日本国家と日本人 吉田邦吉


なんだか最近ネットを観ていると誤解が増えているように思います。私は労働法や国籍法に詳しくありませんが、少し考えてみたいと思います。

日本という国家は、いろいろな民族が複合して出来た国です。この論点で日本人とは、人種ではなく、法的な、日本国民の意味とします。

海外の人達が沢山来ている昨今に、「日本が乗っ取られる」とか、「日本人のほうを労働条件で優遇せよ」とか、そう簡単ではない相談だと私は思っています。

以下はそのうちの一つを例にとって話を進めます。

日本人であることは国籍が日本ということであり、海外国籍ではないということですが、それをもってどう労働の質が高いのかを企業側が認定しなければ上昇しないでしょう。国籍が違うと労働の質が違うという理由が必要です。

しかし通常、労働の質が高いと言えるためには、技術がある、資格がある、実績がある、若いから体力がある、高齢だから経験がある、そういうことだと思います。

そうでなければ、同一労働同一賃金という基礎的な主張からして崩れてしまい、同じ労働をしているのに日本人だけ優遇せよと言うならば、それは貴族と農奴のようなものになると思います。海外で働く外国人という名の日本人が、同じ目に遭っても良いのでしょうか。

むろん、政策として海外からの労働者を増やす前に、日本にいる人々の労働環境の待遇を改善すれば、日本にいる人がその職種に働きたいと思う人が増えるとかそういう話は別ですが、日本に住まう人々は日本人とは限りませんね。外国人も日本に住まう人々です。

また、企業が望んでいることを政府はおこなっているのでしょう。企業に主導権を渡しているのは、例えばTwitterなら、どちらかと言えば右よりな発言をする傾向のある人たちではありませんかね、原発とか。

とにかく、大和政権の暗い歴史には、似たような、ある部族の人々への、不当な扱いがあったのではないでしょうか。藩や部族内部ではどうでしょうか。戦が終わって服属してその国の人間となっても、です。

また、東北のとある業界では同一の労働をしているのに賃金が安いのは歴史的理由もある、つまり不当な理由もあると、聞いたことがあります。正当な理由なく、敗北した福島以北だから安い給与。

そういう歴史は繰り返して大丈夫でしょうか。繰り返さないように気を付けなければならないと思います。だから何か、もし国籍で賃金を考えるなら、理由が吟味されねばならないと思います。

外国人ばかりだと言いますが、海外からの観光客を望んでいるのは日本人であり、海外からの労働者を望んでいるのも日本の企業です。日本人は人件費が高い上に3Kの仕事などをしたがらない。

給与をあげる余裕が企業になく、政府も何ら動かない。今現在で、海外からの労働者を減らしたい議員は少ないのだと思います。海外からの労働者がいないと途絶えそうなところも出てきているようです。

(参考:外資系になった漁業 外国人依存ニッポン NHK)

それに、そもそもその海外の人達というのは、歴史をさかのぼれば、「われわれ自身」です。地続きだったこの列島に人類が最初から住んでいたわけではないと思います。

いま、同じ人間に向けて「外国人」などと指さしている無知な人々もいるかもしれませんが、いずれ、急速な人口減少にともない、日本政府は、国家が消えてなくなる前に、対策するでしょう。

誰でも長い間にわたって税金をおさめたり国防や外交そして文化や社会を考えてくれる人達すなわち国民の数が増えるほうが国家が維持されて、国家にとって良いのです。

多分、国籍要件を緩和したり厳格にしたり、いろいろとコントロールしだすでしょう。何民族でも国民になれるのが国家です。

「外国人」は「いろんな民族や人種」です。「なに民族でもなに人種でも日本人になれる、今までもそうしてきた」それが「国家」です。つまり、外国人は要件を満たすと日本人になれる可能性ある人たちです。

いろんな民族の人達と日本人たちが交流したりして、たまに結婚したりもして、日本人の人口が増えだしていく。繰り返されてきたことだと思います。

ちなみに、外国人という呼び名を嫌う人々もいますから、もし配慮したい場合には注意が必要です。その場合は海外出身の人達などという言葉を用いましょう。

それにこれからの時代は外国人労働者どころか人工知能が働きだすと思います。すでにレジではオートメイション化も進んできて、人がぐっと減りました。

労働環境、社会福祉、そういう暮らしやすい社会といったような憲法上のことをしっかりした土台にしたいのであれば、どういう政党や政治家を応援しますか、お任せしますが。

地域を共同で営む上でいろいろな課題は出てくるかもしれませんが、それも、国籍とは関係のないことです。

いずれにせよ、海外から来る人達は、希望や不安をもって、故郷と離れ、長い旅路を、見知らぬ町まで来ていただいています。

日本人は自分が移民や難民になるという想像力がない人達が沢山いると思いますが、昨今の時事ニュースを見て、そういうことを想像したほうが良いと思います。

「ようこそ!来てくれてありがとう!」と言って迎えたいと私は考えています。


カテゴリー: メモ   作成者: 吉田 邦吉 パーマリンク
吉田 邦吉

吉田 邦吉 について

CHIEF EDITOR ▼Yoshida Kuniyoshi / 1981年1月大熊町生まれの原発避難者。中大法卒、2000年より塾長。2013年4月、赤坂憲雄の活動のもと文の道へ、2014年9月22日に卒業同日、「WELTGEIST FUKUSHIMA」で独立し出版事業を開始。エッセイで致知出版大坪社長特別賞。2017年度にアメリカ横断距離5000kmを歩き、1500kmの時点で20kg痩せ、2018年に酒たばこ止める。会津民俗学研究会員、書籍編集長、雑誌共同執筆、福島県立博物館や横浜美術館トリエンナーレなどで講演やトーク等々、私設図書館「ふくしま本の森」にて活動等。新聞、ラジオ、テレビ、インターネット、多数のメディア出演を経験する。NHK BS1 スペシャルNHK world premium「福島タイムラプス」(出演)は全日本テレビ番組製作社連盟ATP賞テレビグランプリ優秀賞。facebook / website / Amazon▼ Essayist. Private school. Nuclear evacuee 2011-. Independent publisher. Majored in law, Chuo Uni. A special essay prize on a first-class magazine 2015. Lectures and Talks at Fukushima prefectural Museum, Yokohama Municipalcity Museum of Art as Yokohama Toriennale 2017 etc. Like learning languages, Folklore, etc. So many Appearances of Newspapers, Radio, TV, Internet, and NHK BS1 SPECIAL and NHK world premium (Fukushima TImelapse, ATP award TV grand prix, outstanding performance award 2018)