【日本は崩壊するのか】吉田邦吉


とんでもないニュースだ。
金銭だけのことでは全くない。

国家が潰れるということなのかもしれない。私は素人だから違うと思うなら教えて頂きたい。毎日新聞によれば、東日本大震災の50倍か100倍の被害総額のある災害が、首都直下または南海トラフだそうだからだ(土木学会の試算)(土木学会 南海トラフ巨大地震は1410兆円 被害額推計 毎日新聞2018年6月7日)。

「地震とそれに伴う津波は発生から20年にわたる被害を累計し、南海トラフ巨大地震は1410兆円、首都直下地震は778兆円と見積もった。政府の想定を基に、長期にわたる国内総生産(GDP)の落ち込みを阪神大震災の経過を参考に推計」された。

「一方、公共インフラ整備を進めることで、これらの被害を最大6割軽減できると推計。政府・与党が推進する国土強靱(きょうじん)化計画をさらに強化するよう提言した。」とのことである。

これは、私の想像で言えば、この50倍や100倍というのは、東日本大震災が発生してすぐの金額から予想される話であり、その後の総額や原発事故の被害総額を入れたら倍数が違ってくるだろう(東日本大震災の被害総額は約16兆9000億円、内閣府が推計 ロイター 20110611)。

と言ってもそれは、1410兆円や778兆円という南海トラフや首都直下型地震の金額が変わることを意味しない。変わるのは、あくまで対策を非常にとれた場合には、半分ぐらいになるだろうという話である。半分だって存亡の危機だ。

公共事業したいから土木学会が言ったとも思えない。政府の地震調査委員会は30年以内に南海トラフ地震が80%の確立で発生するという試算もあるようだ。それも数年前から聞いているのであと25年ほど以内なのだろうか。

25年目に来るとか明日ということではない。とにかく、あと30年以内のどこなのかが、分からないから、そういう予想を立てているのだろう。災害は一つだけ起きるとは全く限らない。台風、地震、津波、竜巻、火災……。

本当は命のほうから考えるべきだが、そちらのほうを私はFacebookで何度も前に新聞記事を用いて周知してきた。今回は、金銭のほうが想像しやすいと思ってそちらで考えてみる。土木学会会長は最貧国に成りかねない、国難になると主張している。

現在日本は、年間の国家財政が大体55兆円(一般会計)収入しかなく、その1/3は既に将来の人達が税金などで負担する予定であり、なぜなら今は借金が1000兆円あってどうしようもない状態なのである。

そこから災害が来たら収入1/5とか1/2などになるだろう。そこから20年間は、さらに1000兆円もかかると言われてハイそうですかで出てこない。というよりも、ハイパーレスキューや自衛隊などの人数や機械がまったく不足するのだろう、さきに大問題だ。

が、生き残った先は、少なくとも従来の日本ではない可能性が高いようである。どういうことかと言えば、日本政府は確実に緊急事態条項またはそれに類似した超法規的な政令や法令により、国民の貯蓄1000兆円とも言われるそれを奪うだろう。

それができなければ、いや、出来たとしても人はパニックに陥っている可能性が高いので、しばらく放置される、または、金を工面できても他国から乗っ取られる可能性が、とても高い。国防を強化しても操作する人員は居ない可能性がある。

すなわち、首都直下や南海トラフは、
日本全体が有史以来のクライマックスを迎えるという現象なのであった。

…………しかし、この話はもう何度も書いてきた。この国は崩壊するまで分からないのだろう。30年以内に80%で起きるかもって言われても誰も騒がないに等しいのである。「だから売国政策が多いのか」なんて邪推してしまう。

どのみち存亡ならば紙幣を刷って福祉を増やしておいたほうが日本に住まう人々には良いと思われる、なぜなら今は日本の貨幣価値が高いからだ。しかし3・11の時も、起きてから蜘蛛の子を散らし、被災地や避難者についての差別発言が増え、政府東電が責任をとったとも思えない状況である。

本当にこのままで良いのだろうか。
本当に、無関心で良いのだろうか。

まともに全員に明確に語りすぎてしまうとパニックになって今の経済が混乱するからかもしれない。南海トラフ関係にある原発はどうなるのだろうか。フクイチはどうなる。パニックどころでない。未来の命と国家。

もし本当に起きてしまって、別の国になった後は、それもやむなしなのだろう。当面は納税先や言語や法体系が変わるだけだ。日本的な文化はそう簡単に変わらない。しかし、失われずに済むはずの命は助かってもらいたい。

それに、お金のことよりも、機械があってもガソリンが、人が居ても物資が、そして食料が、また非常事態になるだろう。田舎をバカにしている場合ではない。日本全体が自給自足するためにも一次産業を大事にせねばならない。

侵略されたら難民に等しい。しかし私は既に原発事故の国内難民なのであった。また難民になるのだろうか。3・11の時も、2011年1月に偶然のネット情報を見て私は「原発事故が起きる」ということを予測したものだった。

日本の最期か……、日本の最期を自分が生きている間に観てしまうことになるとは、想像したくないし考えたくもない。だが昨今の激動では、昨今のウソばかり政治では、一体本当にこの国は続くのかと思わざるを得ない。

日本の未来に、東北の再生エネルギーが役立つかもしれない。希望を託したい。いつも読んでくれる人達と、日本に居るみんなの幸せを祈ってせめてここに書き記す。

いやさか。

参考文献
かさぶた 福島 The Silent Views 2016/2/26 中筋純 東邦出版
首都直下地震 (岩波新書) 新書 – 2016/2/20 平田 直 岩波新書
南海トラフ地震 (岩波新書) 新書 – 2016/1/21 山岡 耕春 岩波新書
南海トラフ被害、20年間で最悪1410兆円 土木学会が推計 インフラ耐震化で3~4割減 日経新聞 20180607
南海トラフ地震の想定動画 ※非公式
南海トラフ地震 被害1,410兆円 国の予算の14倍 FNN PRIME 20180608
南海トラフ地震の被害想定 朝日新聞 20150908
南海トラフ地震「兆候」 対応の国指針まだ、広がる困惑 朝日新聞 20150528
南海トラフ地震に関連する情報 気象庁(情報が混乱しているが、次のリンクを読むに、どうやら気象庁を見ておくと良いようだ)⇒「南海トラフの地震にどう対応するか」(視点・論点)2017年11月02日 (木)静岡大学教授 岩田孝仁 NHK
中央防災会議 内閣府
「南海トラフ地震は、おおむね100~150年間隔で繰り返し発生しています」気象庁
南海トラフ巨大地震 毎日新聞
南海トラフ巨大地震 長期的な経済被害 推計で1410兆円 NHK 2018年6月7日【土木学会の委員会の委員を務めた、巨大地震の防災対策に詳しい関西大学の河田惠昭特別任命教授は「会社だと赤字で倒産するが、国の場合は滅亡する。南海トラフ巨大地震のような『国難災害』が起きると、国が成り立たなくなると考えるべきだ」と指摘】【「今は、南海トラフ巨大地震も首都直下地震も、30年以内の発生確率が70%から80%ほどになっていて、一刻の猶予も許されない時代に入っている。『想定外』という言葉は東日本大震災で最後にしなければならず、そのためには新たな対策を進めていかなければならない」と話し】た(引用)。
「ふだんと比べて巨大地震発生の可能性が高まっている」「新情報 知らない8割」 NHK 20180328

大阪府北部で震度6弱 毎日新聞 20180618 18日午前7時58分ごろ、大阪府北部で震度6弱の地震があった。気象庁によると、震源地は大阪府北部で、震源の深さは約10キロ。地震の規模を示すマグニチュードは5.9と推定される。京都府、奈良県、滋賀県、兵庫県でも震度5を観測した。この地震による津波の心配はない。(引用)

ざっと参考メモがてらに書いておく。地震対策につきNHKでは家具の転倒や落下への対策をと書いているのは、テレビが水平に枕元へ飛んできたりするからだ。そう考えると、地震で最初に重要なのはヘルメットや厚手の服や靴などなのかもしれない。次に水や食料。そしてトイレなど。私が地震の時に最も「失敗したと感じている」のは、「本がなだれ込んできてPHS充電器の場所がわからなくなってしまったこと」だった。

当時、貴重品だけ私は「なにか大地震あるかもしれない」と予測していたためだ(しかし当時の私に発信力はゼロだった)。とにかく充電器のせいで後々だれとも連絡がとれなくなる。ほかの人達は遠いコンビニや他のひとから借りて、大丈夫だったかと確認しあっていた。いっぽう、わたしは英和辞書や哲学そして聖書を読んでいたり、できた仲間たちと風呂を探したり店を探したり行政にお願いして対策を増やしたりした(そのため私の避難所では風呂が安定して大変早かった)。ネット回線がなくなると、いきなり家族以外で孤独になる。

その次に大変なのは集団行動である。これにはまいる。いろんな人がいる。長引く不安、寒い、腹減る、疲れて、多数が風邪をひいたり体調不良になる。そして最後に政治である。政治を改善せねばわれわれに未来はない。今やリッチたちは時々タックスヘイブンであり核兵器シェルターさえ購入しているのだから、億単位の家庭用の飛行機だって購入しているだろう。なんとも言えないこの露骨な差をわれわれは少しでも憲法25条にある通り、人としての最低限度を保たなければばならない。

大阪で最大震度6弱 地震発生時にやるべきこと・やってはいけないこと「東京防災」を使う 2018/06/18 籏智 広太 BuzzFeed

時系列でわかる 大阪で震度6弱 NHK 20180618 閲覧 激しい地震などは「想定内」になってきている昨今。身近なところではブロック塀の安全管理について要注意。ぜひとも深呼吸から準備を始めていきたい。

大阪地震で女児ら3人死亡「古いプールの壁やブロック塀は共振して危険なインフラ」地震学者 西岡千史 2018.6.18 Aera dot

すべての犠牲者にお悔やみ申し上げます。今回メディアは言うだろうか。いま稼働中の原発4基すべては西日本にあるということを。最終処分場や再エネも含め議論すると西日本や首都や日本全体にとって良い。こんな時に原発事故が来るわけで。だれか知らぬ無関心であった人々に届き、本格的な対策や準備への学びのきっかけになることを願って。


カテゴリー: メモ   タグ: , , , ,   作成者: 吉田 邦吉   この投稿のパーマリンク
吉田 邦吉

吉田 邦吉 について

CHIEF EDITOR ▼Yoshida Kuniyoshi / 1981年1月大熊町生まれの原発避難者。中大法卒、2000年より塾長。2013年4月、赤坂憲雄の活動のもと文の道へ、2014年9月22日に卒業同日、「WELTGEIST FUKUSHIMA」で独立し出版事業を開始。エッセイで致知出版大坪社長特別賞。会津民俗学研究会員、書籍編集長、雑誌共同執筆、福島県立博物館や横浜美術館トリエンナーレなどで講演やトーク等々、私設図書館「ふくしま本の森」にて活動等。新聞、ラジオ、テレビ、インターネット、多数のメディア出演を経験する。NHK BS1 スペシャルNHK world premium「福島タイムラプス」(出演)は全日本テレビ番組製作社連盟ATP賞テレビグランプリ優秀賞。facebook / website / Amazon▼ Essayist. Private school. Nuclear evacuee 2011-. Independent publisher. Majored in law, Chuo Uni. A special essay prize on a first-class magazine 2015. Lectures and Talks at Fukushima prefectural Museum, Yokohama Municipalcity Museum of Art as Yokohama Toriennale 2017 etc. Like learning languages, Folklore, etc. So many Appearances of Newspapers, Radio, TV, Internet, and NHK BS1 SPECIAL and NHK world premium (Fukushima TImelapse, ATP award TV grand prix, outstanding performance award 2018)