避難・帰還の狭間で 吉田邦吉 written in English together


昨年末にテレビで飯舘村が出て復興した姿を報道したらしい。そのことについて同じく飯舘村の人が他にも報道されていないところが沢山あることを言っていた。また最近、民の声新聞さんで浪江町の人達の声が記録されていた。どこも同じような話題で苦労している。日本全体の復興ムードから取り残された解除区域の人達が帰還や復興を一所懸命に祝いたいのは当たり前だ。逆に、まだ帰れない人たちが辛くて不安や悲しみを批判として挙げるのもごもっとも。帰れても帰れてなくても延々と続く困難。どうしてくれることか。これから問題はまだまだ数えきれないほどになるだろう。それでも我々はこの辛苦を乗り越えて生き抜かねばならない。

(Sorry for my odd English)
A TV broadcasted like that Iitate village (Almost of the place had been off limit area) was re-constructed, but some evacuees said like their hometown had a side of sadness and they must broadcast its side, too. On the other hand, Namie town’s evacuees said like the same as some evacuees of Iitate village. Hence, everyone has the same topic like, “What should we do from now on? What should people see about Fukushima off limit area?” I thought, it was right that people who went back to there and they wanted to celebrate it. At the same time, I know some evacuees want to critic a kind of mass-media’s way. Everyone feels sad, even if where they live. We have enormous problems, but must overcome this obstruction step by step.


カテゴリー: メモ   タグ: , , , , , ,   作成者: 吉田 邦吉   この投稿のパーマリンク
吉田 邦吉

吉田 邦吉 について

CHIEF EDITOR ▼Yoshida Kuniyoshi / 1981年1月大熊町生まれの原発避難者。中大法卒、2000年より塾長。2013年4月、赤坂憲雄の活動のもと文の道へ、2014年9月22日に卒業同日、「WELTGEIST FUKUSHIMA」で独立し出版事業を開始。エッセイで致知出版大坪社長特別賞。2017年度にアメリカ横断距離5000kmを歩き、1500kmの時点で20kg痩せ、2017年にアルコール、2018年にパイプを止める。会津民俗学研究会員。書籍編集長。雑誌共同執筆。福島県立博物館や横浜美術館ヨコハマトリエンナーレ(オラファー・エリアソン作品)などで講演やトーク等々。私設図書館「ふくしま本の森」にて活動等。新聞、ラジオ、テレビ、インターネット、多数回のメディア出演を経験する。NHK BS1 スペシャルNHK world premium「福島タイムラプス」(出演)は全日本テレビ番組製作社連盟ATP賞テレビグランプリ優秀賞。facebook / website / Amazon▼ Essayist. Private school. Nuclear evacuee 2011-. Independent publisher. Majored in law, Chuo Uni. A special essay prize on a first-class magazine 2015. Lectures and Talks at Fukushima prefectural Museum, Yokohama Municipalcity Museum of Art as Yokohama Toriennale 2017 with works by Olafur Eliasson etc. Like learning languages, Folklore, etc. So many Appearances of Newspapers, Radio, TV, Internet, and NHK BS1 SPECIAL and NHK world premium (Fukushima TImelapse, ATP award TV grand prix, outstanding performance award 2018)