市原町区の人とも相容れないし、福島全体の被災地域以外の意見とも一緒になることができない。自分の所属先がなくなった感じがするんです。
でも僕が他の立場だったらそうするだろうし、誰も悪いわけではない。
しかし、そういうところに目がいってないということは事実としてあるよね、ということは言いたい。風評被害以前の問題で、全然終わっていないんです。」

高田「事故以前から、福島は地域によって全然違うんですよね。」

カトー「実は震災後3年半くらい、震災関係のテレビは思い出すと辛くなるのでずっと見れなかったんですが、カウンセリングを受けて、徐々に回復してきて漫画を描き始めたあたりから楽になって見られるようになったんです。

このあいだの「ふくしまをずっと見ているTV」で、番組MCの箭内道彦さんが、『福島の人たちの感情をひとくくりにするのが一番危険だと感じている。それぞれの立場、それぞれの住んでいる場所によってまったく違う』と仰っていて、同じことを強く思っていたので驚きました。それが今まで無視されてきたので、そのことばが欲しかった。

震災系のイベントも人々の関心がなくなり、もう終わっている感じなんですね。もっと根源的な問題を考えないといけない。大事な部分を考えないまま震災は終わってしまったという気がするんです。本当は当事者たちが、復興します、がんばりますよということだけではなくて、大事なことは何なのかを考えさせなければいけないと思う。それが僕の漫画でできればいいと思っています。
震災の漫画というだけではなく、もっと大きい、ある意味、自然学とか哲学とかの方向に終結させていきたいんです。」

中巻へ続く)