中立論・中立者の有用性 吉田邦吉


まえがき
2017年にわたしは運動し始めた。それからじわりじわりと思うようになっていることを、今朝やっと「下書きエッセイ」として書くことができた。これからこの考え方をあれこれ育てていくかもしれない。

中立的な姿勢は決して欠陥ばかりというわけではない。中立悪玉論者が知らないことは、第一に、中立というのが自分の意見を言わない又は持たないことではない、とうことである。

第二に、本来的な中立者の採る行いは、どちらの意見も淡々と並べて相対化してしまい、その意見としての濃度・エネルギーを無視するような、思惑のある司会のことでは全くない。

第三、そもそも世界の強大さを知っていたら小さな蟻の如くのような自分がSNSでどう声を上げるんだと、誰も聴いてないじゃないかと思うのは、ごく自然なことだ。ツイッターはフォロワー1万から市民権あるかというぐらいには差がある。

第四、もし、社会の多数の人々が喧々囂々で猛烈ノイローゼのような混迷になっていると見えるとき、さらなる過激な油を注いだり、熱しやすく冷めやすい次から次へ正義を食い散らかすようなことが良いとも思えない人の場合には、違う道が考えられる。

SNSはそれぞれがおこないを監視してしまうというデメリットがある。ピアプレッシャーというような言葉もあるが、とにかく、良い子でなければ人でなしという窮屈で重い空気。ひとは聖人でない。

だからと言って存在感ゼロにしてまったく社会へアプローチせず、まったく読むだけにしたり、去ってしまうのはどうだろう。それも一興だろうとは思うが、わたしの場合、すでにこうして書いている。

では、消滅でない道は考えられないか。相互に対立するどちら側につくか、というイデオロギー的な選択ではなるべくないような、中立という道もあるだろう。そもそも思考という行為は、中立的要素を持っている。

ひとが物事を決定する覚悟をそんなに一瞬一時で持てると思うほうがわたしには疑問なのだ。なにをするにも知識や情報は必要だ。資料集めは必要だ。それなのにいっちょかみせよという同調圧力ばかり強くては消耗するいっぽうである。

第五、それゆえ中立は、どちら側からも誤解される可能性も引き受けながら、どちらの意見のことも本気で考える点で、新たなる解決の方向性を探れるのである。また、どちらの意見のことも距離をとって考えるため、別の視点からの解決のことも真剣に考えられるようになる点で、発明的でもありえる。

「どう見てもこうだこれ以外は悪だ」というような頑固になって相手の話を聞く気が一切なくなった正義同士のぶつかり合いが非常に人気が出て、どんどん拡散していくネット。それは勢力争いであろうし言葉による政治であろうから民主主義でもあるだろう。

しかし同時に、賛同の数さえ得られれば、あたかもそれが正しいかのような、大きな大きな間違いを起こすことも可能にする準備になるのではないか。多数・熱狂・正しさ、この三拍子が揃ったら次に出てくるのは誰なのか。もしフォロワー数で物が決まるなら権力者のアカウントが最も正しことになってしまう。民主主義の弱点である。

そういう、意固地なぶつかりあいが、最終的にどのようなものになるのかは、歴史が何度も何度も証明している。声を上げるなとも声を上げるのが悪いとも思わない。ただここでは、両論併記害悪論や中立悪玉論を見かけるにつけ、わたしの中に浮かんでくる違和感を書きだしたくなるのである。

第六、当然ながら常に中立が良いとも思わない。いつでも中立者は中立を一旦やめて主張者となることも中立に戻ることも可能であり、中立でなく議論の場から去る、待つ、見の状態に成ることも出来る。中立でありながら意見を持つこともできる(ただし「裁く」ことと「意見を言う」ことは違うとする)。

そのような言論的存在の可能性を棄ててしまったら、全員が常にリングにあがってコーナーに居なければならない。そのような心に余裕のない状況で落ち着いた判断ができるとは思えない。感情的になることが悪いとは言ってない。ただ単に可能な限りで中立論を持とうと考えることの有用性を書いている。

世界がすでにそうあることを過去にさかのぼって変えることはできない。だが、世界に対してどういう在り方で自分が居ようあろうということを考えたり選べたりできることは、有難いことだ。

あとがき
おそらく2015・2016などの2年ぐらいは世間からわたしに対する見方はこうでなかった。土地には土地の理由があった。直接の当事者性が非常に濃厚であり背水の陣に居たからだ。後ろが崖のような場所で論争したらそれは強い意見になるに決まっている。そうなりたくてなったのではない。

むろん、ニュースやメディアを見聞きして、がっかりだとか心配だとか気持ち悪くて疲れるというような多少の感情の揺さぶられは当然ある。しかしそれに自分が倒されてしまって身動きとれなくなってしまったら時間を失ってさらに悲しい、関心をもつことが本末転倒となる。

これを書いたのは、したがって、まずは原発事故の関係でだいぶ落ち着ける状況となって精神的に復帰しだしたことが第一である。第二に、わたしは禁酒して運動し始め、時事問題に関連して、怒りとか嘆きという感情を揺さぶられることが非常に減り、さらに禁煙も達成したということは、大きい。

そうして大海の一滴は思う。ひとは学ぶ。ひとは変わる。ひとは育つ。


カテゴリー: メモ   作成者: 吉田 邦吉 パーマリンク
吉田 邦吉

吉田 邦吉 について

CHIEF EDITOR ▼Yoshida Kuniyoshi / 小さな雑誌『WELTGEIST FUKUSHIMA』の編集長をしている自由人。1981年1月大熊町の農家に生まれ育つ。政府避難指示区域内農業関連公共事業者。大型特殊免許。宅地建物取引士。中大法学士 (刑法)。エッセイが致知出版にて大坪社長特別賞。2017年から歩き走り現在、日々4kg背負い150m低山を4往復でマラソン20kmを走っている。総計10,000km超。20語学を学んでいる。2017, 2018年に順次、禁酒、禁煙となる。編著『フクシマ発』(現代書館)。文化庁支援事業LMN、福島県立博物館、横浜美術館ヨコハマトリエンナーレなどで講師 (日本遺産認定直後の会津三十三観音巡礼講演は福島県立博物館講堂で満員御礼)。私設図書館「ふくしま本の森」にて活動。NHK BS1 スペシャル (+ world premium)「福島タイムラプス」(出演)が全日本テレビ番組製作社連盟ATP賞テレビグランプリ優秀賞、ニューヨークでも受賞。facebook / website / Amazon/ Twitter/ Instagram▼ Essayist. Public enterprise of agriculture at Okuma town in Fukushima, where has been legally off limit area since 2011. Private school. Nuclear evacuee. Independent publisher. Jurisprudence. Majored in law, Chuo Uni, related to the Middle Temple in London. A special essay prize on a first-class magazine 2015. Lectures and Talks at Fukushima prefectural Museum, Yokohama Municipalcity Museum of Art as Yokohama Toriennale 2017 with works by Olafur Eliasson etc. Like learning languages, Folklore, etc. So many Appearances of Newspapers, Radio, TV, Internet, and NHK BS1 SPECIAL and NHK world premium (Fukushima TImelapse, ATP award TV grand prix, outstanding performance award 2018 in Japan. Also, in New York it received an award). Marathon 20 km with 4kg and study 20 languages everyday. Live in Fukushima.