『双葉町モノクロ写真展「HOME TOWN」』を見て 天井優志


写真展チラシ

写真展チラシ

「双葉町の現状を知ってほしい」と企画された写真展を見に茨城大学へ行ってきた。そこには震災前後から現在までの双葉町を写し出した55点の写真が並んでいた。

写真展の会場内

写真展の会場内(5月16日撮影)

これらの写真を撮影したのはイギリス出身のアントニーさんとフィリップさん。
アントニーさんは2008年から。フィリップさんは2009年から双葉町の小中学校で英語を教え始め、現在でも埼玉県やいわき市にいる双葉町の子どもたちに英語を教えている。

モノクロでの展示は「より集中して見て感じてほしい」という想いもあるという。

「ピアニスト」から並ぶ壁際の写真

「ピアニスト」から並ぶ壁際の写真(5月16日撮影)

2011年3月4日の授業の様子―。
3月11日に校庭に避難している生徒の姿―。
教え子が防護服姿で自宅のピアノを弾く様子―。
バーベキューをしていた海岸―。
お世話になった農家―。
旧騎西高校での餅つき―。
並んでいるフレコンバッグ―。
子どもたちが遊んでいた公園―。

それぞれ慣れ親しんだ場所の”現在”が映し出されていた。
また、ひとつひとつの写真には説明やメッセージが書かれていた。

衝立に並ぶ写真(5月16日撮影)

衝立に並ぶ写真(5月16日撮影)

今回は話を聴きながら見ることもできた―。

「このキッチン高崎の定食が美味しいから何度も行ったね。
だから体が大きくなってしまったね(笑)友達が来た時もここにまず連れてきたね。」

「山も海もよく散歩したり遊んだりした。大好きな場所だった。」

「ここも大切な場所。この農家さんのうちでバーベキューやったね。」

話の中から双葉町の人や山や海に対する優しさや愛情を感じた。イギリスから日本に来て、生活をしていた双葉町に対する思いは特別なものだろうと思った。

見ていると

「これは親せきだ。俺は茨城が長いけれど、双葉生まれで大熊や浪江にも親族がいるんだ。」

と隣から年配の男性から声をかけられた。茨城大学で行われている放送大学を受けに来て偶然この写真展に入ったらしい。その男性も震災後に双葉郡内で色々と手伝いなどをしたという話だった。

また、会場内の一角に置かれたテレビではアントニーさんとフィリップさんの撮影姿を映し出している映像もあった。これは今回企画をした茨城大学院生の小野田さんの作品だ。双葉町に生まれ育った彼もまた、つながりのある人や町並みを記録し続けている。
震災前は顔見知りくらいの関係だった彼らは震災後、一緒に撮影をする仲間になった。

彼らのサインの入ったチラシ

彼らのサインの入ったチラシ

彼らのHOME TOWNである双葉町の
歩み交わりのあった”人”や”場所”の”それまで”や”現在”を
写真を通して歩ませてくれる想いのつまった展示だった。

心よりありがとう。

写真展の開催は27日まで。

————————————————————————                                                   『双葉町モノクロ写真展 HOME TOWN』

開催期間:2015年5月16日(土)~5月27日(水)
開館時間:平日9:00~17:00 土日:11:00~17:00
会場:茨城大学図書館展示室

〒310-0512 茨城大学水戸市文京2-1-1

http://www.icas.ibaraki.ac.jp/2015/05/futaba-hometown/


カテゴリー: メモ, レポート   タグ:   作成者: 天井優志   この投稿のパーマリンク
天井優志

天井優志 について

Amai Yushi / あまいゆうし、1984年8月生。幼少期を南相馬市で過ごした後、岩手県,宮城県などを経て茨城県水戸市で育つ。立正大学文学部社会学科卒▼震災・原発事故後は茨城NPOセンター・コモンズ/ふうあいねっと事務局職員として福島県内や茨城で暮らす岩手・宮城・福島の方と関わる。2014年3月に退職後は自分の心や体や暮らしを見つめ直しながら、これからのことを模索中▼趣味は絵や音の表現を感じること。輪郭の中でモヤモヤしているものの表現。気まぐれ散歩。 I was born in August in 1984. After I had been in South Somashi in Fukushima since I was a young child and moved to Iwate and Miyagi prefecture, I was raised in Mitoshi in Ibaraki prefecture. I graduated from Rissho university and majored in Sociology in Faculty of Letters. I had been related to people in Miyagi, Iwate, and Fukushima as an office worker in an NPO corporation, which is called, "Commons" after that big disaster on the 11th of March, 2011. I'm guessing my possibility in life after I quit the job, reconsidering my life, mind, and body. My hobby is music, drawing, and to feel expressions of music or drawing, and browsing around here.