ご挨拶 高田緑


2013年11月、二本松市東和地区の綿畑(撮影:高田緑)

2013年11月、二本松市東和地区の綿畑(撮影:高田緑)

《自己紹介》

1959年6月、福島県郡山市に生まれる。
幼稚園から中学校まで、郡山市私立ザベリオ学園という、カトリックのミッションスクールで学ぶ。
両親がカトリックのクリスチャンだった訳ではないが、倫理教育に熱心だった母がカトリックの幼稚園を選んだ。今でも、その教えが邪魔になることはない。むしろ私の生きる礎になっている。
県立郡山女子高等学校を卒業後、美大受験に失敗し、東京デザイナー学院で、グラフィクデザイナーを目指す。
当時は、商業デザイナーと言っていた。
その後、両親が離婚したため、郡山市には帰ることなく、東京での生活が長くなってしまった。
出版社、広告制作会社、マーケティング調査会社と長年に渡る激務で、2011年1月に体を壊し、長期休暇を取っていた時に、東京の自宅で3月11日を過ごしていた。
正直、その日の記憶が曖昧で、テレビから流れるニュースの映像に声も出ず、郡山市の同級生や東北の親戚に連絡しまくっていた記憶だけはある。
それから私は会社に復帰するのを辞めた。
何ができるか直ぐには思い付かなかったし、心がまだ混乱し続けていた。

サラリーマンの家庭に育ったので、農家さんとはまったく接点がなかったが、あるご縁で、二本松市の農家さんのお手伝いをするようになった。
東京に居る私にできることがあれば、何でもしようと、後先考えずに突っ走り、今に至る。
これから、まだまだ課題を抱えていますが、残りのオマケの人生を故郷福島県と共に生きていきたい、。

◇コットンプロジェクト・福島
◇オーガニックコふくしま安達
の応援団。

近い将来は、郡山市に帰る予定!
高度成長期の福島県を見てきました。
古き良き時代の郡山市の歴史を綴りたいと思います。
どうぞ、宜しくお願いいたします。


カテゴリー: エッセイ   タグ: , , , , , , , , , ,   作成者: 高田緑   この投稿のパーマリンク
高田緑

高田緑 について

Takada Midori /福島県郡山市出身。福島県立郡山女子高校卒業後、グラフィクデザイナーを夢見て美大を目指すが挫折。20歳から50歳前半まで、東京で広告制作会社と出版会社、マーケティング調査会社に勤務。現在は、都内のマルシェの広告宣伝と販売をしている。 好きな作家 : 遠藤周作、宮本 輝。尊敬する作家 : ヘルマン・ヘッセ。好きな画家 : エドゥアール・マネ。尊敬する画家 : パブロ・ピカソ。I was born at Koriyama shi in Fukushima, I gave up to enter an art university to be a graphic designer, and graduated from Koriyama Joshi high school. I had worked at an advertising agency and a publishing company for the time of life between 20 and 30. Now I help to sell products of organic cotton, which farmers grow in Nihonmatsu shi in Fukushima. I like novelists, "Endo Shusaku" and "Miyamoto Teru." I respect, Hermann Hesse, Édouard Manet, and Pablo Picasso.