【 郡山市からのメッセージを鹿児島経由で… 】(上) 米田ひろし


5月14(金)17:15 facebookに福島から投稿された文章を見つけた。もの凄く気持ちがこもっているものだった。

そして、その気持ちがこれである。2015-05-15-10-58-02_deco
【 今の気持ち 】
2011年3月ですら、福島全県民に緊急避難指示は出なかったんだよ…
今、避難指示解除の方針だけが…淡々と進められている。
大きな地震だったり、何かの異常がでて、それが解った時点で、逃げれるのかなぁ…
家族がそれぞれ学校や会社に行ってるのに、一緒に逃げれるのかなぁ…
大きな地震が起きた時…とっさにできることって限られてるよね。
雲は、哀しいかな地震を知らせてくれても…地震は防いではくれない…
フクイチで再び異常が起きているか…起きていないのか…
大きな地震がくるたびに流れる憶測…
人がふつうに近寄れない地のデータ化され報道される線量だけを確認…
すべては信じることはできない。
自分の持っているガイガーの数値の確認しちゃう私…
異常値出ていた時には…すでに遅いのにね…

「私は、すべてを承知して、今ここに居るんだ。」2015-05-15-11-33-55_deco
線量が高くても生活区域とされている中通り地域。
除染作業員はありえない軽装での作業して
どんどん被ばくだけが蓄積していき、命削っている…
競技場などで屋外スポーツは事故前のように行なわれている。
180度、生活観が変わったはずなのに、不思議…
2015-05-15-11-21-24_deco
定期検査で累積被ばくは減らないんだよ…
安心しちゃいけないんだよ…
命を医師に委ねるような現実…夫がガンを発症
戸惑い…頭も心も真っ白になっちゃった。2015-05-15-11-20-52_deco
昨日、花の苗買ってきちゃったよ…
でも…野菜苗は買わなかったよ…
洗濯物の外干しって何?そんなもの忘れちゃった。
何も考えないでいられたら、楽に暮らせるのにね…2015-05-15-11-21-52_deco
でも、この福島県の土壌に存在するたくさんの放射性核種、県外とは違う現実…
それが成長期の子どもたちにとってどうなのか、憂うことしかできない自分がいるんだ。

それを伝えたい自分がいる…

「それが私がここにいる理由」2015-05-15-10-57-18_deco

中巻へ続く