「コットンツアー2017.10 綿の収穫@二本松市」に参加して 高田 緑

今年も、コットンプロジェクト・福島(代表:渡邊真紀湖)主催の綿の収穫に参加してきた。
秋の行楽シーズンにしては東北自動車道が混んでいなかったのは、台風の影響だったのか、東への旅行者が減ってきたのかはわからないが、都心の景色から徐々に故郷の景色に代わるバスでの移動は心の準備もできる。
コットンプロジェクト・福島の代表、渡邊真紀湖さんの活動のコンセプトとは、「地元の農地で有機栽培された綿花を製品化することで、農業の六次産業化をめざし、都市と農村の地域交流を推進しながら、日本の農産物の自給率アップに貢献する」(「フクシマ発」現在書館より)。渡邊さんのそのスタンスでの活動は、一貫している。
震災直後の2011年春から、二本松市東和地区の有機農家さんに綿の種を育てていただき、プロジェクトはスタートした。2012年の春には、毎年代々木で開催されている東京アースデイにて、生産者さんと共に参加者に綿の種まきを体験していただくことからスタートする参加型の「コットンツアー」が始まり、今年で5年目となった。
今年の春の定植では真夏日のような陽気となり、参加者も苗も萎びれそう(方言:しおれるという意味)になったが、その小さな苗が秋には腰位の丈に生い茂り、コットンボールが弾けそうに生っていた。それでも今年は他の作物同様に天候不順の影響で不作らしい。
年々、参加者は減ってはいるが、少ないなりにノンビリと里山の綿畑で、宝探しのように弾けている綿花を収穫するときのコットンボールの触り心地は、一度体験すると病みつきになると毎回感じる。癒し効果があるのだ。実際は一気には実が弾けないので、雨に濡れないようにと毎日、生産者さんが“白い宝物”を見つけては収穫している。

綿の花

綿の花

弾けたコットンボール

弾けたコットンボール

東京から何回か参加している若き女子。かわいい~!

東京から何回か参加している若き!女子。かわいい~!ありがとう!

みんなで休憩。農家さんの笑顔がステキ!

みんなで休憩。農家さんの笑顔がステキ!(撮影:Mamiko Aoki)

”白い宝物”

”白い宝物”

二日目は、農家民宿ゆんたにてミニ座布団制作のワークショップに参加。講師の生産者である藤倉さんに手取り足取り教えていただき、笑いの中で参加者二人の教室となった。それにしてもオーガニックコットンの座布団とは、なんと贅沢なんだろう。

先生!よろしくお願いします!

先生!よろしくお願いします!

この形にするには何度も重ねる。

この形にするには何度も重ねる。

生地を選んで、ぎゅぎゅぎゅーっと綿を入れ、四方をしっかり詰め込む、糸で綿を引っ張るように縫い、真ん中でしっかり綿を止める。慣れるまでなかなか難しいのです。

生地を選んで、ぎゅぎゅぎゅーっと綿を入れ、四方をしっかり詰め込み、糸で綿を引っ張るように縫い、真ん中でしっかり綿を止める。慣れるまでなかなか難しいのです。

小さな種から綿製品になる工程や、綿花が農産物であることはまだまだ周知はされていない。忘れ去られようとしている。福島県では特に会津地方で盛んだったことさえも知らない人が大多数だ。

混沌としたこんな時代だからこそ、先人の知恵の継承が必要なのだろうと心底思う。福島県に限ったことではない。失ったものは取り戻せないが、人の精神の軸がぶれない限り、幸せな生き方を見つけられるはず。残された者は希望を捨ててはしまいたくはない。
故郷、福島県の2017年秋にそう思った。

茜さす浜街道に朧月 吉田邦吉

 七年目の霜月いつもながら少し肌寒い浜街道沿いの平を歩いていた。あれからあれがなんだったのかと考えさせられる想いを広々としてどこまでも青く透き通った空へ見上げ、何度でも送らせていただく。地震の爪痕が修復された古い塀に残り、わずかに記憶が染みだしている。

 青天に霹靂あれど何ら返事はなく、夏には新聞紙とちくわと糸で釣れるザリガニもいる疎水を抱く道に敷き詰められた砂利が、しまむら和ものつっかけに撫でられて転がる。コンビニの女性が笑顔で接客していた。セブンイレブンのレーズンサンドがうまい。テレビが言うに何もない世界が見えるウルルは登山禁止になる。

 所用を終え出先の自動ドアを抜けると日が沈んでいた。朧月が茜さす空に夕と闇を交歓していた下界では、渋滞のなかを縫うように歩くカップルの向かい側にてコリー犬とシベリアンハスキーが交じったような立派な白黒ワンコが小さな家のもっと小さな犬小屋の前。

 胸を張り留守番していると見えて運命を思った。

◇月いちリレーエッセイ◇  政治は遠いのか。な?  伊藤 千惠

衆院選が終わった。
ツイッターやフェイス・ブックなどのSNSではこれでもかというくらい関連の話が流れ、実際食傷した。
が、言論はヘイトや反社会的な意図がなければという留保付きで自由である。庶民層が政談、床屋談義するのはけっこうなことである。私には関係ない、興味ない、どうせ変わらないもんねという態度より数段いい。
(欲をいえば、同じ話題はもういいからちょっと違う話題とか、違う切り口の意見とかをみんな書いてくれればいいんだけど。その方が波及力あると思うし。)
問題は、それが庶民層におけるマイノリティにすぎなくて、若年層、30歳~40歳代の働き盛り層がとても少ないということ。毎日の通勤満員電車のなかをみわたしても、会社のオフィスで雑談していても、街のカフェや商店街をぶらついていてもいっこうにそのような声は聞こえてこない。
それはそのまま投票率につながるんだろう。
どうしたものか、、、。
ということをいつも考えている。

東日本大震災による福島第一原子力発電所事故から政治や行政へ不信感を抱き、いろいろな知らなかった知ろうとしなかった情報を得て、選挙運動なんかに興味を持った人はたしかにいる。自分もそうだし、震災以前は存在しなかったことを考えると、少数でも激的変化かもしれない。
ということを考えるに、なにかひとつ気になること―例えば働き方や給料のこと、子どもの教育、親の介護、年金、医療にかかるお金、災害、表現の自由、個人商店がなくなる、なんてことでも必ず政治につながるものだ。なにひとつ不満も不自由も感じていない人はいないだろう。
大きな社会的問題だけをとりあげる必要はぜんぜんない。そこから関心のない人へのアプローチができるかもしれない。
だいじなのは自分の見方意見を絶対的なもののように言わないこと。選挙に行かなかった、政治に関心がないことを否定するようなことは言わないこと。そこ出発点では対話は生まれないんじゃないかな。
一挙にマス(=集団、かたまり、大衆)を変えさせるなんて全体主義的で気持ちの悪いものであるから、まず自分の身近にいる無関心びとと会話すること、対話することだなあ。
と、ひきこもり派の自分はつらつら考える。

各種イベントのお知らせ

各種イベントのお知らせ

吉田邦吉
「残す」「伝える」使命に立脚するミュージアムは、祈りや願いがこめられた「語り」の力と意義を取り込んでいく必要があります。本フォーラムでは、「語り」による経験の共の意義とそこから見える未来への継承について議論します。また、東日本大震災からまもなく丸8年を迎えるにあたり、様々な手法による「語り」で試みられている震災の共有と教訓の発信、今後の可能性についても語り合います。ぜひご参加ください。

日時:2019年2月3日(日)10:00~16:00
会場:福島県立博物館視聴覚室
無料 申込不要

講演と会議 吉田邦吉 ライフミュージアムネットワーク 福島県立博物館 文化庁 2019年2月3日 

講演と会議 吉田邦吉 ライフミュージアムネットワーク 福島県立博物館 文化庁 2019年2月3日

講演と会議 吉田邦吉 ライフミュージアムネットワーク 福島県立博物館 文化庁 2019年2月3日 

講演と会議 吉田邦吉 ライフミュージアムネットワーク 福島県立博物館 文化庁 2019年2月3日


吉田博子・吉田邦吉

NHK BS1スペシャル「福島タイムラプス」20180722再放送

NHK BS1スペシャル「福島タイムラプス」20180722再放送

http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2018-07-22/11/21927/2608124/

「福島タイムラプス」が、ATP賞テレビグランプリ優秀賞を受賞。ATP:一般社団法人全日本テレビ番組製作社連盟。 NHK BS1スペシャルNHK world premium, "Fukushima Timelapse" ATP award, outstanding performance award. (ATP is All Japan TV program Production companies) . Thank you so much. I'm very honored to hear that. I know our film makers are great. 20180608

「福島タイムラプス」が、ATP賞テレビグランプリ優秀賞を受賞。ATP:一般社団法人全日本テレビ番組製作社連盟。
NHK BS1スペシャルNHK world premium, “Fukushima Timelapse” ATP award, outstanding performance award. (ATP is All Japan TV program Production companies) . Thank you so much. I’m very honored to hear that. I know our film makers are great. 20180608

福島タイムラプス15分版
2018年5月13日(日)15:40~ NHK world premium
会津から大熊町へ
http://nhkworldpremium.com/index.aspx?ssl=false&c=26
※海外在住の日本語話者向けNHK

NHK BS1スペシャル短縮版 新編集 大熊・会津編
2018年4月4日夜9時から放送 清水大輔・吉田邦吉

NHK BS1 スペシャル 福島タイムラプス 清水大輔・吉田邦吉 大熊・会津編 これから時おり放送されていく予定。

NHK BS1 スペシャル 福島タイムラプス 清水大輔・吉田邦吉 大熊・会津編 これから時おり放送されていく予定。

NHK オンデマンド 2018年03月12日-2018年03月25日
BS1スペシャル「福島タイムラプス」
ondemand

NHK BS1 スペシャル
「福島タイムラプス 震災7年目の映像詩」
2018年3月11日(日)
午後10時00分 – (110分間)

fukushima.timelapse

2018年3月11日(日) 午後10時00分-110分間 BS1スペシャル「福島タイムラプス 震災7年目の映像詩」出演:清水大輔, 松村直登, 菅野長八, 吉田邦吉, 鈴木富子. ナレーション:葵わかな. http://www4.nhk.or.jp/bs1sp/x/2018-03-11/11/4622/2608124/

“NHK world premium”によって世界へ向けた”Fukushima Timelapse”の放送が決定。

NHK world premium, BS1 Special, "Fukushima Timelapse ; poems of Video for 7th year since 2011", Shimizu Daisuke, Aoi Wakana, Yoshida Kuniyoshi, etc., @20180318

NHK world premium, BS1 Special, “Fukushima Timelapse ; poems of Video for 7th year since 2011”, Shimizu Daisuke, Aoi Wakana, Yoshida Kuniyoshi, etc., @20180318

BS1 スペシャル「Fukushima Timelapse」20180318@NHK world premium Yoshida Kuniyoshi

BS1 special「福島タイムラプス(Fukushima Timelapse)」20180318 @ NHK world premium / Kuniyoshi Yoshida

吉田博子・吉田邦吉
満員御礼

講演会「会津三十三観音を歩く」会津民俗研究会 吉田邦吉 吉田博子 福島民報新聞20180220

講演会「会津三十三観音を歩く」会津民俗研究会 吉田邦吉 吉田博子 福島民報新聞20180220 / Yoshida Kuniyoshi

2018年2月25日、福島県立博物館にて会津三十三観音の講演とトークを行う(古河明子、齋藤憲子、塚本麻衣子、吉田博子、吉田邦吉、主催:会津民俗研究会)。

2018年2月25日、福島県立博物館にて会津三十三観音の講演とトークを行う(古河明子、齋藤憲子、塚本麻衣子、吉田博子、吉田邦吉、主催:会津民俗研究会)。

後援事業 催し物一覧 福島県立博物館
http://www.general-museum.fks.ed.jp/02_moyoshi/09_other_kouza/other_kouza.html


天井優志
23561691_1503654133059802_8815102657646535277_n

みんなで映画や地域などについて気軽に話す会
第0回「ムビチャト」

15:30〜17:39 『彼女の人生は間違いじゃない』上映
17:40〜18:10 映画と地域としゃべろう!ムビチャト

トークに出演

Facebookにてイベントページ
(詳細 https://www.facebook.com/events/1968286913427621/

公式サイト
http://gaga.ne.jp/kanojo/

あまや座
那珂市瓜連1243
029-212-7531


酒井政秋

酒井政秋

酒井政秋

オープンフォーラム
「3.11以降の日本〜原発を取り巻く様々な立場から、それぞれの“願い”を聞く」

2017年10月13日の夜7時から
東京都品川区にて酒井政秋さんがご出演です。

「本当の民主主義」とは、どのようなものでしょうか。飯舘村での惨憺たる体験から語られるナマの言葉には、たいへん重要なものがあるでしょう。耳を傾けたいと思います。

関係者の皆様に御礼申し上げます。
会場:日本プロセスワークセンター

詳細:
http://peatix.com/event/266991

日本プロセスワークセンターホームページ
http://jpwc.or.jp



吉田邦吉
無題111

●来場者20万人超過
【横浜トリエンナーレ】

2017年10月9日の午後より、アイスランドの芸術家Olafur Eliasson(オラファー・エリアソン)さんの作品を通して、横浜美術館に吉田邦吉が出演することになりました。横浜と福島は共通項も多々あります。

普段からお世話になっている福島県立博物館専門学芸員の川延安直さんと福島県立博物館主任学芸員の小林めぐみさんとともに出られることは、吉田にとって大変名誉なことです。

AAR Japan[難民を助ける会]プログラム・マネージャーである穗積武寛さんのお話を聞けることは、東北福島の私達にとって、大変な学びになるでしょう。

来場くださった皆様とのワークショップも楽しみにしております。ほかのイベントを見ると、定員はすぐ埋まっているようなのでお早目のお申込みをよろしくお願いいたします。

横浜美術館学芸員の皆様はじめ関係者の皆様に御礼申し上げます。

詳細
http://yokohamatriennale.jp/2017/event/2017/09/event50.html
詳細2
http://www.yokohamatriennale.jp/archive/2017/artist/index.html



吉田邦吉

ふくしま本の森図書館読書会

ふくしま本の森図書館読書会

みんなの好きな絵本を選んで語りましょう。
今回の「ふくしま本の森」読書会のテーマは「絵本」です。読書部の担当は、話し手の伊藤由貴さん、話し手の赤坂憲雄さん、司会・選定人の吉田邦吉です。ご質問あれば何でも聞いてください。
ーーー
Favorite picture books of everyone.
Let’s choose and talk.
Ito Yuki, Akasaka Norio, Yoshida Kuniyoshi who are in charge of “The Reading Department” at “Fukushima Book Forest(ふくしま本の森).” Feel free to ask me any questions.
ーーー
月日が経つのは早いものですね。
昨年から続け、総計では4回目になります。
オープンでは2回目になります。

ホッと一息、しませんか。

ふくしま本の森ホームページ



(以下、過去のイベント)

米田 博
2017年9月16日ポレポレ坐にて、福島映像祭が開かれ、米田博さんのスライドショーが選ばれました。米田博さんのトークも開催されました。関係者の皆様に御礼申し上げます。詳細(http://fukushimavoice.net/2017/08/2628)。

スライドショー
「私が見た・・・福島」
https://www.facebook.com/hiroshi.yoneda3/posts/1421955937922893
(2017年/10分/制作:米田博)2015年の7月に福島へ足を運び、2年間、撮りためた写真をスライドショーにまとめた。極私的な視点で切り取られた福島の風景を、トークを交えながら紹介する。



吉田邦吉

ヒジノワ2017年6月イベント

ヒジノワ2017年6月イベント

2017年6月に開催されました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
対談「都市生活者の原発、避難者の原発」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ヒジノワホームルーム第6回として開催した対談の記録が、ようやくまとまりまして地域編集室ウェブサイトにて、PDFを公開しました。『ヴェルトガイスト・フクシマ』編集長の吉田邦吉さん、環境デザイナーの廣瀬俊介さん、おふたりの対談記録には「見出し」をつけさせていただいています。

⒈ 違和感と批判から始まった
⒉ 共通理解のベースをつくる。
⒊ フクシマという「世界精神」を。
⒋ 正しく怒ることで世界は変わるか。
⒌ 狩猟採取民族の感受性で。
⒍ 原発は「科学」の問題なのか。
⒎ 震災後に問う、わたしたち人間の資本
⒏ WELTGEIST FUKUSHIMA–やわらかなクサノネ

いかがでしょうか。
この対談の「奥行き」を感じていただけるかと思います。
お時間ありますときに、ぜひ、お読みください。

詳細 地域編集室 蓑田理香事務所

ヒジノワホームルーム第6回の記録「都市生活者の原発、避難者の原発」

栃木県益子町cafe & space「ヒジノワ」のホームページ
http://hijinowa.net

※以上、昨年まで過去のものは掲載していません。

◇月いちリレーエッセイ◇ 泥にも一生 津田枝里子

 某時代物ドラマで、自分が「泥を被る」事で想い人を助け処刑されたある「漢」の話が最近話題になりました。
 あえて憎まれ役を買って出るという史実には無い解釈で、こういう事があったかもしれないという観点を描いたらしいのですがそれはさておき、この「泥を被る」という行為をした人物の魂に私は「大きな器」を感じました。

 あなたは愛する人の為に悪になれますか?

 誰もが自分の価値観で善悪を判断しがちな昨今、悪となされた中にある真実に注目したくなりました。この世は知られざる「泥被り」が歴史を造り支えたのではないでしょうか。
 日本神話の中にもあります。スサノオノミコトが高天原にて粗暴な振る舞いをし、その事でアマテラスが岩戸にお隠れになるという話は有名ですね。

 「田の畦を踏み潰し埋め、神殿にう○こを撒き散らし……。アマテラスは弟のしたことを庇っていましたが、ある時スサノオが機織り場に斑模様の馬の皮を剥いで投げ入れ、それに驚いた機織り娘が横糸を通すための道具板で女陰をついて死んでしまいました。これにはついにアマテラスも恐ろしくなり、天の岩戸屋に隠れてしまわれました。」
 
 神様なのに何故このような残酷な事をと思っていました。そんな時ある神職の方が、『「神でさえこのような悪事を致す。人間が同じような罪を侵しても仕方ない事だ。だからどうか人類の罪、不徳を許したまえ」とスサノオノミコトは自らがありとあらゆる粗暴をする事で親神様に願い出て下さっているのですよ。』

 と、とても深いい話を教えて下さいました。実際にその神話を引用した祝詞があるそうです。

 我々は表面に見える悪を叩きはするけどその中にあるものを見ようとはしません。先ほどのドラマの話を聞いた時、斯くありたいものだと思いましたが、自分は泥を被る事などとてもできません。だからこそ泥を被ってくれた人がいるならそれに報いたい。泥から蓮の華が咲くように、泥から学び、感謝できる自分でありたいと願う今年の9月でした。