ヴェルトガイスト独自企画、Web2.0+民俗学「この国はどこへ行こうとしているのか 赤坂憲雄 毎日新聞 2015年3月11日」に、みなで寄せ書きしよう。


赤坂憲雄さんの記事を読んだ吉田邦吉編集長の投稿から
まとめきれていませんが、私の思うことをとりとめもなく書いてみました。

戦後の高度経済成長は、敗戦からの復興、国民の生活水準の向上というポジティブな面と産業公害による自然環境の破壊、中央一極集中による地方の疲弊など、ネガティブな面も日本にもたらし、私たちをとりまく環境を大きく変えてきました。

良い悪いということではなく、近代化という世界の趨勢なのでしょう。
環境の変遷は、私たちの内面にも変化を与えてきました。

山林を切り開いた高速道路やダムは、山の精霊や妖怪や口伝いで伝承されてきたものたちを「知識」や「書物」のなかに追いやってしまいました。
それは、西洋知をとりいれはじめた明治からあったのでしょう。

自然を畏怖する感覚、見えないものを感得する力は、自然と共存してきたことで育まれてきたのだろうと。
それは知識ではなく、感ずることでしか認識できないものです。
かくいう私も知識だけをあたまの中に格納しています。

けれども、人間に魂・スピリットというものがあるならば、それは近代化というような外的な事象で変わるのだろうか?と私は思うのです。
頭脳で知覚することと魂が感ずることの違いは、とても説明が難しく私の手に余るので割愛させて下さい。
ただ対立項でもなく併存しているものと考えます。
どちらか片方なんで人間はいませんから。

たぶん、道徳心や倫理といったものは、知識として教えられるものではなく魂の領域だと思うのです。
出自がどうとか、何をやっているとか、偉いとかださいとか、頭がいいとか悪いとか、富んでいるとか貧しいとか、すべての属性をとり払ったところの無垢の魂が感ずるもの。

地震と津波は、霊性や聖性を失った私たちに、魂で見ることを思い出させたのかもしれない。
生と死の境界が希薄になった場所で、魂を鎮めてくれるものを待っているのかもしれない。


カテゴリー: エッセイ   タグ: , , , , , , ,   作成者: 伊藤 千惠   この投稿のパーマリンク
伊藤 千惠

伊藤 千惠 について

Ito Chie / 熊本生まれ。昭和音楽短期大学卒業後、インディーズバンド活動に入る。久保田安紀ユニット“”マリンコーニア”、吉田達也ユニット“高円寺百景”等に在籍。宮崎祐子氏にエリックホーキンス・ダンステクニックを学びパフォーマンスに出演。現在、派遣CADオペレーター兼主婦。幻想文学、民俗学、民俗藝能が好き。I was born in Kumamoto pre. and graduated from Showa music university. I have an indie band experience, belonging to groups, each of which was called, "Malinconia" organized by Aki Kubota, and "Koenji Hyakkei" by Yoshida Tatsuya etc. I have learned about a modern dance, which is called, "Erick Hawkins dance" from Yuko Miyazaki and performed. Nowadays, I work as a CAD user. I like, fantasy literature, folklore, and folk performing arts.

ヴェルトガイスト独自企画、Web2.0+民俗学「この国はどこへ行こうとしているのか 赤坂憲雄 毎日新聞 2015年3月11日」に、みなで寄せ書きしよう。」への3件のフィードバック

  1. 非常に共感した文章です。
    とりとめもなくだなんて、そんなそんな。
    漠然とながらでも人に訴え、想像させるに十分に足るお話でした。

    自分があの震災で最も考えさせられた事は死生感でした。

    よく、使命とか使命感という言葉を使う。字の如くに命を使う。命の使い方だと思うんですね。つまり使われる…道具であり手段なんですよ。
    文字を書くという目的の元にペンを使う、みたいな感じと何ら同じく捉えてます。

    ではその道具…誰が使うかと言えばその主が魂だろうと思ってます。
    武士道に近い考え方でしょうね。
    身体は魂の器、脳は魂のパソコン。
    人間、その存在は霊魂であり、それは互いに作用、反作用し
    合いながら大自然ともシンクロニシティを起こすのだと信じます。

    別に宗教の勧誘でも何でもなく
    起きた災害にまで神の啓示だなどと言うつもりは毛頭ありません。
    ポジティブに考えればポジティブな結果を引き寄せると言った、啓発本の発信者に稼がせるような事の支援もするつもりもなく、
    ただ一人の人間として、望もうと望むまいとそこにある条件や環境を、純粋に魂に従い選択してゆこうと思います。
    論理を超越する魂、
    時空を超越する魂、
    目に見えないその存在や、大いなる何かの存在を信仰し、精神的支柱にする事でしか本当に自分の命を懸けての信ある道は歩めないと思っています。

    • 物江さん、ありがとうございます。
      コメントを寄せてくださっていることに全然、気がつきませんで、今頃、返信している次第です。(大汗、、、、)

      意図をくみとってくださって、嬉しい限りです。まさに、死生観ですね。おっしゃる通り、既成のスピリチュアリズムなどにとらわれず、個人がより深いところで他とシンクロしていく場が、“魂”の領域であるのでしょう。
      私個人にとっては、自分が表面にまとっている重~い執着みたいなものを脱ぎ捨てていくことでもあります。(非常に難しいのですが、、、。)

      ヴェルトを機に、福島の方々とつながることができたのは、本当に幸せなことだと思っています。どうぞ、これからもよろしくお願い致します。

  2. レス、ありがとうございま〜す!
    お互い頑張りましょうね!
    これからもよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です