紹介コーナー 『歌集 青白き光』 佐藤祐禎 : いりの舎文庫  -伊藤千惠


歌集「青白き光」 :佐藤祐禎 入りの舎文庫

歌集「青白き光」 :佐藤祐禎
入りの舎文庫

いつ爆ぜむ青白き光を深く秘め原子炉六基の白亜列なる

わが町に稲あり魚あり果樹多し雪は降らねどああ原発がある

鼠通るごとき道さへ舗装され富む原発の町心貧しき

「この海の魚ではない」との表示あり原発の町のスーパー店に

反原発のわが歌に心寄せくるは大方力なき地区の人々

原発に勤むる一人また逝きぬ病名今度も不明なるまま

原発に怒りを持たぬ町に住む主張さへなき若者見つつ

(歌集 青白き光〈いりの舎文庫1〉より)



これらの短歌は、いずれも2011年3月11日以前に詠まれたものです。
詠み人は、福島県双葉郡大熊町で農業を営みながら、反原発をうたってきた佐藤祐偵氏。

75歳にして初めて上梓された歌集「青白き光」は、平成16年発行当時、安全神話がまかり通っていた時代ゆえに問題作とはならなかった、とあとがきにあります。
原発事故後、「予言の書」として注目され、平成23年12月に文庫版としていりの舎から再版。カバー裏の写真は、まぎれもない農業者の朴訥な顔を映しだしています。

「青白き光」というタイトルを見て、私はまっさきに東海村JCO事故を思い出しました。
短歌や俳句、古典などに浅学な私にも祐禎氏のうたはまっすぐに入ってきます。

事故後、家族バラバラの避難生活を余儀なくされ、2年後の平成25年3月12日にいわきの病院で逝去されています。


七人の家族が五ヶ所に別れ住みケイタイに日々の言葉をつなぐ (福島県短歌選集 H23)

原発にわれの予言はぴたりなりもう一度いふ人間の滅亡 (避難後、歌集未収録)

(いりの舎発行:うた新聞 2014年3月号より)


祐禎氏が師に言われたという、『今歌わなければいけないものを詠め』
ということばが深く刺さりました。

 

 


カテゴリー: エッセイ   タグ: , , , ,   作成者: 伊藤 千惠   この投稿のパーマリンク
伊藤 千惠

伊藤 千惠 について

Ito Chie / ✥熊本産✥音楽短大進学のため上京✥1980年代後半、インディーズバンド活動に勤しむ✥1990年代、ダンスパフォーマンスに没頭✥現在、働く主婦 ➣幻想文学、民俗学が好きです。 I was born in Kumamoto prefecture. I graduated from Junior College of Music in Tokyo and live here. I was a member of an indie band, so active in the latter half of the 1980s and devoted myself to dance performance in 1990s. Nowadays, I'm working at a company and having a lot of chores to do as a housewife. I like a visionary literature and folklore.