ようやく戻れた町…まだ戻れぬ町を歩く(上)  米田博


2016-01-02-00-47-13_deco
2015年12月31日

鹿児島から東京にでてきて4ヶ月…

日々の仕事と生活に揉まれ流され…

現実を忘れそうになっていた。

それを取りもどそうと青春18切符で電車に乗った。

東京じゃ、座ることもできなかった電車も終点間際になると貸切り状態

2016-01-02-00-47-46_deco2016-01-02-00-48-10_deco6時間かけて着いたのは、福島のいわき

フクイチから30km、そこには、普通の暮らしがある…

2016-01-02-00-49-18_deco2016-01-03-16-00-26_deco2016年 元旦 8:50

常磐線の突当りの町、楢葉町へ向かった。昨年の9月に避難解除された町

ようやく戻れるようになった町…

暖かい元日の朝、降り立った町はとても淋しく人気が少ない…

道ばたで老人とすれ違う…「お前…誰だ…」というような目で私を見ていた。

小さい女の子と散歩していた老人…ボールを拾いに私の方向にきた女の子に「そっちには、行くな」と声をかけた。

見知らぬ顔が歩いているのを見れば

まぁ、そうかもね。

2016-01-02-00-50-46_deco2016-01-03-15-58-20_deco2016-01-03-15-58-53_deco2016-01-03-17-01-44_deco2016-01-03-17-00-18_deco2016-01-03-16-59-36_deco現在の町の人口は7364人。帰還した人の数は1割ほど

103.64 k㎡ある町で人気を感じるのには少なずぎる数

2016-01-02-00-51-15_deco2016-01-02-00-51-42_deco西には、阿武隈山系が美しく

川の水もとてもきれい

自然豊かな町     楢葉

所々で上がる線量…

仮設のスーパーがひとつ、コンビニが2つ

病院はなく、町内の小中学校の再開時期も平成29年4月

ここ普通に生活するには…

国のお偉いさんが「復興!復興!」とよく口にするが…

復興って何なんだろうね…

(中巻へ続く


カテゴリー: メモ, レポート   タグ: , , ,   作成者: hiroshi   この投稿のパーマリンク
hiroshi

hiroshi について

Yoneda Hiroshi/ 1973.1.17生まれ、二十歳から14年間、介護従事者として働き、その後、ゴルフ練習場。3.11後にいろんな疑問を抱きいろいろ考えました。政治家の後援会活動をするが3月で退職。2015年7月に南相馬、会津、郡山、帰宅困難区域の双葉を取材。I was born on 17th of July, 1973. I had worked as a nursing care staff for 14 years since I was 20 years old. After that, I worked at a golf practice range. I deeply thought a lot about things after the 11th of March, 2011. I acted at a society in support of a politician, but I have been suffering from depression again, so I face my life.