あれこれCMの話2 吉田邦吉


このあいだ、大熊に関するエッセイで産業の話など良いじゃないかと書いた。その続きが実はこのCMの話だとお気づきになられたかたは、いないだろう(CMの話1こちら)。ひとことで言うと、産業やCM映像を民俗と捉えて、学とする。茶の間で妻とテレビを見ていて、けっこう楽しい時間を頂いているのである。

キウイが喋っている。じゃがいもと間違われたりしながらキウイたちの冒険が続いていて面白い。今回は鍛えてないキウイたちがふらふらになってトレーニングなんかしていて、どことなく、七転八倒な自分の日々も重ねてしまい、ほっこりする。バナナもオレンジもリンゴいる。CMの枠を超えたミュージカルテイスト。そう言えば福島県双葉郡大熊町の特産物には、キウイもあった。

「がんばろうとして、だけど情けないほどに失敗して恥ずかしそうな顔をして、なにかと転んだりしている、そういうすがた」は、胸を打つ。平成末期から令和初期のSNSではあまり見かけないかもしれない。

いつの間にか、より庶民的で人間模様が分かるはずのSNSのほうがいわゆるCM的な形式性を帯びだしていて、よりスマートにビジネスライクなはずのCMのほうがより庶民的で人間模様を知らせ楽しませてくれている。つまり、逆転現象が起きていることもあるだろう。

また、北海道のジャガイモたちも自分たちのCMを作るべきかと存ずる。

ゼスプリ キウイ TVCM 2020

2020年の3月ごろは、『100日後に死ぬワニ』(作 きくちゆうき)の動画がすばらしかった。歌のコラボレーションは、いきものがかり、である。

命の危険を連想させる「コロナ禍」と、「死」という言葉の入るタイトルの作品のリアルタイムで流れる時期が重なってしまい、ネットでは少し炎上もしたようだった。

たほう、リアルタイムで少しずつ作品が流れていくと、同じ時間を共有しているという共時制が高まって、人々の青春感といった思い入れも芽生えてくる。それが現代の作品として存在することの重要さでもある。それはSNSの特性でもある。

作品を見たら、不謹慎というのを超えて、一つ一つの今を大事にしようと思った。友達むろん、青い空、桃色の桜、緑色の草、茶色の道、アスファルト、ゲーム、どんなことでも本当に大事なことなのである。

映像を再生してみてほしい。最初に出てくる言葉は「生きる」。ただその時間、季節、年月を過ごしてきた、なんら特別な優秀性などなく、ただそのことの尊さに、涙が自然と溢れるような、すばらしい作品になっていることを確認するであろう。

これは何を宣伝しているのか?「生きる」こと。

短くまとめてある

5月中ごろ、にゃんこ大戦争というノホホンとした歌声の、猫ゲームのコマーシャル映像『にゃんこ音頭』がテレビに流れていて癒された。20代後半に自分はしなくなったがそれまでは何日も連続でゲーム三昧なこともあったのを思い出す。何日も連続で音楽三昧でもあったが。

にゃんこ大戦争のテレビCM『にゃんこ音頭』篇 にゃんこ大戦争7周年TVCM 第2弾 PONOS 直リンク https://battlecats.club/7anniversary/ PONOSのトップページ https://www.ponos.jp/

ネコでも人間でも、ゼスプリのキウイのように擬人化された物体でも、集団で踊っていると何だか可愛らしい。また、歌声の脱力感といったらたまらない魅力があり、ちょっとしたクセになる感じすらある。

この集団性のすごみを言ったのは農具に関しての宮本常一であろう。かれの尽力がいかに凄まじかったかはわたしもまだ学習途中であるが、このような「アニメ・シンプル・かわいい」は宮本さんの時代にはまだ無かったかもしれないと今のわたしは推測しているが、たとえばお雛様の飾り又は民芸品「あかべこ」など「かわいい物の集団性」などはあっただろう。

「和太鼓」と「集団」と「アニメかわいい」の「お祭り」だ。いかにも現代日本的であり、アニメ文化の隆盛が一般的なテレビCMにまで文字通り躍り出てきた。丸に三角に点2つと鼻ひげ口のU3つと手足おわり大変シンプル。

こういうイラストは、江戸時代などなら恐らく「へのへのもへじ」であろうし、平安後期や鎌倉時代初期なら『鳥獣戯画(チョウジュウギガ)』があるだろうから、繋がりは定かでないにしても、文化的鉱脈があるとは思われる。

最近のむかしならば、教室ではおとなしい少女少年たちのノートの片隅で踊っていたキャラクターたちであろう。それがいつの間にか漫画を賑わせ、文字情報ばかりのネットに表情を与え、テレビになって、花が咲いている。

つい日本すごいと言いたくなるが、本当にすごいのは教室の隅っこなのである。そんな少女少年たちの未来がこれからも花咲くことを祈りながら。


カテゴリー: メモ   作成者: 吉田 邦吉 パーマリンク
吉田 邦吉

吉田 邦吉 について

CHIEF EDITOR ▼Yoshida Kuniyoshi / 小さな雑誌『WELTGEIST FUKUSHIMA』の編集長をしている自由人。1981年1月大熊町の農家に生まれ育つ。政府避難指示区域内農業関連公共事業者。大型特殊免許。宅地建物取引士。中大法学士 (刑法)。エッセイが致知出版にて大坪社長特別賞。2017年から歩き走り現在、日々4kg背負い150m低山を4往復でマラソン20kmを走っている。総計10,000km超。20語学を学んでいる。2017, 2018年に順次、禁酒、禁煙となる。編著『フクシマ発』(現代書館)。文化庁支援事業LMN、福島県立博物館、横浜美術館ヨコハマトリエンナーレなどで講師 (日本遺産認定直後の会津三十三観音巡礼講演は福島県立博物館講堂で満員御礼)。私設図書館「ふくしま本の森」にて活動。NHK BS1 スペシャル (+ world premium)「福島タイムラプス」(出演)が全日本テレビ番組製作社連盟ATP賞テレビグランプリ優秀賞、ニューヨークでも受賞。facebook / website / Amazon/ Twitter/ Instagram / note▼ Essayist. Public enterprise of agriculture at Okuma town in Fukushima, where has been legally off limit area since 2011. Private school. Nuclear evacuee. Independent publisher. Jurisprudence. Majored in law, Chuo Uni, related to the Middle Temple in London. A special essay prize on a first-class magazine 2015. Lectures and Talks at Fukushima prefectural Museum, Yokohama Municipalcity Museum of Art as Yokohama Toriennale 2017 with works by Olafur Eliasson etc. Like learning languages, Folklore, etc. So many Appearances of Newspapers, Radio, TV, Internet, and NHK BS1 SPECIAL and NHK world premium (Fukushima TImelapse, ATP award TV grand prix, outstanding performance award 2018 in Japan. Also, in New York it received an award). Marathon 20 km with 4kg and study 20 languages everyday. Live in Fukushima.