おくたび紀行 ~ 縄文の息吹 ~ 中


※(上)はこちら

会津西方駅に到着。駅近辺出身の主催者の方を含めたお三方が自己紹介と、旅のスケジュールなどをお話してくださり、心の準備は万端。そして村歩きがスタートした。

会津西方駅に到着。駅近辺出身の主催者の方を含めたお三方が自己紹介と、旅のスケジュールなどをお話してくださり、心の準備は万端。そして村歩きがスタートした。

川沿いの細い道を歩く。殆ど車が通ることはないというこの道で、十数名で歩いているわたしたち然り、車も1台通り過ぎた。この光景を見た地元の方は祭りの日を思い出されていたかもしれない。

川沿いの細い道を歩く。殆ど車が通ることはないというこの道で、十数名で歩いているわたしたち然り、車も1台通り過ぎた。この光景を見た地元の方は祭りの日を思い出されていたかもしれない。


名入地区出身の方から「材木を筏(いかだ)にして只見川に流して運んでいた」と教えていただいた。
この「筏流し」の歴史については大変興味深いので、お聞きしたお話を含め、別の機会に改めて寄稿しようと思う。

おくたびに参加する2週間前、奇跡的に読了した赤坂憲雄さんの「子守り唄の誕生~五木の子守唄をめぐる精神史~」の一説を、このとき思い出していた。「おどんがお父っつぁんな、川流しの船頭、さぞや寒かろ、川風に」
ナガレモンである守り子とその父親「ナガシ山師」の存在だ。
じわじわと「奥会津」への関心が高まる。

西方地区出身の方とお話していると「夜、会津西方駅から隣駅まで歩いたことがあるんだけど、本当に、真っ暗!!何にも見えない!」とおっしゃっていた。出身者だからこその、貴重な体験談である。
この辺りを夜歩く際には懐中電灯は必須だ。替えの電池も忘れずに!そんなことを話しながら、真っ暗な夜歩きに手持ちの灯りが必要なことはむしろ、とても自然なことなのだと考えていた。そんなことも気づけない現代人でありながら、かなり希釈されたわたしの中に在る縄文の血に寄り添ってみる。

降りた側と反対側の会津西方駅、先ほどと大分違って見えたため線が違うのだと勘違い。「只見線は単線です」

降りた側と反対側の会津西方駅、先ほどと大分違って見えたため線が違うのだと勘違い。「只見線は単線です」

紅葉が残っている線路沿いを眺めながらテクテク

紅葉が残っている線路沿いを眺めながらテクテク


毎週、郡山市から乗りに来られているという只見線フリークの方とお話しをしていた。「只見線の景色を見ていると落ち着く」のだそうだ。
「このような場所には住んだこともないのに、懐かしさを感じる不思議さ」を口にしたわたしに、彼はこう言った「原点に還るのだろう」と。
閃光が走ったように感じた。
彼や参加者の方々に、わたしの中にも流れている遠いご先祖様の血が、きっとこの風景を記憶しているのだ。
この「懐かしい感覚」は気のせいではなく、「誰もが思い出すことのできる記憶」なのだろう。

後に読んだ 奥会津書房出版の 会津学 Vol.1では、菅家博昭さん、遠藤由美子さんとの【特別座談会】の中で、赤坂憲雄さんはこのような現象を「内なる異文化」と表現されていた。
祖父母、父母の「人生の断片」
それは自分の中に繋がる、糸……。