書の海を漂う~乱読日記*その四  ダークツーリズム・ジャパンVol.2    伊藤千惠


DTJ

ダークツーリズム・ジャパンVol.2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダークツーリズム・ジャパンVol.2  東邦出版 2016.1.4発行

以前、1号を紹介したが、2号も大変に内容が濃い。
たとえば、産業遺産の持つ人間の英知ともいうべきわくわくするような技術力と、公害や差別など負の遺産と、光と影の両方にアタッチするような、ひととおりではない旅のかたちを提言している。

わがヴェルトガイスト・フクシマ吉田邦吉編集長の「会津三方道路の痕跡を往く」という記事が非常におもしろい。
明治初頭、喜多方で勃興した自由民権運動のきっかけとなった会津三方道路をたどる旅である。
戊辰戦争後の明治15年に敷設された、会津若松を起点として山形、東京、新潟のそれぞれ三方を結ぶ会津三方道路も、喜多方の自由民権運動も浅学にして知らなかった。
政府から派遣されてきた県令のもとで、会津民が人夫として過酷な土木工事に賦役させられて完成した道路が、わずか15年後に鉄道に輸送の主役をとってかわられるという運命になんとも重層的な哀しみを感じる。
東北の歴史が大和朝廷の時代からつねに中央に侵略され恭順させられてきたことを考えると、近代まで、いや原発事故後の現在までも、赤坂憲雄さんが福島はいまだに中央の植民地であると言ったことが頷ける。

詳細は本文を読んでいただくとして、
何より、ふるびた道標を頼りに草むした旧道跡をたどるのは楽しそうである。
山歩きやローカル線、極力幹線道路を使わないバイクツーリング好きとしては、何から何までおぜん立てされた旅より好奇心をそそられる。
鉄道廃線跡を歩くとか旧街道をたどる歴史ファンは数多いが、ネガティブな面も含めて忘れられた歴史を掘り起こし、自分の足で歩きながら痕跡をたどることは、ただ「知る」ことみならず幾重にも「考える」ことをも掘り起こす。

ほかにも実に興味深い記事がたくさんある。
近代の産業遺跡をたどることで、より現在の日本が見えてくる。それは構造的なものだけではなく、日本人の精神性をたどることの意味でもある。