いまだに残る空間線量 20μSv/h  米田 博


2015-07-14-15-06-00_deco
2015-07-14-15-05-27_deco

DSC_1362

2015.7.6

双葉町に入った…

ゲートを通過…

目に見えない…臭わない…

数値だけが上がっていく…

IMGP3272
FB_IMG_14368537786082015-07-14-15-06-52_deco山を下って行って出迎えてくれたのが…この数値

必死に目を凝らした…鼻を集中させた…

なんもない…見えるのは、普通の田舎の風景と高い数値だけ

3桁なんて冗談じゃねぇよ と思う反面…

思わずマスク取っても大丈夫なんじゃないか…と思った…

この場を後にしてから、口の中と目がヒリヒリした…放射能を感じた。

2015-07-14-15-08-47_decoIMGP3360 IMGP3314
双葉の街…

崩れいく家屋

時は止まったまま…

あの時のまま…

誰もいない…

戻れない町…

FB_IMG_1436853681057DSC_1411
2015-07-14-15-09-12_deco
2015-07-14-15-10-10_deco双葉町海水浴場に残る津波の爪痕

凄まじい自然の驚異…

さらに原発事故

ここは…いったい…

ここから見える福島第一原発

こいつさえなければ…この言葉しかでてこない

2015-07-14-15-08-13_deco

「原発のおかげで町が潤ったんでしょ」

何を言ってもそういう言葉が返ってくる…もう言葉を発する気がなくなった連れてきてくれた友達がポツリと言った。

恩恵って…なんだい

図書館ができたり役場が異様にデカかったり、箱物ばかりやんか

税金はちゃんと払っているし、電気代は東北電力にちゃんと払ってるやんか

普通の暮らしを奪われた苦しみがあるのに…

「当事者がものを言っても誰も聴いてくれない…」

当事者がものを言ってもって…

寂しい国やね…日本は…

2015-07-14-15-11-30_deco~2

何よりも、ここで起きたことを多くの人が過去のものと思ってきてる…忘れかけてる

半減期がきて…除染して…線量は下がったといえど

何も変わっていないし放射能は無くなってない

ここは、時が止まったまま

「フクイチ」というバケモノのすぐそば…

すぐそこに何が落ちてるかわからない恐怖

放射能は、まだフクイチからでているという事実

恐ろしい空間は、まだ存在してるし存在し続ける…

帰れない町は、存在する。

東京から3時間もかからない…

…近いもんだ


カテゴリー: メモ, レポート   タグ: , ,   作成者: hiroshi   この投稿のパーマリンク
hiroshi

hiroshi について

Yoneda Hiroshi/ 1973.1.17生まれ、二十歳から14年間、介護従事者として働き、その後、ゴルフ練習場。3.11後にいろんな疑問を抱きいろいろ考えました。政治家の後援会活動をするが3月で退職。2015年7月に南相馬、会津、郡山、帰宅困難区域の双葉を取材。I was born on 17th of July, 1973. I had worked as a nursing care staff for 14 years since I was 20 years old. After that, I worked at a golf practice range. I deeply thought a lot about things after the 11th of March, 2011. I acted at a society in support of a politician, but I have been suffering from depression again, so I face my life.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です