書の海を漂う~乱読日記*その一  ダークツーリズム・ジャパンVol.1    伊藤千惠


本を読むことが好きである。自分にとっては娯楽と学びの両方を兼ねそなえた至上の趣味。本の中には人が経験が思想が世界が凝縮されている、と思っている。

たとえば「薔薇の名前」を読むと、純粋な信仰心と暗鬱な因習のせめぎあう中世ヨーロッパのキリスト教社会の雰囲気を、現代イタリア人よりも体感できるかもしれない。実際に史跡をめぐるよりも深い理解を与えてくれるかもしれない。もちろん、経験に勝ることはないかもしれないが、過去は体験できないし他人にはなれない。すぐれた示唆を与えてくれる書物はたくさんある。フィクションでもノンフィクションでも。

評論・解説などおこがましいことは身に余るので、ぐっときたりはっとした一文に出会った記憶をここにとどめておきたいと思う。

0821_01

ダークツーリズム・ジャパンVol.1

ダークツーリズム・ジャパンVol.1  ミリオン出版 2015.9.10発行

“ダークツーリズムとは何か?”という副題がついている。
「あえて地域の悲しみの跡をたどる」と、ダークツーリズムの第一人者、井出明氏は言う。
1990年代からイギリスで提唱され始めた概念で、自然災害や戦争のいわゆる負の遺産を観光として取り入れたものだ。アウシュビッツやチェルノブイリがあげられるだろう。
日本では、悲劇の場への来訪は不謹慎とみなす風潮はダークツーリズム普及のための足かせになっていると井出氏。
これは、時間が関係するかもしれない。沖縄のひめゆりの塔などは時間がたっているから観光地として成立しているのかもしれない。
はっとしたのは、防災の世界では「人は二度死ぬ」と言われている、という一文。
肉体的死のあとに、その人を知る人が誰もいなくなってしまうことが二度目の死。多重の意味もある。災害の頻発するような土地に、蛇崩、蛇谷というような地名がつけられても、開発で地名がなくなり、土地の記憶が消失することで、同じような災害がまた起こる。
悲しみの記憶を失うことで、災害への備えも差別されてきた他者の痛みも社会に継承されずに来てしまう。
今号ではハンセン氏病棟の取材もあったが、今までダークサイドを見ないようにしてきた日本人には、ダークツーリズムの可能性は非常に大きい。
というような論考にいたく首肯した。「福島第一原発観光地化計画」の東浩紀氏と井出明氏の対談もとても共感するものがあった。

大熊町からの避難者である、このヴェルトガイスト・フクシマ編集長、吉田邦吉氏の記事も掲載されている。そのはじめの一節。
「ちりちりと無音の、かなしみのわたあめが空に降りそそぐ」

 

注:「薔薇の名前」 1980年、ウンベルト・エーコ(伊)作  1987年、映画化(ジャン=ジャック・アノー監督)


カテゴリー: メモ   タグ: , , , ,   作成者: 伊藤 千惠   この投稿のパーマリンク
伊藤 千惠

伊藤 千惠 について

Ito Chie / 熊本生まれ。昭和音楽短期大学卒業後、インディーズバンド活動に入る。久保田安紀ユニット“”マリンコーニア”、吉田達也ユニット“高円寺百景”等に在籍。宮崎祐子氏にエリックホーキンス・ダンステクニックを学びパフォーマンスに出演。現在、派遣CADオペレーター兼主婦。幻想文学、民俗学、民俗藝能が好き。I was born in Kumamoto pre. and graduated from Showa music university. I have an indie band experience, belonging to groups, each of which was called, "Malinconia" organized by Aki Kubota, and "Koenji Hyakkei" by Yoshida Tatsuya etc. I have learned about a modern dance, which is called, "Erick Hawkins dance" from Yuko Miyazaki and performed. Nowadays, I work as a CAD user. I like, fantasy literature, folklore, and folk performing arts.