時の流れを持つ。見る。新生福島を語る。吉田邦吉


区域内で働いて分かる。ゲートは重く日に何度も開閉は大変。

2015年ごろ、確かに終わった。

約五年、帰還困難区域は見通しがまったくつかなかったのである(今ですら全てに明るい見通しが立っているかと聞かれると不安になる)。だから大勢が諦めた。日々、時は過ぎる。もはや終わったと思うしかなかった。

それぞれが新しい人生を始めていった。その土地で安定していけば、喜ばしいことでもあるから、それを放り出して戻ることもまったく簡単でなくなる。そうして実際に一部、昔の福島は終わった。例えば中間施設があったら帰還のアンケートは自由意思だけで決められるだろうか。

そうせざるを得なくなった大勢が、新しい暮らしを始めていったのである。たほう、今の区域は、さみしくなった。建物はどんどん消えていく。消えていく順番待ちだ。どう見ても昔の福島が終わっていくのは否定できない。いのししはいつも増えて土地や道を荒らし困ってもいる。

0.15マイクロシーベルト毎時。大熊町。2019 秋。

こんなに線量が下がっている事実もあるのに風化してしまった。伝えられていないと感じる。いまも汚染イメージがこびりつき、一部の表現的な様子は嫌がらせ(「放射能ハラスメント」と名付ける)のようにさえ感じられ、傷つきもする。前代未聞の復興を何でも批判ばかりするのは簡単だ。

ぜひ、自ら復興に参加してほしい。

どうあれば福島は幸せになれるかを探しにいこう。悲しみは悲しみだが、数々の伝統的な産業や文化、それから、新しい大熊町イチゴや広野町バナナでも分かるように、ゆっくりと、そっと、花が芽吹きだしてもいる。ぜひ食べに来て、せつなくて美しい地域の風景を見てもらえれば幸い。

いま、赤ん坊のような新生福島が、そこにある。

2019年12月末、福島の青い空を眺め、志を立てる。

カテゴリー: メモ   作成者: 吉田 邦吉 パーマリンク
吉田 邦吉

吉田 邦吉 について

CHIEF EDITOR ▼Yoshida Kuniyoshi / 小さな雑誌『WELTGEIST FUKUSHIMA』の編集長をしている。1981年1月大熊町生まれ育つ。中大法学士。政府避難指示区域内農業関連公共事業者。大型特殊免許。宅地建物取引士。エッセイが致知出版にて大坪社長特別賞。日々4kg背負い150m低山を4往復でマラソン20kmを走っている。総計10,000km超。20語学を学んでいる。編著『フクシマ発』(現代書館)。文化庁支援事業LMN、福島県立博物館、横浜美術館ヨコハマトリエンナーレなどで講師。私設図書館「ふくしま本の森」にて活動。NHK BS1 スペシャル (+ world premium)「福島タイムラプス」(出演)が全日本テレビ番組製作社連盟ATP賞テレビグランプリ優秀賞、ニューヨークでも受賞。facebook / website / Amazon/ Twitter/ Instagram▼ Essayist. Public enterprise of agriculture at Okuma town in Fukushima, where has been legally off limit area since 2011. Private school. Nuclear evacuee. Independent publisher. Jurisprudence. Majored in law, Chuo Uni, related to the Middle Temple in London. A special essay prize on a first-class magazine 2015. Lectures and Talks at Fukushima prefectural Museum, Yokohama Municipalcity Museum of Art as Yokohama Toriennale 2017 with works by Olafur Eliasson etc. Like learning languages, Folklore, etc. So many Appearances of Newspapers, Radio, TV, Internet, and NHK BS1 SPECIAL and NHK world premium (Fukushima TImelapse, ATP award TV grand prix, outstanding performance award 2018 in Japan. Also, in New York it received an award). Marathon 20 km with 4kg and study 20 languages everyday. Live in Fukushima.