実害論を終わらせる。吉田邦吉


2015年ごろ。かつて私が風評被害論を嫌ったのは、多くの人々が風評被害も含めた実害で係争中なのにその損害を見えなくしようとする二項対立の動きに用いられていたのがそれだからであり、まだその科学的な情報も周知されていない頃だろうに恐れる人々を嘲笑し、なおかつ、当時は非常に巨大な復興ムードが強すぎて強制的に避難させられている私たちの存在があまりにも影だと判断したから公平性を考えたなどのことが理由である。

あの頃は今の野党が政権だった。多少は勝ち取れた面もあるのだが、最終的に私の闘争は恐らく2016年ぐらいで負けて終わっていた(私自身は気付いていなかった)。今は、大勢が泣き寝入りしていて、なおかつ、復興ムードが弱くなりすぎて、旧含めて避難区域の関係としては良いことがなくなったままであり、むろん私は無念に思っている。帰還困難区域の復旧復興は今からであるのにブームも終わってしまった。これからが長いのに風化である。

しかし危機ほど肩を落としてばかりいられない。勝負が終わったのだから潔くスポーツマンシップでいたい。一家をそして故郷を守りたい。ゆえ、風化は防止したくても、闘争というより大きな交渉時期がだいたい終わって、生活再建時期にやっと居始める私たちにとって、暴走的でスタンドプレーな実害論が必要とは思えない。福島にとって脅威にすらなるだろう超低線量被曝強調論がついて回っていることにも困惑している。福島に来ない関わらないのに暗黒しか取り上げないとか、来ても汚染アピールばかりして帰るでは嬉しくない。被災地を貶めて終わりにしないでほしい。被災地には続きがある。

元々この超・・・強調論に関し私は懐疑的である。そもそも被曝が深刻問題になるのは除染作業や原発作業ほどの被曝量であったと思われるからだ。むろん学究や意見などは自由だが、生業にも配慮ぐらいマナーだろうと思うのである。私たちは福島や地域が大事だからだ。外に居る人々は福島を言いたい放題に苦しめても、自己のテリトリーに帰れば普通に暮らしていられる。故郷に居たい人々はダメージ受けても故郷をやめたりできない。傷つけるは一瞬。回復は年月かかる。状況が不公平なのである。

日本全体でのブームは終わり、県民大体の表面での闘争も終わり、実害論ではもう直接的な当事者を守れない。それなのに福島に来て粗探しするかのようにガイガーカウンターを振り回し、しばしばネットで晒して政争のための批判をするばかりの強烈すぎる実害論をしたら、今度は直接的当事者たちを苦しめる。目的が転んでしまうのだ。もし、どうしても高い所のみ計測してネットに出し続けたいなら、自分でリスクをとり、自分の暮らす地元の線量計測でやり続けるべきだろう。すでに大変なことが分かっている福島でなくていい。自己の実際生活や除染申し込みのためもありえるのだし計測自体すべて駄目と思わないが、愛は必要だ。普遍的な人類や国家のためなればなおのこと福島には穏やかで良いと思うのだ。

今も読まれ続けていて何万閲覧だったか。福島農家のかたの引用によって私の提唱したそれは巨大な数値に、当時2015年は最も上った。読んでくれた人々に感謝している。けっきょく風評被害論者を含めた賠償の件もあって当事者たちに何でもが必要とされていた最後の時期だったからである。そのあとはある意味その数値で満足と思う他ない状況だと分かって、今度は旅に出た。合計二ヶ月間、沖縄へ集中的に滞在した。いろいろと学ぶことができ、豊かな収穫をえられた。沖縄そばうまかった。それから修行に入り、静かに暮らし始め気付けば2019年だ。

今度は、他所から投げられる福島実害論や福島脱被曝論が、もう福島で暮らす誰にも、ほとんど直接的な現時点での価値がないと私には思える。現実は厳しい。県民全体の郷土を守るその闘争は終わったのである。しかしそのころ同時期に、半減期と除染によって、かなり線量が低減したことがわかりはじめてもきた。時は経過する。負のイメージを固定し続けてはいけない。私はこんなに下がると思っていなかったので確かに理解したのは2019年初頭ごろと遅かったが、驚いた。のであれば、なおさらだ。そこで生きていく人々の風評被害を第一に回復すべき時期に入った。ちなみに、帰還困難の中で線量が非常に高いエリアについては明確に、実害論どころでもない。そこについては次に国がどういう政策をすれば人々が折り合いをつけられるかなどであると思われる。

たしかに実害一般は日本中にゼロではない。怒りも悲しみも時には思い出す。だが人生は短いので、未練たらたらで居られる暇もそんなにないのである。粗探しすれば汚染高い所あるだろう。山の食べ物には一部規制が残っているかもしれない。だが一般の食品検査は不検出が長く続いていることも分かってきて何とかやってきた苦労してる仲間がいて、しかも私は昔から、風評被害も実害に含まれると書いてきた。いま大事なのは概ね風評被害という実害から故郷福島を守ることである。その意味に関係して、ネットで過剰な実害論アピールによる実害は回復していないことを散見する。だからこの文を書かねばならないと公平性を考えて決めた。1度全て書き直したほどこの文章は難しかった。この件で闘争まではしたくないので無理に説得しないが、そっと手紙を置いておきたい。ありがとう。

よって私は、実害論を終わりにする。


カテゴリー: メモ   作成者: 吉田 邦吉 パーマリンク
吉田 邦吉

吉田 邦吉 について

CHIEF EDITOR ▼Yoshida Kuniyoshi / 小さな雑誌『WELTGEIST FUKUSHIMA』の編集長をしている自由人。1981年1月大熊町生まれ育つ。政府避難指示区域内農業関連公共事業者。大型特殊免許。宅地建物取引士。中大法学士 (刑法)。エッセイが致知出版にて大坪社長特別賞。2017年から歩き走り現在、日々4kg背負い150m低山を4往復でマラソン20kmを走っている。総計10,000km超。20語学を学んでいる。2017, 2018年に順次、禁酒、禁煙となる。編著『フクシマ発』(現代書館)。文化庁支援事業LMN、福島県立博物館、横浜美術館ヨコハマトリエンナーレなどで講師。私設図書館「ふくしま本の森」にて活動。NHK BS1 スペシャル (+ world premium)「福島タイムラプス」(出演)が全日本テレビ番組製作社連盟ATP賞テレビグランプリ優秀賞、ニューヨークでも受賞。facebook / website / Amazon/ Twitter/ Instagram▼ Essayist. Public enterprise of agriculture at Okuma town in Fukushima, where has been legally off limit area since 2011. Private school. Nuclear evacuee. Independent publisher. Jurisprudence. Majored in law, Chuo Uni, related to the Middle Temple in London. A special essay prize on a first-class magazine 2015. Lectures and Talks at Fukushima prefectural Museum, Yokohama Municipalcity Museum of Art as Yokohama Toriennale 2017 with works by Olafur Eliasson etc. Like learning languages, Folklore, etc. So many Appearances of Newspapers, Radio, TV, Internet, and NHK BS1 SPECIAL and NHK world premium (Fukushima TImelapse, ATP award TV grand prix, outstanding performance award 2018 in Japan. Also, in New York it received an award). Marathon 20 km with 4kg and study 20 languages everyday. Live in Fukushima.