「放射能を過剰に怖がるな論」に反論 吉田邦吉


そこかしこでささやかれる「放射能を過剰に怖がる必要ないし、福島の誇りを発信論」に私は唖然としています。放射能が怖くないなら避難してないし原発作業でタイベック着用してないしロボットで溶融燃料とりだそうとしないし100Bq基準で大騒ぎされません。

4年前の今日、わたしは大変な恐怖に包まれていました。この世から放逐されたと思いました。生きていけないんだと思いました。半分の人生は終わりだと思いました。ものと思い出と先祖伝来の土地や家や人々の笑顔や避難中の生命や毎日毎日の苦労や何気ない自分の暮らしなど、全てが、「恐怖と強奪」によって引き裂かれていきました。

その気持ち、わかりますか。
簡単に「過剰に怖がるな」などと言わないでください。

わたしたちが何か悪いことをしたんでしょうか。
放射能を怖がるわたしたちが何か悪いことをしたんでしょうか。

悪いことをしたのは、誰ですか。
大人の責任をとらないのは誰ですか。
野放しに黙っているのは誰ですか。

放射能で人生を奪われ、放射能で人が死に、放射能で悩ませられています。
決して「ハッピーフクシマ」など、わたしにとって、全く腹立たしい内容です。

放射線被曝で染色体異常が一度でたらその後の子供らは取り返しがつかないミスコピーが遺伝していくのに、ほとんど回復と言われ、「じゃあ大丈夫、過剰に怖がる必要ない論」こそが「危険」なのを、忘れていると思います。「過剰に怖がるな論」ではなく、真剣に話し合うべきです。

安全神話やめてください。

ハッキリ言う、本当のことを言う、それでこそ「信頼」は、勝ち取れるものだと思います。それがどうですか。責任者は逃げる。汚染水は垂れ流しだんまり。中間貯蔵施設だなどと福島をゴミ箱にし、原発事故はいつ終わるのかさっぱり見通しがつかず計画は伸び放題。これのどこが、「安心安全」でしょうか。

無理もたいがいにしてください。
そんなことより責任をしっかりとってください。
「過剰に怖がるな」ではなく「責任とれ」と言ってください。
本当に、うんざりです。


「放射能を過剰に怖がるな論」に反論 吉田邦吉」への7件のフィードバック

  1. 全て同感!と思う、中々同じと思える考えに遭わないないものです。
    外から見たらこの国の人達が異常に見えるでしょうね、
    放射能まみれで四年間も経っている事が。
    一番の原因は国がこの事故?対策を最優先にとしない事だ!

  2. 放射能事故で直接亡くなった方はまだ日本には居ません。

    • 1999年の東海村JCO臨界事故で、2人の方が亡くなっています。
      また、死亡者が出なければいいというように聞こえますが、その主張はいかがなものでしょうか?

  3. 三陸沖で人工地震を仕込んだ空母ドナルドレーガンの乗船乗組員の米兵たちの方が福島の人たちよりよほど被曝している。さゆふらっとまうんど:https://www.youtube.com/watch?v=XiK9DeIMt14 
    イスラエルマグナ社と米軍が福島原発を爆破させたというその事実を国民が本気で怒り、関係者を追及していかないといけない。米軍基地があるから、好き勝手にやられる。

  4. 「ハッピーフクシマ」って熊坂仁美さんの
    http://www.youtube.com/watch?v=B5d7HCPVfd8
    ↑コレのことでしょうか?
    もし、そうなのであれば、ちょっと吉田邦吉氏の記述は賛成しかねますね。

    この動画、曲にあわせて、ニコニコしてテキトーな踊りを踊る人々を映しているだけです。
    上記のリンク先を誰でも見ればわかる。

    どこにも「放射能を過剰に怖がるな」などという叫びはありませんよ。
    「フツーに踊って暮らしている人も福島にはいるよ」程度の主張はあるかもしれませんが。
    強いてメッセージ性があるとするならば、
    「放射能を過剰に怖がらない人も福島にはいるよ(東京のテレビ・新聞には出ないけど)」
    この程度では?

    吉田邦吉氏が「放射能が怖い」のは仕方ないし、(そもそもオレも2012年末頃まで怖かったし)
    「怖がるな」と言われても人間そんなに便利にできてないんだから「オレは怖いんだ」は
    当たり前だと思いますね。

    「過剰に怖がるな」なんて口に出して言ったり書き込んだりする人、そんなにいるのでしょうか。

    「正しい知識を持って、過剰に怖がらないようにしましょう」程度の呼びかけはありそうですが。
    それが「過剰に怖がるな」の脅迫に聞こえるのはちょっと休暇が必要な精神状態に思えます。

    ましてhappyFukushimaの単に踊っているだけの動画が脅迫に見えたら被害妄想気味だと思いますよ。

  5. 双葉病院から自衛隊のヘリで二本松の男女共生センターに搬送された人の中には、もうすでに亡くなっていた人も数名いたそうです!当時の職員の話です!すぐに千葉の習志野にある放射線研究所?に移送されていったそうです。二週間後ぐらいに新聞に搬送中に数名が亡くなった旨が記されていました。

  6. 「放射能を過剰に怖がるな論」は、(少なくともまともなそれは、)「放射能を正しく怖がろう論」なのではないでしょうか。何でもかんでも怖がるなと言っているなら駄目ですが。「放射能を正しく怖がろう論」は、過剰に怖がらない方が良いと言うこともあるでしょうが、一方で、こういう時は怖がった方がいい、とも言ってくれるものだと思います。
    「放射能を正しく怖がろう論」は、結局のところリスクを定量的に評価しようということだと思います。つまり、放射能(放射性物質)を過剰に怖がることで、かえって身体等に悪影響が及ぶ可能性があるということを教えてくれているのではないでしょうか。それはもちろん、原発事故があって良かったということではありません。原発事故によって健康に対するリスク等は確実に上がったけれど、それを過剰に忌避するあまり、食事が偏るとか、行動範囲が狭まるとか、別のリスクを過小評価するとかいったことによって、かえって悪影響を被る可能性があるということを指摘してくれているのだと思います。
    そうは言ってもどのラインを以て過剰とするのかは難しいですから、実際の判断は簡単ではないです。だけど、定量的な判断ということを、心に留めて頂ければと思います。
    「責任とれ」はごもっともです。憤りも当然です。ただ、「怖がるな論」は、怖がる貴方を責めているのではなく、怖がらない場合が結果的に良いこともあると言っているだけなのではと思います。その上で、それでも怖がったほうが良いと貴方が判断されたなら、怖がればよいのだと思います。それは誰に責められるものでもないし、悪いことでもないです。

コメントは停止中です。