将来の福島を考える。吉田邦吉


だれもが知るとおり、福島と原発是非の関係性は複雑だ。

 1、両極性
 それで生きてきた面もありながら、それで被災したという面もある。だから、「ア、安全神話」に腹が立っていても、「イ、どこまでが安全の範囲内か」ということには被災の回復つまり復旧や復興のために必須なのである。

 ア、安全神話
 とくに原発運営についての安全神話について考えていくべきである。安全神話というものを原発推進のために使えばどういう組織的な失敗が待っているか。この考察こそが実は原発を推進しようと反対しようと重要なのである。すなわち民主主義、組織論、不確実性などの問題である。

 イ、低線量の安全性の周知法
 これが原子力災害を被っている地域の復興には何より肝心である。ただし周知は大事だが、その方法はもっと重要なのである。たとえば、いきなり100ミリという数字だけを最初に出しては大バッシングを食らうだろう。放射能について人は不安があって自然であり、原発の是非だって誰もが考えはある。

 イのA、不安感や怒りなどを否定しない
 低い線量でも浴びたくないという人の気持ちを否定するのは間違いである。考えや気持ちは自由なのであるから、心配すること自由なのである。もし2人以上なら、他者の話が終わったら次は自分の番、という順番で話を行えば良い。ひとが権力と闘うのも闘わないのも自由。

 イのB、非政治的にシンプルな提示
 そもそも、「低線量」関係における分析データのほうでは明確な増加が見当たらないという話があるだけなのであるから、それを提示し続ければ良いのである。それをもって、原発の賛成とか反対とかのために他者を論難しすぎないことが大切だ。あまりのものは禍根を残す。

 ウ、県外の脱原発
 福島県内での原発は第一はむろん、第二も廃炉になるので争いがない。県外においては賛成派と反対派が分かれている。そして特に、県外の脱原発派というのは福島の被災つまり低線量について何の理解もなく非情または感情的のみに政争利用なのかということを考える人も居るかもしれない。

 ウのA、理解ある人々
 理解ある人々は、そもそも原発の是非に関わらないで、低線量に関して政府が採用したデータや知識の意味を共に学ぼうと理解してくれるだろう。そうであれば、福島の被災は国内にくわえ世界へ向けて回復していくことが出来る。分断も融和していくだろう。脱原発派で理解ある人達は沢山いると思う。

 ウのB、理解ない人々
 理解ない人々は、そもそも原発の是非に関わらないで、低線量に関して政府がどうこうしてきたこと自体を理解「したくない」のであって、理解力のない冷酷無情な人々ではない。そういう人達は、国政関係のことを今は信頼したくないが、福島の人々が続けている努力については評価してくれるだろう。

 2、教訓性
 福島県民としては、「繰り返してはならない」という意識も実は強い。かつて県民は原発に関心が高いとは言えない状況だったと思うので、そこには有権者としての責任を他の国民と同様に感じているだろう。どうしたら教訓のようなことを後世につないで行けるのかは重要な仕事である。そしてそれは、原発政策の是非両方だけでなく、民主主義そのものや悲劇を繰り返さないという普遍的な意味内容もある。

 ア、記録
 記録を遺していくことは何より重要だ。その際も、新聞、映像、写真などにくわえ、むろん、当事者の声、周囲としての間接的な当事者の声、学術書、雑誌、フリーペーパー、事故由来の事実を伝える物の数々、イベントの記録といったあらゆる雑多なことを保管しておくアーカイブセンターのようなものの存在が必要である。

 イ、記録所の運営
 記録所においては様々な楽しいイベントが日常的に開かれていて、別段、「そのことだけでないゆるやかな運営」をもって心掛けるべきである。そうであってこそ多数の人達が集う場所になってくれることだろう。今はしばらく自己保存や図書館に自己献本というような状態かもしれない。

 3、分断性
 県内外において原発を順次でも廃炉していきたいと考えている「脱原発」の人達と、県内外において原発を推進していきたいと考えている「原発推進」の人達がいて、そこの勢力争いに福島の被災が巻き込まれて分断している。いわゆる「二次被災」の問題であるから考察することは若干必要だ。むかし「喧嘩と放射能は福島の華だ」と書いたことがあるが、最近は不毛な感じを受け、無関心を助長しているような気がする。マクロな意識の流れに展開が欲しい。

 ア、思惑
 今の福島関係のことは、一定数の人々による思惑が見えてしまうかもしれず、本来それはむしろ目的達成のためには邪魔になる。たとえば脱原発したいから福島が嫌がることをし過ぎるということだとその問題提起は広がりにくいのである。一見して広がっているように見える激しい投稿のライクやシェアというのはどんな傾向の人々がしているのかまで可視化されている時代だ。広がっているように見えて実は熱狂依存の回覧板状態を人は見抜く。

 イ、未来への可能性
 広がるような投稿を心がけようと思ったら内輪受けを狙うような表現の仕方ばかりではまったく広がらないと言って良いだろう。逆でなければならないのである。一見したらこれは閲覧数低くなるだろうという地道で地味なことであればこそ、別次元に居る人達が見てくれる確率が高まるだろう。ゆえ、広がるというよりは、未来への可能性を広げると言ったほうが正確かもしれない。

 ウ、理性と感情
 成熟した人達であればその投稿にどれだけのライクやシェアがついてるかなどほとんどどうでもいいことだ。なぜなら99人が正しいと言っていることを理由として何が正しいかを決めることが大きな間違いのもとであり、自分で複数の情報にあたってゆっくり考えていくことが道のりだということなどを知っているからである。

 そういう人達に自然と伝わっていくような、理性と感情のバランスのとれた大人のアプローチが最も好ましい。SNSや言葉だけでなく、場づくり、映像、写真、物語、テレビ、物作り、食べ物づくり、なんでも福島は、やる気と才能を待っている。県民も日本に居る人々も積極的に評価していくと良いのだろう。きっとそれは、この日本という国に注ぐ日差しを暖かいものにしてくれるからだ。

 そうだから、関わってくれて、ありがとう。








カテゴリー: メモ   作成者: 吉田 邦吉 パーマリンク
吉田 邦吉

吉田 邦吉 について

CHIEF EDITOR ▼Yoshida Kuniyoshi / 1981年1月大熊町生まれの原発避難者。中大法卒、2000年より塾長。2013年4月、赤坂憲雄の活動のもと文の道へ、2014年9月22日に卒業同日、「WELTGEIST FUKUSHIMA」で独立し出版事業を開始。エッセイで致知出版大坪社長特別賞。2017年度にアメリカ横断距離5000kmを歩き、1500kmの時点で20kg痩せ、2017年にアルコール、2018年にパイプを止める。会津民俗学研究会員。書籍編集長。雑誌共同執筆。文化庁支援事業や福島県立博物館や横浜美術館ヨコハマトリエンナーレ(オラファー・エリアソン作品)などで講師やトーク等々。私設図書館「ふくしま本の森」にて活動等。新聞、ラジオ、テレビ、インターネット、多数回のメディア出演を経験する。NHK BS1 スペシャルNHK world premium「福島タイムラプス」(出演)は全日本テレビ番組製作社連盟ATP賞テレビグランプリ優秀賞、ニューヨークでも受賞。2019年から日々20kmのジョギング継続。法学、哲学、民俗学、そして20言語の学習も続けている。同年夏から農業関係の区域内公共事業に就く。県内在住。facebook / website / Amazon/ Twitter/ Instagram▼ Essayist. Private school. Nuclear evacuee 2011-. Independent publisher. Majored in law, Chuo Uni, related to the Middle Temple in London. A special essay prize on a first-class magazine 2015. Lectures and Talks at Fukushima prefectural Museum, Yokohama Municipalcity Museum of Art as Yokohama Toriennale 2017 with works by Olafur Eliasson etc. Like learning languages, Folklore, etc. So many Appearances of Newspapers, Radio, TV, Internet, and NHK BS1 SPECIAL and NHK world premium (Fukushima TImelapse, ATP award TV grand prix, outstanding performance award 2018 in Japan. Also, in New York it received an award). Jog 20 km and study 20 languages everyday and agricultural public enterprise worker since 2019. Live in Fukushima.