遺構ー福島の写真展を新宿西口で見てー 柴田慶子


存在した意味や、追われた意味や、悲しみの記憶は、本だけではなく遺構として生きる。広島に原爆ドームがあるけど、長崎にはなんとかドームがないの知ってる?写真のように浦上天主堂は原爆直後も残っていたんだ。1958年に解体された。保存運動もあったらしい。保存に前向きだった市長が、渡米をきっかけに方向を転換したという話もあるが、明らかではない。グランドゼロの地点は、流れるプールがあって400円で遊べる。

11760465_869334416478867_319972562_o
浦上ではあの8月9日、8月15日の「聖母被昇天」の準備があった。信徒1万2000人のうち8500名の命が奪われたと言う。

11755036_869334473145528_962290424_o

流転福島 中筋純 写真展 2015年7月18日~8月1日@新宿西口プロムナードギャラリー

新宿西口の地下街の歩道で福島の写真展を見る。本音を言うと、この場所は、息苦しい。かつて、ホームレスが大勢すんでいた。ダンボールハウスがたくさんあった。地下街には不要な広い空間。二つの私鉄とJRと地下鉄が交わる、リーマンも学生も行き交う、その交差点にホームレスがいたのだ。ある日、出火した。

写真にうつる風景は、作者が意図したんだろうが、営みがないから息苦しい。しょうがない、これが福島の事実なんだから。一瞬見るとジャスコができてシャッター通りになった千葉のいなかにも見える。本当は豊かな営みがあったはずなのに、休止した町。ただ、これは、シャッター通りではなく、たった一日の出来事で全てを奪われた商店街や町なのだ。
失われた町をうたった青春の詩を読んでみる。商店街で普通に青春を過ごした作者がビートルズのように横断歩道を渡っていく。彼は、どうして、この町に戻ったのだろう。

11770161_869334103145565_1930005588_o

流転福島 中筋純 写真展 2015年7月18日~8月1日@新宿西口プロムナードギャラリー

ネットラジオが歴史と向き合うことを忘れた愚か者達の野蛮な振る舞いを述べている。ガラスの向こうにある凍結した店の営みは遺構そのものだ。ガラスのなかの写真に背を向ければホームレスがいた空間がある。人が行き交うなかで、そのまんなかで、段ボールをたて、暮らしていた。

青春の詩を書いた人は、この町を離れて、福島県内にすんでいる。お金一杯もらってるんでしょ、と言われるのだそうだ。ああ、この国で、お金一杯もらってるんでしょと言われる人は、沖縄、かつては、長崎、広島。お金をもらってるんでしょと言う国は、この国の他にあるんだろうか。お前の金歯も金でできているだろうが、札ビラでほっぺたをひっぱたきたいが、それには、手がたりない。

大熊の商店街の人は、いま、どんなところにすんでいるのかな。

ネットラジオが、もう、この国にはクーデターが起こった。それは7月1日だったと伝えている。鶯の巣にホトトギスが卵をうみつけるように、その卵は7月15日に孵化した。鶯は雛の大きさに疑問を持ちながら、餌をやり続けるそうだ。もう手遅れ?ヨドバシへの階段をかけのぼった。戦後は終わったとされるその日、娘を塾に送りながら、福島の写真展を見た。