ご挨拶


皆さん、初めまして。

私は栃木県に住んでいます。
私についての最近とその少し前のことを中心にお話しします。私は普段、絵を描いたり、畑で野菜を収穫するための支度をしたり、木や紙粘土などを使って工作をしています。一つの家に住んでいる同居人がいます。その人と一緒に食べる夕飯を作ります。アルバイトもします。

これを書いている今は冬ですが、去年の夏はたくさん海に行きました。私は海が好きです。砂浜を歩いて海の風を浴びるととても心地良いですよ。しかも、夏なら海に潜ることができます。私は、奄美群島の海と日本海でシュノーケリングをしました。奄美群島の海では、黄色や紫や緑色などの美しい魚と出会えます。浅瀬には海鼠(なまこ)も沢山います。日本海では雲丹(うに)を採って、一匹ぺろりとその場で食べてしまったんです。私は食いしん坊です。海に潜って自分で採った雲丹はとても美味しかったです(地元の許可のある漁場です)。

奄美群島にて。旅人のような暮らしに憧れて、アルバイト代を溜めて旅行。

奄美群島にて。旅人のような暮らしに憧れて、アルバイト代を溜めて旅行。

栃木県は、周りに海がありません。時々海が恋しくなります。私が生まれたのは、福島県の海の近くの町です。1983年に生まれました。生物学的に女性。絵を描くのが好きな子でした。スポーツは大の苦手でした。福島県の海の近くの町で、18歳ぐらいになるまで過ごしました。その後、山梨や東京に住むこともありましたが、20代になってから、再び福島県の生まれ育った土地に戻ってきました。

皆さんは2011年、3月11日に福島県の海辺で起こったことを知っていますか。福島県の海辺だけではありません。日本のあちこちで、地面が大きく揺れました。大変大きな地震や津波がありました。日本の陸地で一番震源に近いのが宮城県の金華山と言われています。猿や鹿たちが住んでいる島です。その傍が地震の源です。震源は福島県の海辺からも、とても近いです。これを書いている最近も余震があったので、この文が発表されてからすぐにこれを読んだ人の中には、余震のたび、不安な思いをされている方もいるかもしれません。

この文を作っている期間中、紙粘土を触っていたら、生き物の姿が現れてきました。福島県の地層で骨が見つかったフタバスズキリュウの姿にもどこか似ています。

この文を作っている時、紙粘土を触っていたら、生き物の姿が現れてきました。福島の海辺の地層で骨が見つかったフタバスズキリュウの姿にもどこか似ています。

その大きな地震があってから、私は福島県の海辺の町には住めなくなりました。家や道路が壊れてしまったせいもあります。津波で亡くなってしまった人もいます。さらに、福島第一原子力発電所の原子炉で爆発が起きました。私は、人間は原発から飛び散ったものが混ざった空気とは生きていくことができないと判断しました。だから暮らしていた地を離れました。

その後、私はいくらか場所を転々としていました。色々な人や土地にお世話になりながら。2011年3月11日から今日までの間に、今、こうして文をパソコンで打っている部屋があるこの家と、それを貸してくれる人に出会い、いくらかは安心な場所で暮らすことができるようになりました。

これが最近、そして少し前の私についてです。どうぞよろしく。


カテゴリー: エッセイ   タグ: , , ,   作成者: 吉田葉月   この投稿のパーマリンク

吉田葉月 について

Yoshida Hazuki / 1983年福島県双葉郡に生まれる。お絵かきが好きな子供だった。生まれてから18年双葉郡で過ごす。山梨・東京で暮らした後、再び生まれ育った地で暮らす。311の後、各地を転々とし現在栃木県で暮らす。自分の手を使い、何かに携わりたいと思うようになる。趣味は図画工作や美しい海に潜ること。 I was born at Futaba gun in Fukushima ken in 1983. When I was a child, I liked drawing. I had been at Futaba gun until 18 years. I lived in Yamanashi and Tokyo and then, hometown. After the 11th of March in 2011, I moved around and now I live in Tochigi. I hope to make any handmade one. I like swimming, snorkeling, and drawing and manual arts.